« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

時代の流れ

今日も打ち合わせの席で話題が出たのが、河原町四条の阪急百貨店の閉鎖。

昨日飛び込んできたこのニュース、地元の人間にとっては結構ショッキングだったと思う。河原町阪急と高島屋、四条大丸と言えば、賀茂川や御所のようにそこにあってあたりまえの京都のスポットであり日常だった。

そうはいっても、私だって最後に河原町阪急に行ったのはいつだったか。もう既に日常ではなくなって久しい。若い頃はショッピングの拠点であり、憧れの百貨店だったというのに、今買い物をしようというと河原町阪急はまず発想にない。だいたい河原町四条へお買い物へ行くということがなくなってきたし、京都駅に伊勢丹やビックカメラが出来て以降は繁華街も移り変わっているようだ。

売り上げはピーク時の1/3以下にまで落ち込んだと新聞に書いてあった。厳しい、厳しいと言われている百貨店業界だが、この数字を聞いて本当に厳しいんだなと実感した。お休みの日に家族で百貨店に出掛けたり、何かあれば百貨店で買い物をするという習慣はもう完全に過去のものになりつつある。そういう時代は終わったのである。

広告業界でも同じようなことが言える。

マスメディアの王様であったTVのCMがなかなか売れなくなり、以前ほどの影響力も与えなくなってきた(ま、TVだけじゃなくマス全体に言えるんですが)。かつて広告業界が華やかかりし頃は、CMがものすごい力を持っていて、何か新商品が出てスポットが打たれる度にそれはすぐ認知され、庶民の購買意欲を大きく動かしたものだ。シーズン毎の化粧品メーカーのCMなんて、商品からモデルから歌から、それはそれは話題になったものだ。TV-CMが確実に一時代の文化を担っていたのだが、そういう時代はもう過去の話なのである。

なぜか?

家族が揃ってお茶の間でTVを観ていた時代が終わったからである。娯楽はTVだけでなく、ネットもあるし、DVDもあるし、ケイタイやゲームもあるし・・・。みんなが一緒にお茶の間でTVを観ていた時間も、今は働いている人もいれば、塾に行ってる人もいる。だいたい家族が家に居ても、それぞれ自分の部屋で好きなことしていることもあるし。だから昔のようにメッセージが届かないのだ。

そしていくらTV-CMを打ったところで、みんなネットでその商品の評判なり、性能なりを確かめ、比較検討してから購入する。いいことしか言わないCMなんて、誰も信用していない。

買い物がもう百貨店だけではないように、広告もマスメディアだけではないのだ。どちらもなくなりはしないだろうが、どんどん存在感や影響力は小さくなっていくのだろう。なんだか心許ない気がするが、時代の流れというのはそういうものである。

そういえば、今一緒に仕事をしている人の家にはTVがないのだそう。

引っ越した時に思い切って処分したんだけど、今は本当によかったと思う。あれが諸悪の根源だったとその人は言っていた。何の諸悪の根源だったのかは聞かなかったが、なんとなくわかる気もする。こういう人もひょっとしてこれからはもっと増えるのかも知れない。ネットがあれば必要な情報は手に入るし、ある程度楽しめるし、TV-CMを語る以前にTV自体の存在感が問われているのかもしれない。

百貨店も、マスメディアも、なんとなく危うい存在になりつつあるが、何かが淘汰されれば何か新しいものもまた生まれてくる。大事なのは終わった時代にいつまでも執着するのではなく、現実をちゃんと見つめて切り替えることなのかもしれない。振り返っていては前には進めないのだ。

それにしても河原町阪急の跡地には、何ができるのかな〜??


| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビとアボカドの炒め物

P1010021

シーフード料理三連発。今日はエビとアボカドの炒め物。

アボカドって、まぐろとアボカドやサラダなど、大抵は「生」で使うことが多いと思うんだけど(やっぱ果実って思うからかな〜)、実は炒めても美味しい。あるカフェへ取材に行った時、今度ウチのおすすめメニューにするんだと言って、そこのご主人が食べさせてくれたのが炒め物でした。いえ、レシピは私のオリジナルだけど、炒めたアボカドも結構美味いと知ったのがその時でした。

