« 2012年1月 | トップページ

ブームに乗って

私がそれに出会ったのは昨年の秋頃だった。

祇園にあるイタリアンレストランへ取材に行った時のこと。そのお店はいわゆるカノビアーノ系で、野菜をたっぷり使い、素材の味わいを活かすのがコンセプトで、やたらとニンニクやチーズなどを使ったりしない、ナチュラル志向な味付け。だからイタリアンなのに、むしろ日本料理のような錯覚さえ覚えるほど。

いくつかの料理を撮影した後、試食させていただいたのだが、確かスモークしたうずらの卵をうやうやしく、これにつけて食べた。香ばしく燻されたうずらの卵に絶妙にマッチしてた、まろやかな塩味。

それが塩糀(しおこうじ)との初めての出合い・・・。

P1010026

塩糀とは、いやその前に糀とは、米や麦などに糀菌を繁殖させたもの。米糀と塩を混ぜ合わせて1週間か10日ほど熟成させたものが塩糀で、調味料代わりにバンバン使える。お肉や魚はふっくら柔らかく、野菜は甘みが増して、卵焼きもふんわり仕上がる。おまけに健康や美容にもいいらしい。糀ブームの火付け役となった糀屋本店の浅利妙峰さんの糀レシピの本も購入し、すっかりハマってしまった。

今、世の中にも糀ブームの火がついているようだ。

今日たまたまランチに入ったお店では、自家製塩糀を使ってるらしく、鍋や雑炊、焼きそばなどいろいろと活用しているらしい(とてもおしゃべり好きなご主人だった)。

私は平安神宮近くの糀屋さんで出来上がった塩糀を買っていたのだが、「そんなん作った方が安いで〜」とご主人に言われたので、近所の味噌屋さんで糀を買って作ってみることにした。

そしたらお店の人が「塩糀作らはるんですか〜?もう私ら最近糀ばっかり売ってます」って笑っておられた。なんでもテレビで紹介されたらしく、美容やダイエット効果があると聞いて、連日お客さんが糀を求めてやってくるそうだ。

「家内に頼まれまして〜」
会社帰りのサラリーマンの男性もやってくるという。

今まで見向きもされなかった糀が一躍注目の的に・・・。恐るべしメディア効果。で、みんなものすごい早いよね、火つくのが。たちまちオンエア後はもう火花散ってるし。

糀屋本店の浅利妙峰さんは、なんとか昔から日本の食文化に根付いている糀の存在を知ってもらおうと塩糀や甘糀などを編み出したり、レシピを開発して苦心してこられたそうだから、その努力が実ってよかったと思う。大分にある糀屋本店の塩糀は何日も待たないと買えないらしい。恐ろしく忙しい毎日を送っておられることだろう・・・。

私も早速買ってきた糀と塩(ちょっと上等なものにした)を合わせて、塩糀を仕込んだ。来月の初めには自家製塩糀が出来上がっているはず。塩糀を使ったレシピ開発も楽しみだ。

毎度食いしん坊な話題で失礼しますsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電子レンジのある暮らし


Dcim0005_2

気まぐれで買ったこのシリコンスチーマー、大活躍しております。
特殊なシリコン樹脂でできたこのお鍋、熱がまんべんなく行き渡るようになっている。野菜や肉や魚をちょちょっと味付けしてこの中に入れ、電子レンジで加熱するだけであっという間に調理できてしまって、予想以上に便利・・・!

そもそも私の家には1,2年ほど前まで電子レンジというものがなかった。
人に言うとよく驚かれたものだが、電子で温める、調理するという発想自体がなんか"My感性"にそぐわず、場所も取るのでずっと置かなかったのだ(私らしい!?)。

野菜は茹で、冷ごはんは蒸し、レンジでチンするイマドキの冷凍食品もほとんどストックされていなかった。ストーブがついている季節はみんななんでもストーブの上に置いたら温かくなったので、特に必要性にせまられなかったのだ。

それが母に電子レンジも買えないほど困窮しているのかと思われるのもシャクで(笑)、購入しとたん、ヘビーユーザーになってしまった。今では冷蔵庫の冷凍コーナーがいろんな冷凍食品で埋まることがうれしく、なんでもさっと温めて食せるチンの恩恵を日々被っている。よくもまぁ電子レンジなしで生活していたものだ。以前の暮らしが原始時代のように思えてくる・・・・。

