« 生き続ける仮説 | トップページ | かしこい壁 »

わかり合えることの難しさ

もう紅白歌合戦も始まろうかとういう大晦日。今の今まで仕事をしている私は、ハッキリ言ってお正月という気分ではさらさらない。大掃除もせず、年越しそばも食べず、今年はフツーに日付が変わる新年である。

最近新しいクライアントからの仕事に取り組んでいて、これが難航を極めているのだ。もう5回もコンセプト&コピーを出し直しているというのにOKがもらえない。

打ち合わせしている時は、ふんふんとお互い理解をしているつもりなのに、出来上がったらNOと言われる。こうなると迷走のスパイラルにハマりこみ、夢にまでうなされながら、悶々として6回目の書き直しに取り組んでいるわけである。

たはは・・・

私はコピーライティングという、コトバによってコミュニケーション・メイクする仕事をしているわけだが、長年この仕事をやっていてもつくづく「コミュニケーションすること」や「伝える」ことの難しさを痛感させられる。本当に言いたいことは何なのか、そこに辿り着くのだけでも一苦労。それから言いたいことを伝えたい人の目線に下し、的確にコミュニケーションしていくのにも技術や感性が要る。

ま、だからこそ面白いんだけど。

なので人と人とがそう簡単にわかり合えたりはしないことも、この仕事をやっていると理解できる。人それぞれ本当に違う考え方や価値観があり、感じ方も捉え方も皆違う。だから家族でもどんなに親しい人でも、そう簡単にわかり合ったりはしないのだ。

だからわかった気になどならず、いつも腹六分目ぐらいで接するのがいいのかもしれない。あとはその時、その時で違いを受け入れる風通しの良さというか、柔軟性を身につけておくことが賢明なのかも。

な〜んてことは今の私にはどうでもいいのである。2009年も押し迫り、6回目の書き直しがOKかどうか、それが私にとっても目下の問題である。腹六分目というわけにはいかない。

が・・・とりあえず、腹が減ってはなんとかというので、ここでとりあえずアルコールとフードを注入しておこうwink。まだあと3日はある(このお尻に火がついてない感がイケナイのだが)。

やっぱり私にとってパワーの源、心のよりどころは、こういうことらしい。

んなわけで、2010年も、相変わらずのアタクシをよろしくお願いいたしますbleah

|

« 生き続ける仮説 | トップページ | かしこい壁 »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/32808480

この記事へのトラックバック一覧です: わかり合えることの難しさ:

« 生き続ける仮説 | トップページ | かしこい壁 »