アボカドは種を取って一口大に切っておき、レモンをふっておく。オリーブオイルでニンニクのみじん切りを炒めて香りを出したらエビを投入、白ワインをふりかけてアルコールを飛ばす。ワインに溶かしこむように、そこへすかさず少々の味噌&マヨネーズを隠し味に使うのがワタクシ流。火を止める前にアボカドを入れてサッと混ぜ合わせて、軽く塩胡椒したら出来上がり。とにかく手早く作るのがコツ!

あ〜、今日もカンタンに美味くてごめんなさいbleah

ちなみに今までアボガド、アボガドって言ってたけど、あれ?アボカドだっけ!?と思って調べたら、「アボカド」が正しいのだそうですよ。メキシコの方の果物。んな感じするよね。

エビとアボカドってとっても相性が良い。普通にマヨネーズ&粒マスタードで和えてサンドウィッチにするだけでも、これまたカフェで食べるような美味しいお昼になります。

アボカドは日を置くと柔らかくなって、カンタンにペースト状になるのでソースやディップにも持ってこい。本場メキシコでは、タマネギや香草を加えたワカモーレというディップが有名だけど、ここは日本。豆腐とアボカドをミキサーにかけて生クリーム少々加えてディップにしても美味いのだ。炒め物にも入れたように意外と味噌&マヨとも相性が良い。ツナやカニ缶とアボカド、味噌マヨのディップはワインのおつまみとして今や定番になっている。

いつまでもマグロとばかりペアってないで、ぜ〜ひアボカドとの美味しい体験を広げていただきたい!以上、勝手にアボカド推進委員長でした!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋刀魚の香草焼き

スーパーで目に留まった秋刀魚の刺身用を購入。
秋刀魚の身がペロッと4枚、きれいに下ろされてパックで売っていると、「ロース薄切り200g」って感じでなんだか買いやすい。刺身用に切ったものだと刺身がカルパッチョぐらいしかできないけど、こういう風にさばいた身がそのまま売られていると料理心をそそられる。

ワイン好きはやっぱりこれをお醤油とワサビで食べようとはならないのである。イタリアンっぽく香草焼きにした。ちょうど固くなったバケットがあるので、おろしてパン粉にし、ドライハーブを混ぜ込みます。ニンニクとタマネギのみじん切りを炒めて、みじん切り+オリーブオイル+パン粉に秋刀魚を重ね、オープンに入れて20分ほど。レモンをたっぷり搾っていただきます。

何がそそられるかって、この料理、オーブンに入れている間中すごくいい香りがする。バジルやオレガノの香りがいい具合に秋刀魚の焼ける臭いと相まって、パソコンの前に座っていてももう気持ちがそちらの方へ・・・。

年末から頭を悩ませていた仕事がやっとクリアになったということもあり、今夜は早めに(普通の人にはちっとも早くないが)仕事を終了し、プチお疲れ会。軽めのChiantiで、秋刀魚の香草焼きいただきま〜す!

ではsmile

P1010019


| | コメント (2) | トラックバック (0)

鰆の西京焼き

Dsc_0007

ついつい肉食に偏りがちな現代人。だからなるべく時間のあるお昼時はちゃんと和食を作って食べる。食生活と人間性は決して無縁ではないと思う。だって魚や野菜のおかず中心の和食をいただいているとすごく心が穏やかになるし、この地味さが心地よいというか、気持ちまで我先にとはいかなくなるような気がする。

・さわらの西京焼き
・シーチキンとネギの卵焼き
・ほうれん草のおひたし
・大根と油揚げのみそ汁(これは必ず煮干し出しがよい)

