弁当立国ニッポン

以前に雑誌で懐石料理の特集をやった時、日本の弁当文化に興味を持った。
松花堂弁当というのが懐石料理のオールインワン、つまり懐石のコース料理が簡略化されたものが一箱に収まったものだという。なんとニッポンのお弁当文化というのは雅で美しいものかと思ったものだ。

で、日本の弁当について調べてみると、アマゾンで「弁当」とキーワードを入れると、ものすごい数の本が出てきてびっくりしたsign03

人気料理家ものから子ども向けのもの、スピーディーに作れるコツもの、女子弁、男子弁、キャラ弁など多種多彩。普段弁当を作ることもなく、当然作ってもらえることもない日常を送っている人間としては、世の中に大量に出回ってる弁当本の存在を知らなかったので、なんだか乗り遅れたような感さえある。改めてニッポンというのが弁当立国なのだと認識する。

といっても私と同世代の子育てママは、弁当というと食べる側ではなく作る側。もっぱら毎日のお弁当作りに頭を悩ます話ばかりが耳に入ってくるが・・・。中にはお弁当を作らなくてもいい、というのを第一条件にして子どもの幼稚園選びをしている友人もいた。

確かにスーパーへ行くと、冷凍食品コーナーの半分ぐらいはお弁当のための食品ではないだろうか・・・。レンジでチンするだけのハンバーグや春巻き、鶏のつくねなど、毎日の弁当づくりの手間を省くカンタン総菜があれこれと並んでいる。

私が中・高生の時代は、こんなに冷凍食品はなかった。せいぜい魚のフライやミックスベジタブルぐらいだったように思う。なのでカンタン・定番・人気・弁当メニューと言えば、ウインナーと卵焼きが二大勢力だった。私の大好きおかずは、ウインナーと茹でたうずらの卵を楊枝にで串刺しにしたもの。遠足や運動会となると、必ずリクエストしていた。そしたらこの間兄妹揃って好物おかずのベスト1だったことが判明し、子ども心をそそるおかずは、いい大人になってもしみじみ美味しいのである。

私など勤め人でもなく、会社や事務所などへ通ってるわけでもないので、時々お昼の手づくりお弁当というのがいいなって思う。特に可愛いお弁当箱などを見ると、時々作る側にも回ってみたくなる。ちょこちょこと彩りよくおかずを詰め合わせて、ごはんにおジャコを混ぜたりふりかけをかけたり・・・。日本のお弁当って、ホント繊細かつ食への慈しみに溢れていると思う。

アメリカにいた時、彼らの「お弁当」にはカルチャーショックを受けたものだ。食パンにバターやマスタードを塗ってハムをはさんで終わり。あとポテトチップなどを添えるぐらい。子ども達が当たり前のようにそれを毎日学校へ持って行くことにも驚いた。

やっぱりニッポン・キッズは小さい頃から手づくり弁当によって、繊細な食意識、美意識、ひいては感性を身につけているのではないだろうか・・・。

「弁当男子」なんて言葉も生まれたように、最近では独身男性も手作り弁当を持参してるらしいが(自営としてはこのあたりの実感も薄いが)、決してパンにハムを挟んで終わりってことはないと思う。冷凍食品でも何品かはおかずを詰め合わせ、白いごはんに胡麻などふりかける美意識を持っているはずだ。

そんなチマチマ弁当作ってるくらいなら、デカい仕事でも取って来い!

中年男性からはそんな檄が飛びそうだが、私は弁当男子大賛成だ。チマチマ弁当作ってるオトコが仕事ができないなんて幻想である。毎日の食生活の管理ができて、経済観念もあって、感性も育まれる。だいたいいつも男性が作ってもらえる側にまわることの方がおかしい。作る側にまわると見えてくることもいろいろとあるのだ・・・。

ちょっと話がそれそうなのでもとへ戻すと、世界に稀に見るほどの弁当文化を持つニッポン。松花堂、幕の内、各地の駅弁などなど。わっぱに、お重に、松花堂のような四つ切りの箱など、弁当箱のバリエーションの多さにも日本人がいかに弁当民族かがわかる。

