« イマドキの住まい | トップページ | 鼻より唇 »

春支度

2月もバタバタしているうちに、気が付くともう後半。

そういえばお山の空気も雪が降り出しそうなほどの冷たさはやわらいできた。

もう春は近い。

春の訪れを感じるのはお天気だけではない。そう、まぎれもなく鼻と目が既に季節が冬から春に移り変わっていることを知らせてくれている。

今年の関西地方の花粉は5倍とも、10倍とも言われているが、聞くだけで鼻がムズムズしてくるようだ。私はスギも、イネ科も、ブタクサも、ついでにハウスダストもダニも、アレルギー反応があるオールラウンダーなので、夏場のイネ科までは油断ならない。

そういうわけで万全の態勢で春を迎えたいわけだが、今年は医者も替えて、最近出たという新薬にも代えてもらい、1週間に1度はプラセンタ注射も打っている。このプラセンタ注射が一番効くんだけど、4日目には明らかに症状が出てくる。つまり注射1本で3日が限度。そんなにしょっちゅう打ちにも行けないので、4日目からはぶり返す症状と向き合っている。

イオンがいいと教えてくれたのは誰だったか・・・

なんでもマイナスイオンが、+の花粉成分を中和させ、吸着・ブロックしてしまうという・・・まことしやかな科学的根拠がいかにも効きそうである。早速それも購入しようとドラッグストアへ赴いたが、探していたイオンスプレーなるものが2軒とも売ってなかった。

仕方がないのでジェル状のものをゲット。鼻の周りに塗るタイプ。説明を読むと、鼻に塗ってイオンの膜をつくるようである。犬の鼻みたいにテカテカになるのは恥ずかしいなと思って、店員さんに聞くと、そんなことにはなりませんよ~(笑)、薄いジェルですから。化粧の上からも塗れます、と言っていたのでとりあえず買ってみた。

確かに。

うっす~いジェル状のものを塗ると、てかりも粘着性もなく、一瞬にして乾くとごく自然な鼻のままである。その名もクリスタルヴェール(エーザイ)。ネーミングはいまいち鼻炎で苦しむ人にとってはとんちんかんな響きという気がするが、なかなかいいようである。外へ出かける時は塗っているが、確かに症状がひどくなるわけでもなく、鼻がすーすー通るような気がする。しばらくは使ってみたいと思う。

私だけでなく、多くの人がこの季節アレルギー性鼻炎に悩まされているが、驚いたことに半分以上の人が(あるいはそれくらい)通院せずに市販の薬で凌いでるのだそうだ。

道理で・・・ドラッグストアは今どこでも入ってすぐのところに花粉症向けのさまざまな薬が山積みになっている。効きそうなものにはついつい飛びついてしまう。花粉症のこのシーズン、ちっともありがたくないが、製薬会社にとっては大切な稼ぎ時なのである。

花粉症は景気とは関係ないからね~

なんだか恨めしい気もするが、とにかくこの時期、医者だろうが、市販の薬だろうが、碾茶だろうが、すがりつくものにはすがりついている私である。

003

スーパーに行けば春野菜が並んでいる。

新じゃが、新玉ねぎを見ると必ず作りたくなるのが肉じゃが。

ひさしぶりにごはんらしいごはんをいただきました・・!

|

« イマドキの住まい | トップページ | 鼻より唇 »

「お気に入り、イチオシ商品」カテゴリの記事

コメント

お山のお母さん(笑、失礼。。)初めまして!いつも歯切れの良い文章に感心しながら拝読させて頂いています。

花粉症イヤですね。本当に今や国民病ですよね。海外に行ったことのない私には判らないのですが、外国でもやっぱりあるのでしょうか?私は目頭が痛痒くなって困っています。きのう辺りから目頭がしょぼしょぼして。。。対策にはゴーグルがいいのでしょうが、街中では何となく格好悪くて、花粉対策用の伊達メガネを掛けています。少しはましなような気が。。。これからつらい期間が続きますがお互い頑張りましょう!これからも歯に衣着せぬ文章、楽しみにしています。

あ、お母さん発言の灯油のお兄さんどうなりました?(笑)

投稿: 下村咲 | 2011年2月22日 (火) 08時22分

こんにちは!先日、ニュースの特集で、花粉症患者の低年齢化というのを見ましたよ。最近は、保育園などでも花粉症のこどもが結構いるんだそうです。どうなってるんでしょうね?ともかく、お大事にしてくださいね。

投稿: ももまる。 | 2011年2月22日 (火) 13時11分

「オヤジさん」こんにちは(笑)。

花粉症困りますねぇ。時々山の中を徘徊していますが、日本にはなんて杉の植林が多いのだろうとあきれています。でもね、そんなところでは全然目が痛痒くなったりくしゃみがでたり鼻がずるずる・・・なんて症状はないんですよ。たぶん、煤煙や排ガスなんかと混じり合わさって科学反応してしまうのでしょうね。「オヤジさん」の住まわれている山の中でも症状がでるんですね。不思議~。

下村咲さんが書かれているように、国民病みたいになっても特効薬ができないのって製薬会社とドラッグストアの陰謀ですかね?
男と違って逃げはしないでしょうから、せいぜいすがり付いてくださいね~!

投稿: きりん | 2011年2月23日 (水) 08時20分

咲さま

はじめまして、お山のお母さんにえらい食いついていただきまして・・・(笑)あれからもちろん、あの兄ちゃんから灯油は買っていません。

お仕置きよ!

ってゆう間に暖かくなってきて、寒さとの戦いから花粉との戦いに変わってきたわけですが、さすがに私もゴーグル型メガネはようかけません。マスクもいやな方なので

当分はイオン塗ってがんばってっみま~す!


また遊びにきてくださいね

お山のお母さん

ももまるさま

その後お元気ですか~?

私も花粉症の低年齢化聞いたことあります。小さなころから花粉症に煩わされるなんてホント可哀そう。今のお母さんは心配しないといけないこといっぱいありますね。

やっぱりお母さんになる人ってエライ!!

ねね

きりんさん

まいど!
私の友達で京都の下賀茂神社の緑豊かな環境のいいところから大阪市内のど真ん中に引っ越した人がいるけど、そのコ都会に引っ越したおかげで花粉症治ったって言ってたで~

それってどうなん?

花粉症を完治させる薬を出さないのは、私も製薬会社の陰謀のような気がしてならない。これっていう薬がないからあれこれと花粉グッズや薬が氾濫するわけやしね~

病気も今やビジネスですから・・・


オヤジなお姉さん

投稿: ねね | 2011年2月23日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/38946572

この記事へのトラックバック一覧です: 春支度:

« イマドキの住まい | トップページ | 鼻より唇 »