« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

お金の使い方

取材で訪れた京都の老舗料理旅館。
若い女性向けの媒体では適当にあしらわれるかと思ったが、意外にも女将さんはウェルカムな感じ。といっても食事は一番安いお弁当でも4,000円以上するし、泊まると1泊30,000万以上はする。若い女性達にとってはかなりの贅沢である。

「若い人にどんどん来ていただきたいんです。高いお金を払ってでも得難い付加価値が、こういう老舗と呼ばれる旅館にはあります」

料理ひとつ、サービスひとつ、日本家屋の空間ひとつとっても、他では得られない体験があるという。そういう本物、一流と言われるものに若いうちから触れ、感性を磨いて人間性を豊かにすると同時に、長い歴史の中で育まれてきた日本文化や伝統を次代へ伝え継いで欲しいという願いもあるようだ。

同じような意見を最近京都で急成長したある会社の社長さんからも聞いた。

その社長さんの場合、クリエイティブな関係のためか、若い者は安もんの車に乗らずに一流の車に乗れと語っておられた。世界クラスのいわゆるブランドの車というのは、デザインであれ走りであれ、乗るだけで付加価値がある。少々やせ我慢をしてでもそういう一流のものに触れることで感性が磨かれ、自分が刺激されるし、何百万もするだけに自らの野望をも奮起させるのだと。

わからんでもない。
私達は少しモノの見方を変える必要があるのかもしれない。

世の中不景気で、消費は相変わらず縮小傾向にある。若者は車に大枚をはたくことはせず、貯金に将来を託す。Maid in Chinaは私達のモノの価値を大きく変えた。衣類や日用品はプライスボーダーをどんどん打ち破っていき、大抵のモノが100円で購入できたりすると、ものづくりの尊さやその対価はどんどん薄れていく。

そんな中で女将さんや社長さんの言葉からは、お金を払って商品の価値を実感せよといってる気がする。100円のものにはモノの価値としての実感が得られない。でも車や空間など、その商品にしかない付加価値に対してはケチであってはいけない、どん欲であれということ。そういう経済観念というか、モノの見方を曇らせてはいけないということではないだろうか。

安いものばかり作って、安いものばかりを購入して、みみっちい暮らしをしていると、だんだん人間が小さくまとまってしまうような気がする。欲望を抑え、冒険もチャレンジもしない、守りばかりの人生なんてつまらない。

こんなものがこんな値段で購入できてうれしい!というささやかな喜びに甘んじているのではなく、いいモノに触れる長〜い喜びやときめき。その感触や実体験をどん欲に求める必要があるのかもしれない。

老舗旅館で過ごす優雅な休日。
今想像してちょっとニンマリしている・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京のおすすめスポット

P1010026

上からは照りつける太陽、下からはアスファルトの熱気、砂漠のような古都京都を連日取材している。そんなひとときの楽しみと言えば、取材先でいただくこんなご褒美。

西陣にある築120年の町家にはなんとあられのカフェがある。京西陣茶房「宗禅」さん。おかきの領域もここまで来たかという驚きのメニューがいろいろある。写真は「焼きアイス」。どこがあられかというと、抹茶やきな粉のアイスをメレンゲで包んであって、その下に小さなあられを載せたクッキーが敷いてあるのだ。ほとんどスイーツ。でもあられ屋さんで開発されたスイーツで、ここでしかいただけない。運ばれてくると、お席でメレンゲをバナーで焼いて供されるというデモンストレーションまであり、お客様の心をガッチリ。

このクッキーあられは販売もされていて、結構新しい美味しさ!

なんと「あられ懐石」まであり、焼きたてのお煎餅(その場で焼いてくれる)から、昆布茶に浮かべるあられの碗物、ドーナツ型に揚げたあられにいろんな味をまぶした糸くりというメニューなど、初めて体験するあられ三昧が楽しめる。びっくりするほどのアイデアメニューがいろいろあって、ちょっとあられの概念が変わる。おそらくここでしか体験できない味わい。Out of 京都の方はぜひ一度訪れて、新あられ体験を楽しんでみてはいかがでしょうか。

他にも販売用のあられも多彩。和三盆や抹茶などをまぶした色とりどりの商品は、今風にパッケージされてディスプレイされてたりするのだが、まるでフォションの詰め合わせのようにおしゃれな出で立ち。