そしてこのシリコンスチーマーsign03

ついこの間衝動買いしたところ、ほぼ毎日活躍している。ゆで野菜に茶碗蒸し、ミートローフ、蕪蒸しまでカンタンにできた。1人分のご飯も炊けるし、だいたい素材の水分で蒸し上げるので野菜の栄養も逃げず、低カロリー&ヘルシーなのも気に入っている。

電子レンジ&シリコンスチーマー、ここ最近のMVPですwink


| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫好き

週末、編集プロダクション関係の女子会があった。

編集、ライター、デザイナー、カメラマンの女子ばかり6人。広告系の人との集まりというのはオヤジ率が高く、自ずと景気の話とか、健康問題とかが話題に上り、持っていきようのない閉塞感に包まれることがある(笑)。その点編集系の方々は女子率が高く、こぎれいな集まりで優雅にお酒と肴が楽しめそうだ。

案の定、鴨鍋のコースを食べながら珍しい日本酒をいろいろ飲み比べながら盛り上がった。誰々が前立腺がんの診断を受けたとか、どこそこの仕事が縮小になったとか、もちろんそういう話題に支配されることはなかったのだが、ただひとつ思いがけず孤立感を味わうことになった。

それは・・・
私以外は全員ネコ派だったこと。

そもそも編集プロダクション自体が事務所でネコを3,4匹飼っていて、社長(男)の猫への偏愛ぶりは私も身をもって体験していた。当然スタッフのみんなも猫派で、家でも飼ってる人が多く、日常=ネコなのである。だから話題がネコの話になると、生まれてこの方ネコを飼ったことがなく、身近にも猫好きがいない私はついていけない。

私以外全員猫好き、という酒の席。初めて経験したが、意外と疎外感があった。犬派か猫派は、案外おつきあいマトリックス上、重要な分類なのかもしれない。

といっても自分は犬派とか、猫派とか特に意識したことがなかったが、猫の話になると全然ついていけないし、普段友人・知人から猫の話自体を聞くことがないので、改めて自分は犬派なのだと実感したのだ。

「●●ちゃん(猫の名前)が膝の上で爪を立てて、痛いのなんの」
「なでるツボをはずすと怒るのよ~」

総じて猫好きというのは、耐え忍ぶことや翻弄されることが悦びのようだ。ってマゾ!?犬との関係にはない、わがままに振り回されるほどに募る愛情が伝わってきた。それぞれの猫の個性をとても尊重していて、自分がどのように関わるかをちゃんとわきまえる細やかな神経も必要なようだ。

「猫も可愛いよ~」と薦められたが、どちらかというと猫を飼いたいというより、私の場合、自分自身が猫になりたい(笑)

こんな猫の飼い主いないかな~bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りの入浴法

いや~、今日も凍えるような寒さです・・・
温もりがダダ漏れの我が家では、とにかくお風呂に入るかベッドに入るかが、一番温もる。

最近お気に入りの入浴法は、マイクロバブローズ&ネロリの香りの入浴剤を入れて半身浴。

そして・・・

ネットブックを持ち込んで、麻雀ゲームで半荘・・・sign01

いや~、おかげで身もココロもあったまります(笑)

お正月の家族麻雀でハマって以来、私以上にハマっていると推測される兄嫁に麻雀ゲームのサイトを教えてもらった。次の正月までに腕を上げるためには、やはり日々の努力が必要というので、こうしてアクセスしては勉強しているのである。

それくらい麻雀というのは奥が深い。

なかなか瞬時に判断できないし、役も覚えられないので、中断しては考え込んだり、役一覧を見たりしてまったくマイペースだが、PCでやるのはレッスンにはもってこいなのである。自分が上がる時のリーチも自動的に表示されるのだが、表示されてから考えている始末。フリテンでリーチ差し止めも度々である。

本当に覚えたてなのだが、こんなレベルでもやりだすと辞められない。

仕事の後で、徹マンとかって聞くと、よくもまあそんな体力があるものだと思ってたが、今なら理解できる。半荘なんてすぐなのだ。負けてればもう一回、もう一回となるし、勝っていれば勝っているで、もっと、という欲が出てくる。お風呂でやってると、毎回のぼせてしまってフラフラになっている。

ぐらい、夢中になってしまう

今、私同様、初心者で麻雀仲間に誰を引き込もうかと、思案している。
見周すと、ハマりそうな人だらけ・・・(笑)

雀友拡大!
さて来年の今頃は、誰と卓を囲んでいるのかな~??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