ある日のこんなメニュー。魚というのは鮮度が命。実家が魚にうるさくて、夕方お店に並んでいるような魚は買ってはいけないと言われていたせいか(実際は買ってます)、ふだんごはんのおかずに食べる魚というと干物が多い。秋刀魚の塩焼きや鯖のみそ煮なんてのも時々食べるが、なんといっても大好きなのがこの「さわらの西京焼き」なのだ。

しかも漬けておけばいつでも食べられるし、鮮度も関係ない。忙しいケの日の食卓にはピッタリである。作り方もいたってカンタン!さわらの切り身を買ってきて、塩をふってしばらくおいてからペーパータオルで表面を拭く。だし昆布を切り身に一枚ずつ沿わせて、西京味噌とお酒とみりんをペースト状にした床に漬けておくだけ。3日ではちょっと足らない。5日間ぐらいは冷蔵庫で寝かせて、しっかりと味を染みこませることがコツ。焼くときは表面の西京味噌ペーストを軽く落としてから焼きます。

西京味噌の甘味が、鰆の上品に脂ののった身に染みて美味しい!鱈の西京漬けもあるけどちょっと淡泊すぎるので、私は鰆ぐらいが好きだ。味噌床に漬けた切り身3つはきれいになくなってしまったので、また来週買ってこなくちゃ!wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日からぬくぬく

やってしまいました、衝動買いsign03

久々にウルトラ級の衝動買い、それは「脚浴ぽっか」。ノーテンキな名前だが、私の購買意欲は決してそんなノーテンキなものではない。簡単に言うと遠赤外線の電気シートなのだが、別に脚浴を愉しむために買ったのではなく、私にとってはまさに救世主という感じだったのだ。

この電気シート、50㎝幅ぐらいで長さは3mほどもある薄い布団のようになっていて、椅子に座った状態でお尻の下に敷いて、足先で折り返して太ももの上まですっぽり覆うことのできるもの。つまり遠赤外線による下半身温浴状態が実現する。

私の仕事は冷えとの闘いといってもいい。

別に寒風ふきすさぶ戸外で仕事しているわけではないが、地上よりずっと寒いお山の上で長時間椅子に座ってパソコンに向かっているというのは、下半身の冷えとの闘いでもあるのだ。大きなストーブで部屋を暖めていても、温かい熱気は上へ上へ行くので足下がどうしても寒い。電気毛布を下半身に撒いたりもしていたのだが、脚もとまですっぽりと覆うことはできなくて、どうしても隙間ができて足先まで暖かくすることはできない。

炬燵で仕事ができればいいのだろうが、ウチに炬燵はないし、だいたい炬燵にパソコン一式、周辺機器、デスク周りの資料を移動させることはとてもできない。それでも冬はストーブの前にあるダイニングテーブルにノートパソコンを持ってきて仕事をしているのだが、お天気がいいと日射しもたっぷりで上半身は暑いくらいなのにやっぱり足下だけは冷え冷え。年末からの冷え込みで、家にいながらにして脚の指先はすっかりしもやけだらけになっていたのでした・・・。

そこに出会った「脚浴ぽっか」。いつも行く岩盤浴&エステサロンでたまたま紹介してもらったものが、私にはドンピシャだった。もちろんここのオリジナル商品。女性の発想でわざわざ作らせたものだけあって、私のような下半身の冷えに悩む人の“欲しい”を実現してくれている。

なんと、お値段15万円sweat01

確かに高いが、でも迷うことなく即決してしまったのです。それくらい私には救世主だったのだ。ヴィトンのバッグ、エルメスの財布、そういうものになかなか15万払えるタイプではないが、しかしこれは少々高くとも手に入れたいと思った。それくらい今の私は冷えていて、岩盤浴に入っても顔だけ異常に真っ赤。これはカラダが冷えてる証で、このままほうっておくと自分でもカラダがゼッタイおかしくなると思った(既におかしいと思うけど)。

というわけで今はぬくぬくspa
寒さというのは心の拠り所をなくすというか、人を不安にさせる。でも温かいと、人はどこか安らぐ。これで仕事がはかどれば、一石二鳥。でもそればかりは?である・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

浮気な女

こう見えても私は浮気しません!