あられだけでなく、町家レストランも然り。着物の新しいおしゃれ提案や反物を使った洋服や小物、竹や和紙、手ぬぐいを使ったモダンな雑貨やインテリアなどなど、京都という町はとにかく昔からの素材をモダンにリデザインした商品が本当にたくさんある。またそういう商品は他ならぬ京都だからこそ商品映えする。クラシカル×モダンを発信していくことが上手で、それがまた似合う街である。それはやっぱり源流に揺るぎない伝統があるからなのだろう。実は京都の伝統というのはその時代、時代の「斬新」の繰り返し。本物だけが生き残っていく街なのである。

伝統と現代がおしゃれに融合する、
そんな京都の旅へ出掛けたいと思ったなら、
ぜひこんな本をご参考に!
さりげなく、あからさまに(笑)、宣伝しときま〜すbleah


12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宵山の夜

鴨川がガンジス川のようになっていた先週。
いつもはカップルがそぞろ歩く、鴨川河畔まで一時水に覆われるし、金閣寺も水に浸かっていた。西日本を襲ったゲリラ豪雨は京都の街も水浸しにした。

かろうじて金曜日の朝は雨が上がり、予定されていたゴルフはセーフ。しかし午後からのハーフは天を裂くような雷とマシンガンのようなゲリラ豪雨で途中ゲームアウトを余儀なくされた。スコアもさんざんだったが、雷雨による途中棄権でなんだか相当後味が悪かった。

気分を変えて・・・

ということで、突如その後の食事は浴衣で繰り出した私達。
その日はちょうど祇園祭の宵山。

人でごった返す蒸し暑い街中へ出て行くことはさすがに躊躇われたので、北の方でただ食事にいくためだけに浴衣を着た。3ヶ月着付けを習っただけのレベルでは教本を見ながら着るのが精一杯。師範も持っているというMちゃんのママに着付けをお願いして着付けてもらった。

着物のようにたいそうでないのに、なんとも風情のある浴衣は大好き。何年も仕舞ったままで、突然タンスの奥から引っ張り出してきたので、少々黴くさかったが、着るだけでイイ女になったような錯覚になるのが浴衣マジックである(笑)。

Mちゃん絞りの浴衣は今は亡きおばあちゃんの形見だそう。ちょうど60年ほど前の宵山に、おじいちゃんに買ってもらったというおばあちゃん思い出の浴衣を身につけて、Mちゃんも感慨深げだった。

若い頃に粋な柄が気に入って買った私の紺の浴衣は、当時全然似合わなかったので、仕立ててもらったものの長らく仕舞われていた。40過ぎて今それに袖を通すと、十分しっくりしていることが私にとっては妙な感慨だった。

昼のゴルフで日焼けした肩の辺りが少々ヒリヒリしたが、いい気分で宵山の夜を楽しむことができた。

Yukata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腫れやすいオンナ

ことが起こるのは大抵土曜日の朝だった・・・。

風邪かな?と思うや否や扁桃腺がカンカンに腫れ上がった時も、
蚊のアレルギーショックで左足がパンパンに腫れた時も、
疲れのせいで歯茎が膿み、ほっぺたまで腫れ上がった時も、

それはいつも土曜の朝。

鏡を見るなり膨れ上がった恐怖と対面する。そう、私は何を隠そう“腫れやすいオンナ”・・・bomb 言い替えればそこらじゅうから襲ってくる「菌」に弱い体質なのである。

そしてまたもや土曜の朝、私のカラダは腫れ上がっていた。

ベッドのヨコに鏡があるので、朝起きると否応なしに寝起き姿が目に飛び込んでくる。その朝鏡に映った私は、左の瞼がお岩さんのように腫れ上がった、それはそれは恐ろしい顔をしていた。

ぎゃ〜〜〜〜っshock

それでなくともまぶたに脂肪を蓄えた蒙古系の目。それがさらに赤く腫れ上がり、その重みで瞳が半分以上隠れており、おまけに起きたてのスゴイ顔。こんな顔で近所の子供とばったり対面しようものなら、泣かれていたかもしれない(笑)

起き抜けは驚いたが、しばらくすると冷静になった。

なんだめいぼか。
大阪で言うめばちこ、東京で言うものもらい(なんかこういう言葉にもローカル色出てます、東京はいちばんキレイで上品だよね〜大阪の目ばちこって(笑)"ばちこ"とは一体何・・・!?。

