« 不思議な力 | トップページ | 春の和菓子 »

大震災から10日・・・

東北関東大震災から10日が経った。

戦後これまで経験したことのない大惨事に見舞われ、日本中が震撼した。突然の未曾有の大災害に私もあまりにショックで、ブログでいつもの私的なつまんないこと書く気にもなれず、今日に至りました。

地震はそれだけに留まらず、津波や原発の恐怖をももたらした。復興へ総力を挙げることだけに集中することはできず、今も緊張感が続いているという厳しい状況である。直接被害を被っていない関西に住む私達ではあるが、この状況を他人事として捉えている人はほとんどいないはずだ。

世界でも経験したことのような自然災害、そして原発との戦い。

今回の福島原発のことでめて思うのだけど、私達はあまりに原子力発電について無関心でいすぎた。普段私たちの大量に電気を消費する便利な生活というのは、原子力発電に依っているところが大きいのに、どんなしくみで電力が発電されるのか、どんな設備なのか、なぜこれほどまでに冷却が必要なのかも全く知らずにいたことに何か恥すら感じてしまう。

電気は降って湧いてくるわけではないのだ。

しかも福島にある原子力発電は東京の人達が使うための電力を供給しているわけなのだが、避難勧告が出され、放射能の危機にさらされているのは福島の人々なのである。便利な生活を当たり前と思うのではなく、どういう過程で電気が供給され、どういうリスクの下で原子力発電がworkしているのか、それらを使う側としてちゃんと知るべきなのだと思う。震災や津波の被害に加え、原発にも脅かされている福島の方々の恐怖や不自由を思うとさらに心が痛む。

現場の作業員の方々もまさに命がけで対処されている。ニュースを見守りながら、なんとか事態が好転することを祈るばかりである。

あまり震災のニュースばかりを見続けていると、見ている方がPTSDになるらしいので、気を付けた方がいいと忠告された。私もついつい気持ちが落ち込んでしまうが、時々映画や音楽などで気持ちを入れ替えながら、進捗を見守っている。

被災して家や家族を失った方や今も原発の恐怖に晒されている方々に、どんな励ましの言葉も通じないとは思うが、なんとか、命を明日へ明日へつないで欲しいと思う。同時に、速やかに被災者の方々を救う人や企業があったり、懸命に力を尽くそうとしている多くの人達が日本中、世界中にいることだけが、今この国を照らしている希望の灯だと思う。

|

« 不思議な力 | トップページ | 春の和菓子 »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/39299962

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災から10日・・・:

« 不思議な力 | トップページ | 春の和菓子 »