もともと浮気っぽいタチではないのです。いや少なくともここ10年以上はただその人だけ、一筋でした。浮気などという邪悪な発想など、私には決して思いもよらないことでした。

なのに、なのに・・・・

ほんのデキゴコロだったんです、
やっちゃいました、浮気・・・。


これを読んで「何、堂々と大ボラこいてんねん!」と腹立たしく思ったアナタ、勘違いしないでくださいね、美容院のハナシです・・・・ふふふ♪

そう、私はず〜っと(もういつからやってもらっているか思い出せないくらい)同じ人にカットやパーマをやってもらっていて、その人がお店を変わっても、新しい店でやってもらっていたのでした。

女というものは、夢中になるスターが替わろうと、つき合うオトコが替わろうと、そうそう美容院は替えるものではない。髪は女の命、なんてコトバもあるが、ヘアスタイリングを預けるということは、結構な信頼関係がなければできないものだ。

センスや技術もあるだろうが、相性というのも多分にあると思う。彼/彼女なら決して私を裏切らない(無様なスタイルにしない)、という信頼関係のもとに成り立っている。そして一度気に入ったお店or美容師さんに出会ったら、他へ浮気してみようなどとはなかなか思えない。美容師を替えることはとっても勇気がいることなのだ。

なのになぜ私が浮気したかというと、一番は衝動。二番目はマーケティング的に言うとニーズの変動というところだろうか。

簡単に言うと、もう半年以上もカットにいってなくて、髪の毛が伸びすぎてて、とにかく誰でもいいから切って欲しいという衝動的な気持ちだった。いつも行ってる美容院は1人でやっているお店なので、予約がすぐいっぱいになる。行こうと思った時にいけないと、またなんとなく伸び伸びになってしまう。

といって私は普段いつも髪の毛を後ろでくくっているので(東京の人は縛るという)、多少髪の毛が伸びたところで見た目にはなんら影響を及ぼさないのだ。で、忙しいとだんだん予約してカットするのが面倒になってくる。どうせくくってしまうんだから、細かな技術もスタイリングいらない私の場合、結局どこでやってもらってもいいのだ。空いた時間にさっとカットしてもらえればいい。もうオヤジの散髪の域である(笑)

そんな感じなので、買い物帰りに目の前にあった美容院に入ろうかと思ったこともあったが、なんだかその時は躊躇われた。浮気にもTPOがある。

じゃ、なぜ今回見知らぬ美容院へ入ったかというと、例えば始めて訪れる店でも、それなりの佇まいをしたレストランより、ファーストフードだったら入りやすいということはないだろうか。私がたまたま遭遇したお店も、中途半端な躊躇いを払拭するようなファストフードっぽいカットハウスだった。

出会いと衝動、シチュエーションが上手くハマった。

予約なしでもすぐできると言われたので、名前を書いて、コートなどをかけたら、すぐに席に案内された。「こんにちは」と後ろに立ったのは若い男の子だ。もちろん経験は少ないだろうが、この際美容師の資格を持ってるだけでも良しとしよう。やはりどこでもいいと思っていても、初めての美容院というのは疑心暗鬼でいっぱいになる。

どんな感じにするかを話した後、なんといきなり切り始めるではないか。
「シャ、シャンプーもしないの!?」
そのお店はカットといえば、カットのみ。シャンプーは別途料金で、希望すれば525円で機械式のシャンプーが受けられるそうだ。合理的である。

シューッ、シューッと霧吹きをかけながら、カットしてくれる。思えば昔はこんな風にみんな霧吹きをかけながらカットしてもらってたではないか。いつからかカット+シャンプーがセットになったのも、料金を上げるためのひとつの策なのだろう。

霧吹きかけながらといったって、技術が劣るわけではないだろう。ハサミを変えながら手際よくカットしてくれるし、ブローした後で最後に毛先を整えてくれたり、結構いつも行くお店と変わらぬくらいプロらしくやってくれる。もちろん仕上げ剤などもなし。髪にいろいろつけられて、スタイリングされるのもあまり好きではないので私には好ましい。

さっぱりと満足いくスタイルに仕上げてもらったところで最後に鏡で後ろの感じもチェック!「若いけど、なかなかいいじゃないの」なんて心の中で思いながら席を立つ。店に入ってわずか30分足らずの出来事だった。

料金はなんと、1575円!!

