« 恋する40代 | トップページ | 不思議な力 »

吉野入り

取材で奈良は吉野山へ行ってきました。

吉野といえば桜の名所。あの山伏の姿で知られる修験道の信仰の本拠地、ご神木とされる桜の木がこれまでの長い歴史の中でなんと3万本も植えられ、そんじょそこらの

「きゃ~、桜きれい~!」

っていうレベルではない。もうそれは桜の群落。山の下から順に下千本、中千本、上千本、奥千本と、山の尾根を埋め尽くすように桜が咲き乱れるのだ。ってアタシもまだこの目でみたわけではないのだが・・・。 んな桜の名所も今の季節はこんな具合。

104

かなりさびしい・・・。

桜で華やかに彩られるのは一年のうちのほんの一瞬なのである。人生の華もそんなもんであろう(笑)

そんな小さみしい(そんな言葉があるかどうか知らないが)、山をえっちらおっちら登って行ったわけですが、3月になったというのに寒の戻りでその日はひときわ寒く、朝方は雨までちらつく始末。そんな風だから下千本までは観光客がちらほらいたものの、もう中千本まで来ると、リュック背負ってハイクしているのは明らかにアタシだけ。たま~にそのあたりにポツリポツリとたたずむ家の人が軽トラに乗って通るぐらい。

奥千本にある(つまり一番奥)、金峯神社にある義経隠れ塔をどうしても撮影したかったので、中千本からさらにきつい坂を上ってゼーゼーいいながらたどり着いた。しかし奥千本手前にある吉野水分神社までは、かろうじて人の気配があったものの、目指す神社はさらにその奥。1.8キロ先という表示を見て再び目の前がクラクラしてきた。しかし仕事なのでなんとか後ろの足を前に、後ろの足を前にと進みつつ、きつい坂が続く杉林の奥深くへ入っていくと・・・

もうま~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ったく、人の気配なし。

地元の人すら姿を現さない。

ただただ深い杉林の奥へと道は続く。

杉林の中はまだ正午前だというのに薄暗く、

時折落ち武者か何かの石碑が不気味に佇み、

あたりはただたただ深閑として、

サワサワと時々杉が揺れるだけ。

大声を上げてみてもこの山は微動だにしない

ましてや誰かが駆けつけてくれるわけでもない。

だ~れも私がこんな所を歩いているなんて知るはずもなく

この世界にたった一人とり残されたような・・・

・・・・あ~~っ、もうダメsweat01

さらにその先の道がうっそうとしていくのを見て、私は自分の恐怖心にこれ以上抗うのは止すことにした。何が出てきても、こんな世界でたった一人の山奥では、みすみす生贄となるだけだ。仕事とはいえ、生贄になってもいいとは到底思えなかったので、迷わずUターン。小走りに今来た道を引き返していった。

とまあ、意外とさびしがり屋(笑)の私は、奥千本の中心までは踏み込むことはできなかったのだが、なんだか十分吉野山の懐奥まで堪能した気がした。

この季節、桜も咲いていない侘しい吉野山ではあったが、その分、人の温かさには触れあえた。とにかく吉野の人って

いい人heart04

駅員さんから、道端で立ち話する人まで、ベラボーに親切なのだ。

世界遺産、吉水神社の宮司の方も、え~、え~どうぞ、どうぞ、写真撮ってください、障子開けましょうか?いいの!?世界遺産って、こちらが戸惑うほど。後醍醐天皇が一時住まいとした歴史の一幕に登場するような神社なのに、驚くほどのウェルカムぶり。京都の重文の神社仏閣でもありえないこの態度。京都のそれらがいかにお高くとまっているかを改めて認識させられた出来事である。

上千本から降りてくる時も、人家が見えてきたところで、庭先で作業をしていたおじいちゃんが、わざわざウチの庭を通って下りなさいって声かけてくれて、近道を開放してくれるし(ホントに人んちの庭先を通って下りた)、金峯山寺(ここも世界遺産)のお防さんも、突然伺ったにも関わらず快く迎え入れてくれるし、駅員さんは次の電車まで30分もあることを気にかけてタクシーを案内してくれるし、会う人、しゃべる人、とにかくVery Nicesign01

117

行き道で道を尋ねると親切に教えてくれたお姉さんがお店番をやってる中千本のお店に立ち寄り、帰りに遅いお昼をとった。吉野葛を使ったおうどんの鴨なんば、柿の葉寿司付き。肉厚の鴨肉も、なめらかな葛うどんも美味しかった!わざわざ立ち寄ってくれたからと言って、葛餅のデザートまでつけてくれた。

カンゲキ~happy01

桜も何もない吉野山。肉体的にはハードで、思わぬ恐怖も味わった吉野取材であったが、温かな気持ちで帰路に就くことができた。

桜の時期には再び訪れようと思っている。

しあし足はパンパン。今度はバスを使ってもう少し優雅に花見見物しようと思う。

127

金峯山寺仁王門前にある「萬松堂」さんの草餅。全国からお取り寄せされるほどの看板商品は、ヨモギの香りが芳しい、昔ながらのお餅。またここの人がいい人なんです^^

|

« 恋する40代 | トップページ | 不思議な力 »

「おすすめプレイス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/39107540

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野入り:

« 恋する40代 | トップページ | 不思議な力 »