« 今日からぬくぬく | トップページ | 秋刀魚の香草焼き »

鰆の西京焼き

Dsc_0007

ついつい肉食に偏りがちな現代人。だからなるべく時間のあるお昼時はちゃんと和食を作って食べる。食生活と人間性は決して無縁ではないと思う。だって魚や野菜のおかず中心の和食をいただいているとすごく心が穏やかになるし、この地味さが心地よいというか、気持ちまで我先にとはいかなくなるような気がする。

・さわらの西京焼き
・シーチキンとネギの卵焼き
・ほうれん草のおひたし
・大根と油揚げのみそ汁(これは必ず煮干し出しがよい)

ある日のこんなメニュー。魚というのは鮮度が命。実家が魚にうるさくて、夕方お店に並んでいるような魚は買ってはいけないと言われていたせいか(実際は買ってます)、ふだんごはんのおかずに食べる魚というと干物が多い。秋刀魚の塩焼きや鯖のみそ煮なんてのも時々食べるが、なんといっても大好きなのがこの「さわらの西京焼き」なのだ。

しかも漬けておけばいつでも食べられるし、鮮度も関係ない。忙しいケの日の食卓にはピッタリである。作り方もいたってカンタン!さわらの切り身を買ってきて、塩をふってしばらくおいてからペーパータオルで表面を拭く。だし昆布を切り身に一枚ずつ沿わせて、西京味噌とお酒とみりんをペースト状にした床に漬けておくだけ。3日ではちょっと足らない。5日間ぐらいは冷蔵庫で寝かせて、しっかりと味を染みこませることがコツ。焼くときは表面の西京味噌ペーストを軽く落としてから焼きます。

西京味噌の甘味が、鰆の上品に脂ののった身に染みて美味しい!鱈の西京漬けもあるけどちょっと淡泊すぎるので、私は鰆ぐらいが好きだ。味噌床に漬けた切り身3つはきれいになくなってしまったので、また来週買ってこなくちゃ!wink

|

« 今日からぬくぬく | トップページ | 秋刀魚の香草焼き »

「ごきげんCookin'」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/33097637

この記事へのトラックバック一覧です: 鰆の西京焼き:

« 今日からぬくぬく | トップページ | 秋刀魚の香草焼き »