いろいろ調べて、またネタに温めておきたいと思っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぐろと鴨の鍋

P1010014

年が明けてから毎週末のように新年会が続いている。

今回はカリフォルニア、ナパバレー帰りのAちゃんがワインをお土産に持ってきてくれたので、ちょっと珍しいまぐろと鴨の鍋をした。お出しにささっとくぐらせたまぐろにたっぷりの黒こしょうをかけ、こんがり焼いた白ネギと一緒にいただく。赤ワインでも白ワインでも合う。

白ネギはこの季節の名わき役だ。

関西生まれの私にとって白ネギはどうも大味な気がしてさほど関心のない野菜だったが、おいしさに目覚めたのは大人になってから。煮込んだり、焼いたりすると甘みが増して、俄然存在感を増す。玉ねぎより奥ゆかしく、青ネギより応用範囲が広い。チーズと相性がいいので、最近は洋風アレンジもお気に入り。

まぐろをひとしきり食べたら鴨と水菜を投入。あっさりとした東北産の鴨は噛むほどに滋味豊か。赤ワインが進む。締めはそばを入れて鴨なんばに・・・。締めの楽しみも鍋ならではである。

いろんな具材を入れ込む鍋もいいが、まぐろと白ネギ、鴨と水菜、という具合にミニマムな材料でやる鍋はちょっと大人な感じがする。味を高めあう選りすぐった食材と美味しいお酒・・・。やっぱり冬は鍋がいちばん!

来週の新年会は何の鍋にしようかな~  食いしん坊な脳の中で構想と食欲が渦巻き始める・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひとりブイヤベース

Photo

日本海側を中心に大雪の恐れ、平地でも積雪のところあり。

昨日からの天気予報でさんざん言われていた通り、お山の上は朝から雪が降り続き、夜になっていっそう冷え込んできた。今日はウチで新年会だったが、この雪では延期もやむを得ない。

ということで、メインに予定していたブイヤベースを1人でいただきました。
鱈、イカ、あさり、ほたての魚介がうまい!白ワインが進みすぎて・・・でも明日は月曜日。飲むのをちょっと控えた分、食べ過ぎてお腹いっぱいになってしまったhappy02

窓の外は、ここはどこ?っていうくらい北国と化している。
そういえば年末の京都はすごかったのだとか。
私は福岡にいたので豪雪京都体験はしなかったのだが、カメラマンのお友達が写メしてくれた。それがこの写真。今まさにお山の上がこんな感じ。

   ↓
   ↓

Photo_2


とりあえずFreezingsweat01
お腹いっぱいになってワインを飲んだらだいぶあったまったのだけれど、寝室の窓には霜が覆い、開けっぱなしになっていたお風呂の窓が凍り付いて閉まらなくなっていた。もう家ごとフリージング状態である。

それでもって新年会が延期になったり、明日バスがちゃんと動くだろうかと心配したり、朝起きて雪かきしなくちゃとかとか、いろいろと厄介なことも多いこの季節。


でも、だから春が待ち遠しい・・・heart04


四季のダイナミズムを味わうなら、やっぱりお山の上fuji
人間様の事情なんてお構いなし。
そういうところになんだか営みの実感が感じられるのですsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京のおすすめスポット

P1010026

上からは照りつける太陽、下からはアスファルトの熱気、砂漠のような古都京都を連日取材している。そんなひとときの楽しみと言えば、取材先でいただくこんなご褒美。

西陣にある築120年の町家にはなんとあられのカフェがある。京西陣茶房「宗禅」さん。おかきの領域もここまで来たかという驚きのメニューがいろいろある。写真は「焼きアイス」。どこがあられかというと、抹茶やきな粉のアイスをメレンゲで包んであって、その下に小さなあられを載せたクッキーが敷いてあるのだ。ほとんどスイーツ。でもあられ屋さんで開発されたスイーツで、ここでしかいただけない。運ばれてくると、お席でメレンゲをバナーで焼いて供されるというデモンストレーションまであり、お客様の心をガッチリ。

このクッキーあられは販売もされていて、結構新しい美味しさ!