いつも行ってるところはカットだけで7500円ぐらいするので、この価格破壊にはビックリ仰天した。周りを見ると隣の席では小学生低学年ぐらいの子供がカットしてもらっていて、後ろの席にも中学生ぐらいの女の子がいた。

ま、いっか(笑)
でも私は結構満足していた。その日の帰り、ねねさんは浮いたお金でちょっと上等なお肉を買って帰りましたとさ。めでたし、めでたし。^^

早い、安い、上手いの三拍子!これもデフレスパイラルの影響なのでしょうか!?それにしても、食べ物、服ばかりでなく、美容院も今やファストフード化しているんですね。たまには浮気してみると、いろいろと勉強になることもあるもんです・・・ふふふ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かしこい壁

新年早々、大量の資料と格闘している。

しかも苦手なIT分野である。けれど苦手だから勘弁してもらえないので、一生懸命読んで理解しようとしている。噛んで、含めて、ワードの意味を調べて、また元の文章を辿って・・・なんてしながら読むので、1頁読み進むのにもえらい時間がかかってしまう(笑)。

だけど、読んでみれば、時間はかかるものの理解はできるものなのだと改めて思う。普段は難しいITのしくみなどは頭から毛嫌いして、どうせ私には理解できないからと言って受け付ける耳も目も持たない。自分が知りたくもない情報に対して自ら遮断してしまっている、まさに「バカの壁」を実感した。

そんな風に、苦手な分野に壁を作るだけでなく、苦手な人にも知らず知らず壁を作っているのかもしれない。人間にはいろいろと壁が存在するものだ。「壁」で思い出したが、友人のAちゃんは「壁」を臨機応変に開け閉めしている人である。

壁というよりシャッターというほうが正しい。

人間はいろんな情報やモノ、人などと日々接し、そこから必要なもの、ま〜ま〜必要なもの、不必要だろうもの、という具合に取捨選択しながら生きているのだと思う。取捨選択というのは通常そんな風になかなかすっぱりとは切り上げ、切り捨てとはいかないことも多い。しかしAちゃんの場合、要・不要の二つしかない。毎日いろんな情報、モノ、人に遭遇する中、恐ろしい早業で「要・不要」に仕分けてシャッターが下ろされる。

興味のない人には、シャーッ!!
興味のないモノには、シャーッ!!
興味のない話には、シャーッ!!

まるで音が聞こえそうな勢いである。なので、一緒に買い物などはできない。私がこれにしようかあれにしようか迷ったり、いろいろ見て回ったりしてると「アタシは先行ってるから」と、とっととその場から去られることになる。

といってシャッターを下ろして孤立しているわけではない。要・不要の「要」であれば、どんどん興味を開いていき、Aちゃん本来のキャラが炸裂するのだ。こうして瞬時に要・不要を選別していると、いつのまにか自分の周りは「要」で占められているので、常にキブンがいいということである。

だからぐじぐじ悩む湿り気などなく、彼女の周りはカラッとしている。

バカの壁で知らず知らずに可能性をつぶしているとは言われるが、Aちゃんに関してはそんな理論も通用しない。これほど迷いなくシャッターを下ろせる人は、むしろ合理的でムダがなく、人生の明るさに通じている。ある意味賢明な生き方であり、羨ましくも思う。

Aちゃんには将来ぜひ「かしこい壁」という本を書いてもらいたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »