« カワイイ人 | トップページ | 秋の清澄の里へ »

近頃の料理本

 近頃通販で本を買うことが多いので、この間ふらりと書店に寄ってみて驚いた。何に驚いたかというと、そこだけもうはみ出さんばかりにすんげ〜数になっていたからだ。それは

料理本

その一角、というかそのエリア一帯は端から端までびっしりと料理の本で埋められている。ま〜、ようこんだけ料理の数があるもんだと驚いてしまうが、なんか一種不気味な気さえした。日本人はこれほどまでに食に執着している民族なのだろうか。といって周りに料理好きが増えたとも思えないのだが・・・(笑)

人気の料理家の本から、基本ものの教本やテーマ性のあるもの、雑誌の別冊などなど、あるわあるわ、時の人である鳩山夫人のお料理本まである。ひと昔前までお料理本というと、土井勝とか料理の王道を行く先生が出すいわゆる教本系と、おかずカレンダー的な日常使いのもの、あとはカレーとかお菓子とかの専門性に特化したものなんかが基本だったような気がする。

しかし今はこれだけでは済まない。やたらターゲット層のニーズが細分化されて出版されている。簡単レシピや保存食、お弁当レシピなどの日常的なものから、精進料理やペルシャ料理などのかなりニッチな層を狙った本まである。さまざまな人気料理家の本以外にも、鳩山夫人のように、タレントやちょっと憧れのライフスタイルを送ってる人などがイマドキは料理本を出すようだ。

中でも目立つのは菜食系。

お店の取材をしていても思うのだが、今って和食でも中華でも洋食でも、とにかく野菜を売りにするお店がやたら増えている。いかに野菜をたくさん使い、美味しく食べさせるかが、どのお店でもテーマになっているようだ。客の方も、京野菜を使ったイタリアンとか、有機野菜使用とか、そういう言葉に惹かれて選んでいるようなところもあると思う。どっか〜んと肉料理とかこってりフレンチなんていう、いかにも血管が詰まりそうな料理はもはやタブーなのである。店側も客側も、口にいれるならヘルシー&ピュアなものを、ということでややベジタブル強迫観念に取り付かれている傾向はある。

というわけでわざわざ料理のレパートリーを増やすなら、やっぱり野菜が食べられるメニューじゃなくちゃならないのである。旬野菜のレシピとか、野菜がたくさん食べられる料理とか、菜食ごはんとか、野菜のレシピはもちろん、表紙にも美味しそうな野菜を写真に使っているものも多い。

とにかくいろいろな料理本があって、これだけ並んでると一冊選ぶのも至難の業だと思う。こういう状況だと、タイトルや写真のインパクトがものを言う。実は意外とこれが売れるポイントになっているのではないかと思う。例えば「つくってあげたい彼ごはん」という本は大成功した例だが、これに習ってか最近は「杉本彩の男を虜にする料理」というのも登場していた(笑)

「天使のごはん」というのは一体どんなレシピが載っているのだろう。思わず開けてみたくなるタイトルである。「フライパン1つですぐできごはん」なんていうのも、いかにも簡単そうで忙しい人にはそそられるタイトルではないだろうか。最近はお弁当を作ったりする男性に向けて、「男子ごはん」はドンズバである。

私も過去にタイトルに惹かれていくつか料理本を購入した。
「まかないごはん」
「ワイン好きの食卓」
「和食でおもてなし」

なんか普段の暮らしぶりや嗜好が如実に現れているような気もする(笑)。
そして最近またタイトルに惹かれて1冊購入してしまった。

P1010177

「かもめ食堂」や「東京タワー」などのフードスタイリストさんの本。映画が好きだし、映画に登場するメニューを作るのも楽しそうだしって想像して購入。なんかもっと映画色を期待していたのだが、中身は案外普通なレシピ。その代りジャンル、フィールドを問わずさまざまなレシピが紹介されている。あまり映画との関係性を問わず、お楽しみ料理本として活用してみたい。

|

« カワイイ人 | トップページ | 秋の清澄の里へ »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/32299802

この記事へのトラックバック一覧です: 近頃の料理本:

» 強迫性障害にならないために [強迫性障害にならないために]
強迫性障害にならないための情報が載っています! [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 21時10分

» Wii 匠レストランは大繁盛! [ゲーム 攻略 サイト]
念願の料理店を手に入れた主人公がおいしい料理と、最高のサービスでお店を大きくしていくゲームです [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 13時36分

« カワイイ人 | トップページ | 秋の清澄の里へ »