« 寝不足日本 | トップページ | 緑の三千院 »

お宿の選び方

毎年恒例、元スッチー仲間と行く夏の旅行。

今年は私が幹事で、日程の調整からプランニング、宿の予約、チケットの手配まで、何もかもやらなければならない。なのに仕事の忙しさにかまけて何の準備もできておらず、旅行の2ヶ月前頃になってようやくスパート!そしてようやく先週日程もプランニングも決定した。

ほ〜〜っ

今年の行く先は信州。ほとんど予備知識もないまま、どこへ、何をしに、どこへ泊まる?という1からのプランニング。幸いに(笑)、信州はワイナリーが有名で、同行者も皆ワイン好き。ワイナリー見学などを入れつつ、名所を巡るというテーマでいくつかの観光地を設定した。一番時間がかかり、神経を費やしたのは宿の予約である。

だってなんのかんの言っても、女子旅行って泊まるところが肝心。しかも旅慣れたメンバーは、目も舌も、感性も肥えている。雰囲気がよくて、美味しい食事があって、部屋が清潔で温泉が気持ちよくて・・・。しかもカレシやファミリーと行く場合とはポイントが異なる。なんといっても女子グループ旅行。そこそこにリーズナブルで居心地がよく、大人の女子的に「きゃ〜っ、ステキじゃん」と感じられるところでなくてはならない。

プレッシャ〜☆

長野県にはなんと200以上もの温泉地があり、どこを選んでいいのやら、まず途方に暮れるところからスタートした。200以上の温泉地があるということは、お宿はそれの何十倍とあるのである。そこからベストなお宿を選ぶには・・・。難題に果敢にチャレンジするにあたり、これまでの経験をふまえて次のような基準を導き出してみた。

女子的にステキというのは、まず清潔なところである。民宿っぽい小汚いところもいい宿はたくさんあるが、それはおいしいカニをを食べに行くとか、ビーチまですぐとか、そういう目的があっての場合はいい。しかし女同士が観光と癒し目的に行く場合は、ある程度の規模があって近代的な所の方が良い。

なぜなら朝食後にエステに行けるとか、寝る前にラウンジで飲むとか、屋上の露天風呂に入りにいくとか、ある程度の設備が整っている所の方が場持ちがする。だってゴハン食べて寝るだけではなく、宿で過ごす時間も貴重なリゾートなのである。

しかも雰囲気が良い宿、というのが難しい。夏休み期間中なので、まず子供がドヤドヤやってきそうな宿泊施設は除外。大人の女性にはこれが一番雰囲気コワされてしまう(既に経験済み)・・・。1日3組限定とかっていう鄙びた宿は、しっとりとした雰囲気を楽しめる2人ぐらいで行くのがベター。ワイワイ飲んだりしゃべったりかしましいグループ旅行向きではない。

旅の本とか見ると厳選された宿がいろいろ掲載されているがピンポイント情報が多く、予算や場所にもよる。多彩な宿をじっくり比較検討するにはやっぱりインターネットでの検索が一番だと思う。

で、私が今回基準のひとつにしたのが、サイトの精度。

チョー有名な旅館は別として、ホームページが温泉協会の協同サイトしかないとか、古い写真でお決まりの文句しかないサイトは却下した。だってどうしても魅力が伝わってこない。今ってみんながネットで検索して情報を得ている時代。サイト自体が店舗であり、自分ところのメッセージを発信する手段なのだ。だから自社サイトから良い印象が感じられる宿は、今の時流がわかった上で上手に魅力発信できているところだと思う。

やみくもに検索してもなかなかいい情報に行き当たらないので、サライのらくだ倶楽部とか、旅行評論家の人のサイトとか、ローカルの名宿サイトとか、ちょっと大人で通なお宿情報サイトから目的地に合った宿に辿り着くのが一番近道だった。

他にも部屋食か?お食事処があってもそれは個室か?お風呂は広くて室内外いろいろあるか?食事のチョイスはどんなものがあるか?クレジットカードは使えるか?などなど、ディテールも要チェック。信州はステキなペンションもたくさんあるのだが、ペンションとなると大抵はベッド。しかもこじんまりしたところが多いので2人ずつ分かれて泊まるというのがネック。久しぶりに会う仲間同士は話しも尽きない。個別に分かれてしまうとそんな四方山話が共有できなくなる。5,6人なら旅館の広めの部屋で布団を並べて、眠りにおちる寸前までワイワイやれる方が楽しくていい。

そんな調子で選んだお宿。
はてさてどんな旅の風情を味あわせてくれるのだろうか。その報告はまた来月、お楽しみに〜


2010070521200001


|

« 寝不足日本 | トップページ | 緑の三千院 »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

ねねちゃん、ゴクロウサマです。
膨大なるリサーチで決まったプラン、きっと素晴しいものだと思って
期待してます。基本的にみんなと会えるんだったらどこでもハッピーだけど、
やっぱり、「あの宿、よかったよね~、また行きたいね」と思えるところに当たればうれしいし、幹事さんもがんばったかいがあるというもの。。。
ほんと何から何までありがとう。
ワイナリーめぐり(と、勝手に複数行くつもりでいるんだけど)はイタリアでやるときの参考なるから、飲めないわたしだけど楽しみにしてるねん(笑)。
信州、どんなんやろな~。関西に比べると涼しいかしら?そしておいしい空気。海辺に住んでるから、ときどきヨードの少ない山の空気を吸うのは体にいい、と聞いたんだけど、ほんまかな。
それから今回の旅行ね、私とヨーコとねねちゃんでご飯食べて、この会のもとになったあのミーティングから数えて10回目、じゃないかと思うの。
だから、ってわけじゃないけど、アルバムを作ろうと思ってるので、過去の旅行の写真あったら送ってください。チャオ

投稿: いくこ | 2010年7月10日 (土) 21時27分

iki 〜ちゃお〜

いや、たいそうなこと書いてしまったけど、なんか期待はずれな宿やったらごめんね〜でもみんなで集まったら、それだけで楽しいもんね!

お酒も飲めないのにワイナリー巡りを組み込んでしまって申し訳ないなと思っててんけど、楽しみにしてくれてるんやったらよかった・・・。ワイナリーは飲むだけじゃないからね〜

今回は2日目の安曇野はスポーティーにレンタサイクルで回ることを計画しています。食べっぱなし、飲みっぱなしより、みんな結構エクソサイズしてるし、たくさん運動してたくさん食べる&飲むのもいいかな〜って(笑)今その暑さのことも、地元に住んでるTV局に務めている元同僚にも確認中・・・!

私とヨーコとイキが食事したんが発端やったっけ?もう10年になるの!?
写真のことも含めてあとでその歴史を整理してみたんやけど、私も記憶があやふやなところがあるわ〜写真も残ってるのと残ってないのがあるし・・・

毎回の旅が歴史になってるのね!

改めて幹事役がんばりま〜すwink

投稿: ねね | 2010年7月12日 (月) 22時48分

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 生命保険の選び方 | 2010年8月 5日 (木) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/35647403

この記事へのトラックバック一覧です: お宿の選び方:

« 寝不足日本 | トップページ | 緑の三千院 »