« 京都の喫茶店 | トップページ | Over 40tyラジオ、出現! »

そうだ、京都行こう

P1010052P1010054

さっぶぅ〜〜〜いsnowここ数日の京都。
なのに桜はもうこんなに満開!今週も取材ウィークで、京都のいろんなお寺を巡っているのだが、とにかく寒いし雨が降るし、厳しい状況の中、とたんに心を華やかにしてくれるのが桜の花々。

左は山科にある小野小町ゆかりの随心院の桜。ここは小町が昔子供達と踊ったというはねず踊り(はねず=梅のうす紅色)で梅が有名だが、梅が散るとバトンタッチするように桜が咲く。右は大好きな北白川天神宮のしだれ桜。いよいよシーズン到来という感じである。

となると、ミヤコにわんさか人が押し寄せることになるのだが、中でも近頃では関東方面からやってくる人がやたら多くなっている気がする。メディアでいろいろ取り上げられ、京都ブームということもあるだろうが、私は今回の取材でその原因がひとつわかったことがある。それはJR東海の「そうだ、京都行こう」の広告効果だ。

この広告は誰でも一度は目にしたことがあるのではないだろうか。関西の人にはピンとこないかもしれないが、「そうだ、京都行こう」の広告は関東方面では未だに続行中で、毎年毎年駅貼りやら、CMやら雑誌やらで、人々の心へアプローチし続けているのだ。つまりあの、ザ・京都な美しい風景が、手を変え品を変え毎年刷新されては多くの人の目に晒されているということ。京都の名勝と言われる神社仏閣には大抵このポスターが貼ってあって、既に2枚あるところもある。

それくらいこの広告は長年続いており(1993〜)、広告で踊らされている人もめったにいないイマドキ、このCMやポスターだけはそこに表現された一風景が鋭く関東人の旅情を誘っているようだ。例えば泉涌寺の中秋の名月のポスター。月輪山の麓に建つ泉涌寺、仏殿の背景にはうす紫色に暮れなずむ空に浮かんだ満月。幻想的でありながら皇室の菩提寺らしい静謐な雰囲気が、見事に泉涌寺の魅力を象徴している。最新の仁和寺は、境内一帯を染め上げる満開の桜が、思わず「行かねば」という気にさせられる。

遅咲きのサクラです。
見なければ「春の義理」が果たせない、と
京都の人は言うのです。

なんていう、ちょっと意味深な、ひとひねりされたキャッチコピーが印象的だ。実際「春の義理」が果たせない、と言う人に私は出会ったことはないが、数々の桜の名勝が多い京都の中でも仁和寺の桜の存在感をキャッチで引き付け、リードコピーで上手に補足しれている。もはや通りいっぺんのことを言っても心に響かない。それくらい東京の人は地元の人より京都に詳しい。

でもこれこそ、ポスターやCMでしか表現できないものなのかもしれない。こんなポスターをふと家路へ向かう駅で目にしたら、「そうだ京都行こう!」って本当にその気にさせられるように思う。

そして今年もたくさんの「そうだ京都行こう!」って人が、まもなくミヤコ中を埋める時期がやってくる。

|

« 京都の喫茶店 | トップページ | Over 40tyラジオ、出現! »

「お気に入り、イチオシ商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/33946802

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、京都行こう:

« 京都の喫茶店 | トップページ | Over 40tyラジオ、出現! »