なんと「あられ懐石」まであり、焼きたてのお煎餅(その場で焼いてくれる)から、昆布茶に浮かべるあられの碗物、ドーナツ型に揚げたあられにいろんな味をまぶした糸くりというメニューなど、初めて体験するあられ三昧が楽しめる。びっくりするほどのアイデアメニューがいろいろあって、ちょっとあられの概念が変わる。おそらくここでしか体験できない味わい。Out of 京都の方はぜひ一度訪れて、新あられ体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

他にも販売用のあられも多彩。和三盆や抹茶などをまぶした色とりどりの商品は、今風にパッケージされてディスプレイされてたりするのだが、まるでフォションの詰め合わせのようにおしゃれな出で立ち。

あられだけでなく、町家レストランも然り。着物の新しいおしゃれ提案や反物を使った洋服や小物、竹や和紙、手ぬぐいを使ったモダンな雑貨やインテリアなどなど、京都という町はとにかく昔からの素材をモダンにリデザインした商品が本当にたくさんある。またそういう商品は他ならぬ京都だからこそ商品映えする。クラシカル×モダンを発信していくことが上手で、それがまた似合う街である。それはやっぱり源流に揺るぎない伝統があるからなのだろう。実は京都の伝統というのはその時代、時代の「斬新」の繰り返し。本物だけが生き残っていく街なのである。

伝統と現代がおしゃれに融合する、
そんな京都の旅へ出掛けたいと思ったなら、
ぜひこんな本をご参考に!
さりげなく、あからさまに(笑)、宣伝しときま〜すbleah


12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河内ワイン初体験

Photo

近頃は、国産ワインが美味しいとよく耳にする。
ワインと言えば、フランスというのはもう昔のこと。輸入第一位はアメリカで、次いで二位がチリ。そしてなんと日本の消費ワインのうち輸入が6割、国産ワインが4割も占めているのだ。

赤玉ポートワイン(ふる〜sign01)、そんな子供だましのワインイメージをず〜っとひきずっているせいか、最初っから国産など眼中になかったのだが、国産ワインがヒジョーにレベルアップしているようで、一度飲んでみようと思っていた。

で、たまたま訪れた百貨店で目についたのがこれ。
「国産ワインなら、山梨や信州でしょう」という意表をついて購入してみたのが「河内ワイン」。だいたいワイン=西日本というイメージがなく、しかも大阪にワイナリーがあること自体驚きだった。「河内やで、わ〜れ〜」という声が聞こえたような聞こえなかったような、とにかく怖いもの見たさで買ってみた。

私がゲットしたのは「カタシモ河内ワイン」
西日本で最も古い老舗ワイナリーのものらしい。一口飲んでみると、これが意外な味わい。河内というワ〜レ〜なイメージからはほど遠く、アクがなくてとってもお品のいいお味なのだ。サイダーのような爽やかな軽い香りで、パンチはないけどサラリと飲めて後味もスッキリしてるので、和食と好相性だ。期せずしてその日のメニューは、めばるの煮付けと冷や奴を用意していて大正解!

いやいや、なかなか、国産ワインもがんばっとるな〜
内需拡大のためにも、今後私も国産ワインを飲む習慣を身につけてみようと思った。

これまた期せずして(笑)、スッチー仲間と恒例の夏の旅行は信州sign03
しかも私が幹事。旅のプランにはしっかりとワイナリー見学が組み込まれています・・・smile。温暖化のお陰で、近年は北のワイナリーがいい味を出しているらしく、最近では山梨より、標高が高く寒暖の差が大きい長野の方がワイン造りに適しているのだとか。

ますますイイ感じheart04
昼間はワイナリーでさんざん試飲をして、夜になればお宿でまたまた美味しい食事とワイン。
あぁ、夢のようなワインまみれの旅・・・wine

それまでは精進、精進・・・smile


| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活応援!サバ餃子

近頃スーパーなどで、「生活応援」という名目を目にする。
お安くなった商品が積み上げられたワゴンコーナーや、ズラリと並んだ日用品などで一際安くなった商品などにこの言葉が用いられていたりする。

「生活応援」には、「大特価」とか、「ディスカウントコーナー」なんていうワードでは感じられない、何やら切実なものを感じるのは私だけだろうか。その言葉の背景には・・・

長引く不況で厳しいご時世の中、皆様の苦しい台所事情をお察しし、多くのご家庭で必要とされるこんなもの、あんなものを厳選した上、常に皆様の味方でありたい私共量販店が自らの利益を犠牲にしてでもあえて値下げに踏みきり、ここに「生活応援」商品としてご奉仕させていただきます・・・

みたいな〜

なんだかそのワードの背後には、渾沌とする世の中の情勢と翻弄される庶民、そこに量販店の思惑が絡みつく、という一筋縄ではいかない相互関係を感じさせる・・・(笑)

きっと値下げといっても、ただ単に「お得」というニュアンスだけではもうダメなのだろう。最近では価格破壊も起こって、あちこちでお安い商品が手に入るし値下げ率では負けてしまう。といって安かろう悪かろうでは今や消費者からの支持は得られない。安くて、信頼があって、しかも私達は常にお客様の味方です!みたいな企業側の姿勢を表したのがこの「生活応援」なのではないだろうか。

そしてそんな言葉を銘打ってディスカウントされた商品を手にした私などは、ふと「生活応援」というワードに改めて不況の深刻さを思い知らされたりした・・・。もはや「値下げ」というより「支給」という感覚の方が近い。しかもそれがオール¥99の缶詰コーナーだったので、何かまさに差し迫ってるって感じで(笑)、私はスーパーの真ん中で、ちょっと心細い気持ちになったのでありました・・・・


その「生活応援」コーナーに山のように積み上げられた、やや差し迫った感のある鯖の水煮缶が(笑)
、こんな料理に変身することをお伝えしておこうと思う。大変前置きが長くなりましたが・・・。 え〜っ、そんな展開やった〜ん!?(笑)


fishfishfish


鯖餃子です。
すいません、食べてしまってから気づきました。写真撮ることを・・・。

とりあえず作り方をcoldsweats01
鯖の水煮をほぐして、梅干しとシソを刻んだものを合わせて、お醤油少々で味つけ。隠し味にお味噌とマヨネーズを加えて、白ごまも振り入れてさっくり混ぜる。このネタを餃子の皮に包んで焼く。

普通の餃子は水を入れて蒸し焼きするが、これは、たっぷりめの油で揚げ焼きっぽくする方がおいしい。さっぱりとしていて、健康にも良い!しかも99円の生活応援価格でできちゃう

こんなご時世だからこそ、アイデアとひと手間でおいしい一品を!
生活応援されてるんだから、がんばっちゃいましょう^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩ラーメンwith豆乳


P1010009_2

今日のランチはインスタントラーメン。
と〜きたま食べたくなるが、そのままというわけにはなかなかいかない。今日は塩ラーメンをお水の代わりに豆乳で煮て、玉葱、カリフラワー、ほうれん草などのお野菜もたっぷり投入。まろやかでとっても美味しくなる。ぱっとできるお昼にはもってこいだ。ただ今日はこのメニュー、ちょっと暑すぎた・・・sweat01

豆乳を使うというアイデアは、なかなかのものだと思う。何かで読んだか聞いたか、昔インスタントラーメンを使った料理コンテストで優勝したメニューが豆乳入りだったと思う。私の場合、おいしいアンテナはいつでもどこでもぴ〜んと張り巡らされているのである。

豆乳入りといい、野菜炒め入りといい、インスタントラーメンは塩ラーメンを選ぶと応用範囲が広い。

そういえば昔、中学の数学の先生がインスタントラーメンを食べるときは最初に茹でたお湯を捨てて、新たにお湯を加えてつくる方がいいのだと言っていた。油分や添加物などを落としてから食べた方がいい、という話を聞いて以来、必ず二度茹で。1分半ぐらい炊いてからお湯は捨てて入れ替えている。

その数学の先生に何を習ったかはま〜ったく覚えてないのに、こんなことだけは覚えている(笑)私にとって数学の授業なんてそんなものかもしれない・・・catface

というわけでインスタントラーメンのウラ技でした〜!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビーフシチューのジャガイモ

P1010052

オージービーフが安かったので、久々にビーフシチューをつくった。ストーブにかけておくだけでやわらかお肉のシチューができるので、これもひとつの冬の手抜き料理。

でも食いしん坊なので、これだけは!というこだわりのポイントは手抜きしない。

ビーフシチューの場合はジャガイモだ。
私はカレーの中にあるジャガイモも、ビーフシチューの中のジャガイモもあまり好きではない。いや、ジャガイモは大好きなんだけど、シチューやカレーに入れてしまうというのがどうも好きでないのだ。

カレーは大抵ジャガイモ抜きで作る。その方が翌日もどろどろにならずに美味しく食べられるし、カレーうどんやカレー丼にも応用できる。たぶんジャガイモをごはんと一緒にいただくことになんか違和感があるんだと思う。

で、ビーフシチューの場合はそれでもジャガイモは欲しい。なのでマッシュポテトを添えていただきます。
この方が絶対お肉もシチューもおいしくいただけると思う。インスタントのマッシュポテトの素なんていうのもあるけど、そういうものを常備してないので、ま、マッシュポテトを作るのがちょっと面倒なんだけど、手間より卑しさが勝ってしまうんですね〜私の場合・・・smile

牛乳と生クリーム、少しのコンソメスープを混ぜて作ったマッシュポテト。隠し味にココアパウダーを少々入れたコクうまのビーフシチューに添えて。シチューにまみれたゴロゴロとしたジャガイモよりも、こっちの方が主役と脇役がハッキリしてて食べやすい。ビーフシチューには、もちろん赤ワインも忘れずに!

なんか既に週末のキブン・・・bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪の日のどて焼き

「アレルギーもあるけど、これは風邪もひいてますね」

鼻の調子が悪くて久々に耳鼻科へ行ったら、先生にそう診断された。花粉も飛んでないのに、やたら鼻が出たり詰まったりしてたのはそういうことだったのか。

もしかして・・・って思うような瞬間はあったが、喉が痛くなったり熱がでたりするという自覚症状がなかったのでいたって健康だと思っていた。この冬こそは風邪なしで過ごせるかも・・・と密かに期待してたのでガックリgawk

風邪だと言われたとたん、急に咳き込んだりして。まったく「病は気から」である。

でもインフルエンザというわけではないので、とりあえず良かった。

あれほどいろんな人に予防接種にいけと言われていたのにいってないワタシは、インフルエンザに罹っても誰も助けてくれそうにない。1人暮らしで病気にかかることほど悲惨なものはない。山の上の1人暮らし。インフルエンザでうんうんうなっているなんて、想像するだけでも恐ろしいsweat01

ってことで週末だけど、早めの就寝confident

と、その前にちょっぴりあったまってからheart02
ストーブの上でコトコト煮込んだ「どて焼き」と焼酎のお湯割を少々。
牛すじを今日はこんにゃくと大根も一緒に、お酒、白味噌、醤油、みりんで味付けして煮込む。ボイルした牛すじなのでカンタンに調理できる。

たっぷりのネギと七味をかけていただきます。
う〜、焼酎がうまいhappy02 やはり少々というわけにはいかない。

やっぱり抗生物質より、風邪にはこっちの方が効く気がする・・・(笑)


P1010014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大根賛美

この季節、ヘビロテ野菜と言えば、大根である。
ただでさえも刺身のつまからたくあん、大根おろし、お味噌汁の具、おでんなどなど活躍の場が広い野菜。そんな風に一年中食卓に登場する野菜ではあるが、そりゃぁやっぱり寒くなって甘味を増したこれからの季節のものが一番だしょうsign01

ストーブを使う季節になると、大根と厚揚げ、ゆで卵、そして少々の鶏肉をお出汁で煮込む「偏りおでん」をよくする。ちゃんとしたおでんにしないのは、練り物があまり好きでないというのもあるが、私の場合、大根を食べるために厚揚げと卵を脇役として添えていると言った方がいいかもしれない。だから愛情を込めてちゃんと面取りもして、米のとぎ汁で下茹でしてから調味する。

しかも味付けは薄味、しかしお出汁は濃い目が基本のウチの場合、おつゆがしっかりしゅんだ、翌日のものが美味いsign01 さらにネギのみじん切りというトピングも重要で、ぱらぱらっとかけて、はふはふ言いながらいただくと、3つや4つはすぐに食べてしまう。やわらかな大根が口の中でとろけてしまうと、冷たい白ワインでクールダウン。焼酎のお湯割の場合は、食べるほどに、飲むほどに、ほかほかと温まってくる感じがたまらない。

そういえば居酒屋の聖地「赤垣屋」で出て来るおでんの大根は惜しみなく大きいサイズなのだが、ここは決して煮込まないのが特徴だ。表面は割と濃いめにお出汁が回っているが、お箸を入れると実はしっかりしていて中は白いまま。最初はなんだ、煮込みが足りなかったのかな?と思ったが、いつ行ってもそうなので、煮込んでしまうより、食感を活かしたがっつり大根というのを信条としているようだ。あれはあれでなかなか美味しい。

私だけでなく日本人は大根を煮込んで、ホクホクとした食感を楽しむのが大好きという気がする。あのホクホク感に私達は「和み」や「癒し」や「平和」を感じているのではないだろうか。

中華であまり大根が主役のメニューというのが思い浮かばないが、強いて言えば点心に登場する大根餅。あれは細切りにして餅のネタとして使うので、ホクホクという感じではない。欧米人が食べるのは大根ではなくラディッシュの方。ローストビーフに添える薬味として欠かせないが、大根のシチューとかグリルとかはあまり見たことがない。

あのホクホク感、愛して止まないのはやっぱり日本人だけという気がする。

自ら出汁を吸って白い肌を染め、しかし決して煮くずれることなく柔らかく煮上がっていく様には、気品すら感じられるshine クセがないのにクセになり、生でも火を入れても、主役としても脇役としても活躍できる奥深さがスゴい!

ぶりと大根、手羽先と大根、豚バラと大根という具合に、動物性脂肪ともよく合う。上手に動物性の旨味を吸って、しっかり自分の味にしちゃうところもサスガという感じなのだ。シンプルに大根だけを煮る場合も、よくオムライス用とかって売ってる細切れの鶏肉を少し入れる方が、お出しだけよりダンゼン美味しくなる。

で、私は大根の葉というのがまた大好物で、ごま油で豚バラ肉と鷹の爪と一緒に炒めておかずにする。ところがスーパーで売られている大根は葉が切り落とされていて、日頃はなかなか手に入らない。でもこの間大原の朝市に行った時、見事なほどの緑葉をつけた大きな大根を買って、丸ごと食べ尽くした。葉も実も、大根おろしにする時は皮まで使うし(ここに本当は栄養が詰まってる)、ホント捨てるとこのない野菜である。

大原の朝市に行ったらいつも見慣れない野菜が並んでいてとても楽しいのだが、この時も大根に3色あることを初めて知った。一般的な白大根、そして大きさは普通だがラディッシュのように赤い赤大根、そしてなんと黒大根というのまであったsign01 黒いのも赤いのも中は白く、表面だけに色がついてる。

黒大根は次回にして、とりあえず赤大根を買って帰った。

「カワはむかんと、生で食べて」

と生産者のおばちゃんが言ってたので、その通り、千切りにしてごま油のドレッシングとカリカリじゃこと一緒にサラダにしてみた。

甘味があってしっかりした歯ごたえはサラダにぴったり。どちらかというと蕪っぽいかな。
これはローストビーフにくるんで和風ソースで食べても美味そうsmile 

しかし白から赤から黒まで、大根にこんなに種類があるなんて、京野菜というのはやはり奥が深い。まだまだ知らない野菜があるので、朝市に通ってはさまざまな京野菜にチャレンジしなければならない。

次回はとりあえず黒大根でwink


P1010042_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)