異変が起こるのは決まって土曜の朝。となると様子をみるという余裕は与えられない。午前中しか病院は開いてないし、次の日は日曜だから、その場で即決せねばならない。

医者へ行こうと、顔を洗って、左のまぶた以外簡単にメイクしようと思って眉毛を描いたら、瞼が眉毛の目元からこんもり盛り上がっている分、左の眉毛の位置がぐいっと上がっている。自分でも吹き出しそうなほど、不均衡な眉を見て気持ちが変わった。こんな無様な顔を他人様にさらしたくなかったし、めいぼぐらいであわてて病院行くのはどうだろうかと思い始めたのだ。ウチには抗菌目薬を常備してあるので、それを注しとけばそのうち直るだろう。

ところがそれが甘かった・・・sweat01

一日4,5回抗菌目薬を注していたというのに、翌朝はもっと腫れ上がっていた・・・。なんだかいつものめいぼよりハードなようである。上瞼は全面ボリュームアップしており、おまけに下瞼まで腫れは広がっていて、ボクシングの試合を終えた選手のようである・・・。

腫れやすいオンナをナメたらあかんぜよ!

その腫れの勢いといったら、まるでそんな感じであった。月曜の朝にはついに顔の左半分まで腫れ上がってしまい、耳の下、リンパ腺あたりまでが痛い・・・。ネットで調べたら、めいぼ=麦粒腫といって、まぶたのニキビみたいなものって書いてあったから、何ら気に病むことなく通常通りの生活をしていた私。もちろんニキビぐらいでお酒は止めない。

しかし今顔面を腫らした自分を目の当たりにすると、どう考えてもニキビどころではないように思える。これってめいぼなんだろうか・・・・!?

今度はあわてて病院へ向かった。

「あ〜、リンパまできてますね〜」と、腫れ上がった顔を触診しながら先生は、めいぼ=麦粒腫特有の「ニキビの芯」のようなものがないのでこれはめいぼではないと診断。しかし結局何なのかはわからず、原因も定かではないが、どこかからばい菌が入って炎症を起こしているらしい。抗生剤と塗り薬、点眼薬を出すので、3日経っても腫れがひかないようならまた来て下さい、と。

じゃ、3日経っても腫れがひかないことがあるんだろうか・・・!?それくらい“我が腫れ姿”を見ると恐怖を感じさせる。ちなみにお薬を飲んだのに腫れはひいておらす、左目は腫れて潤んだままだ。実は今喉まで痛みが来ている。

今は抗生剤の威力に期待するだけである・・・

普段は至って健康で、シリアスな病気に罹ったりはしないのだが、命に別状はないものの、腫れやすいオンナというのはどうだろう・・・。何かあれば、どっか腫らしている(笑)、なんか同情するよか、つい笑いモノになりそうな、そんな無様な素性に生まれ持った自分を少し恨みたい気分である。

今度は一体どこを腫らしているやら・・・!?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

緑の三千院

1_3
3_3
4_4
7_2

京都〜♪、大原、三千院

もう10年以上ぐりぐらいに訪れた三千院は、梅雨のこの時期、殊の外艶っぽかった。大好きな紫陽花の花を撮りに行ったのだけど、レンズを通して目の前の風景を見ると、緑の美しさについ心変わりしてしまった。三千院は紫陽花の名所として知られているが、実は紫陽花は小ぶりでそう感銘を受けるほどではない。だけど緑の美しさは秀逸だった(jpgにおとすと、ちょっと美しさは半減してしまったが・・・)

三千院は苔の美しさで有名だけれど、この時期の緑は格別である。若葉が萌え始める爽やかな5月頃と違って、瑞々しく手足を広げた緑に、しっとりとビロードのように地面を覆う苔。梅雨ならではの湿り気と深遠さが加わり、緑の陰影が美しい。

どちらかというと、緑と言えば明るい日射しに輝く新緑が美しさの基準だった。ところが明るさや若さというだけでは本当の美しさは見えなかった。絵にするとすれば、一体どれほどの絵の具がいるのだろうかと思わせる、変な表現だが、5オクターブ以上もある緑、それほど多彩な緑の色に驚かされた。

三千院とか、清水寺とか、京都の観光名所とは昔訪れた記憶のまま、だいたいこんなもんだろうとハナから決めつけてしまうのは間違いだな〜と思った。

ふと思いつきで訪れた三千院に、目もカラダも、心も癒された気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お宿の選び方

毎年恒例、元スッチー仲間と行く夏の旅行。

今年は私が幹事で、日程の調整からプランニング、宿の予約、チケットの手配まで、何もかもやらなければならない。なのに仕事の忙しさにかまけて何の準備もできておらず、旅行の2ヶ月前頃になってようやくスパート!そしてようやく先週日程もプランニングも決定した。

ほ〜〜っ

今年の行く先は信州。ほとんど予備知識もないまま、どこへ、何をしに、どこへ泊まる?という1からのプランニング。幸いに(笑)、信州はワイナリーが有名で、同行者も皆ワイン好き。ワイナリー見学などを入れつつ、名所を巡るというテーマでいくつかの観光地を設定した。一番時間がかかり、神経を費やしたのは宿の予約である。

だってなんのかんの言っても、女子旅行って泊まるところが肝心。しかも旅慣れたメンバーは、目も舌も、感性も肥えている。雰囲気がよくて、美味しい食事があって、部屋が清潔で温泉が気持ちよくて・・・。しかもカレシやファミリーと行く場合とはポイントが異なる。なんといっても女子グループ旅行。そこそこにリーズナブルで居心地がよく、大人の女子的に「きゃ〜っ、ステキじゃん」と感じられるところでなくてはならない。

プレッシャ〜☆

長野県にはなんと200以上もの温泉地があり、どこを選んでいいのやら、まず途方に暮れるところからスタートした。200以上の温泉地があるということは、お宿はそれの何十倍とあるのである。そこからベストなお宿を選ぶには・・・。難題に果敢にチャレンジするにあたり、これまでの経験をふまえて次のような基準を導き出してみた。

女子的にステキというのは、まず清潔なところである。民宿っぽい小汚いところもいい宿はたくさんあるが、それはおいしいカニをを食べに行くとか、ビーチまですぐとか、そういう目的があっての場合はいい。しかし女同士が観光と癒し目的に行く場合は、ある程度の規模があって近代的な所の方が良い。

なぜなら朝食後にエステに行けるとか、寝る前にラウンジで飲むとか、屋上の露天風呂に入りにいくとか、ある程度の設備が整っている所の方が場持ちがする。だってゴハン食べて寝るだけではなく、宿で過ごす時間も貴重なリゾートなのである。

しかも雰囲気が良い宿、というのが難しい。夏休み期間中なので、まず子供がドヤドヤやってきそうな宿泊施設は除外。大人の女性にはこれが一番雰囲気コワされてしまう(既に経験済み)・・・。1日3組限定とかっていう鄙びた宿は、しっとりとした雰囲気を楽しめる2人ぐらいで行くのがベター。ワイワイ飲んだりしゃべったりかしましいグループ旅行向きではない。

旅の本とか見ると厳選された宿がいろいろ掲載されているがピンポイント情報が多く、予算や場所にもよる。多彩な宿をじっくり比較検討するにはやっぱりインターネットでの検索が一番だと思う。

で、私が今回基準のひとつにしたのが、サイトの精度。

チョー有名な旅館は別として、ホームページが温泉協会の協同サイトしかないとか、古い写真でお決まりの文句しかないサイトは却下した。だってどうしても魅力が伝わってこない。今ってみんながネットで検索して情報を得ている時代。サイト自体が店舗であり、自分ところのメッセージを発信する手段なのだ。だから自社サイトから良い印象が感じられる宿は、今の時流がわかった上で上手に魅力発信できているところだと思う。

やみくもに検索してもなかなかいい情報に行き当たらないので、サライのらくだ倶楽部とか、旅行評論家の人のサイトとか、ローカルの名宿サイトとか、ちょっと大人で通なお宿情報サイトから目的地に合った宿に辿り着くのが一番近道だった。

他にも部屋食か?お食事処があってもそれは個室か?お風呂は広くて室内外いろいろあるか?食事のチョイスはどんなものがあるか?クレジットカードは使えるか?などなど、ディテールも要チェック。信州はステキなペンションもたくさんあるのだが、ペンションとなると大抵はベッド。しかもこじんまりしたところが多いので2人ずつ分かれて泊まるというのがネック。久しぶりに会う仲間同士は話しも尽きない。個別に分かれてしまうとそんな四方山話が共有できなくなる。5,6人なら旅館の広めの部屋で布団を並べて、眠りにおちる寸前までワイワイやれる方が楽しくていい。

そんな調子で選んだお宿。
はてさてどんな旅の風情を味あわせてくれるのだろうか。その報告はまた来月、お楽しみに〜


2010070521200001


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »