« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

懐かしい人

ある日花屋のYちゃんからメールが来た。

今、Aクンがお店に来てくれてたんで、写メール送るわ〜♪

というメッセージと共に来た写メを見ると、店の屋外らしきところに佇む1人のオトコ。若いのか若くないのか、少し照れくさそうに映っているいかにも草食系というその姿に、私は全く見覚えがない。

だ、誰・・・!?

1分ほど眺めてみたが、思い当たる節はない。Aクンというごく平凡な名字にももちろんピンとこなかった。これは、Yちゃんがてっきり誰か他の友達と勘違いしているんだと思った。

だれ〜?Aクンって。私は知らんで〜

と返信すると、5分もたたないうちにすぐまたメールが返ってきた。

大学時代のAクンや〜ん!

へ!?

それでも思い出すまでには少しの間があった。

え〜!?あのAクン??知ってる、知ってる!
ってゆーか、チラリとつき合ったこともある人である。まがりなりにもそんな人を「知らん」の一言で切り捨ててしまった自分を後悔した・・・。しかしそれも後の祭り。あわててメールをしたものの、Yちゃんからはこんなメールが帰ってきた。

自信満々やったのに、ねねのアホ!ゆーて帰っていかはったで〜

アタシってひど〜〜〜〜いshock

わ〜、懐かしい!なんて話も盛り上がるかもしれないと思ってわざわざ写メ撮って送ってくれたのに、「知らん」と一蹴したメールが返って来た時のその場の空気・・・。想像するだけで恐ろしいshock割と繊細な人だったので、きっと傷ついて帰ったに違いない・・・。

しかし言い訳がましいようだが、その写メ、ゼンゼン当時のイメージとは違っていたのだ。背の高い人なのに、わずかマッチ箱ほどのケータイの画面に映っているAクンの姿は、失礼だがミョーに小柄で貧弱で、華やかだった印象もまるでない地味ぃ〜な雰囲気だったのだ。

聞くところによると現在は教師をしているらしく、それでマジメ〜な感じが身に付いていて雰囲気が変わってしまっていたのかもしれない(またまた言い訳がましいようだが)。歳月というのは単に年月が積み重なるだけでなく、環境や職業などですっかりその人のイメージまでを変えてしまうようだ。

ずっとご無沙汰している昔の友人知人に、そう簡単に写メなど送るものではない。と、この時私は深く心に留めた(笑)。

ずっとご無沙汰しているといえば、先日10数年ぶりに元同僚に会った。代理店から地方の放送局へ転職した男子Tクン。仕事で大阪へ出てきたとのことで、突然連絡があって当時の上司も誘って半日を過ごした。

多少後頭部が薄くなっていたが(笑)、こちらは久しぶりだったがそうイメチェンしたようには思わなかった。しゃべるともっと変わっていなくて、強いて言えばすっかり落ち着いた感が漂っていたことぐらいだろうか。

当時のTクンは反体制的というか、学生時代からかなり思想的にこだわりをお持ちだった(笑)。なので会社のみんなでバーベキューやらお花見やらに行くと、ふざけて火炎瓶を作ったり、酔っぱらって学生運動家のような演説をしたり、穏やかな反面、かなり危険な香りも持ち合わせている人だった。とにかく私の周囲ではこれまであまり見かけたことのない人種で、どういう人生を送るんだろうと思っていたものだ・・・。

しかし大人になるというのはこういうことだろうか・・・。

そんなTクンも、今や民放キー局の系列放送局で働く立派なサラリーマンで、結婚して1児をもうけ、まるで健全な市民生活を送っている。その日集まった3人の中でも最も体制的な暮らしぶりだったと思う・・・。

えへへ・・・

そう指摘すると、笑ってたけど。
でも「報道やドキュメンタリーを制作する今の仕事がすごく楽しい」と言ってはにかんでいた顔が印象的だった。当時のTクンから仕事が楽しいという言葉など一言も聞いた覚えがなかったので、「あぁ、いるべき場所にいるんだな〜と」こちらまでうれしくなった。

次また会えるのは何年先になるだろうか・・・。

それにしても同じ時期に一緒に仕事をした仲間として久しぶりに会って、お互いの変わったところも、変わらないところも、感じ合えるというのはなかなか素敵なことだった。これから先も、どんな風に変わったり、変わらなかったりするのかな・・・楽しみである。

ま、懐かしくなっても、安易に写メなどを送ったりはしないけどね(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーブが点くまでに

バタバタとしているうちに、秋、勝手に深まってますね・・・coldsweats01

どんどん日が沈むのも遅くなって、昼間はまだ暖かいけど、朝夕はお山の上ではさすがに「ぶるっ!」とくる寒さになってきた。しばらくホットカーペットで凌いでいたが、今晩初めてストーブに火を点けた。

無事に点いてほっとしたので、今ブログを書いたのである。

ストーブを点けるったって、スウィッチをぽんと押したらいいだけじゃないのでウチの場合・・・。イマドキマッチを擦って竈のようなところに火を落とす、ヒジョーにクラシカルなストーブ。ウチ以外でこのようなストーブで暖を取っている家を私は未だ見たことがない。

この世にも珍しいヴィンテージストーブが老朽化のためいろいろとガタがきており、今日無事に火が点くまでには実は長い道のりがあったのであった・・・wobbly

このストーブは外にある灯油タンクと配管ゴムホースで結ばれていて、灯油タンク→ゴムホース→外壁の配管口→室内ゴムホース→ストーブという具合に、室外と室内2箇所にゴムホースがある。ところがこの外側のゴムホースあたりから、ぷう〜んと灯油の臭いがし始めたのだ。

「いかん!」

遂に劣化したホースから、灯油漏れし出している。タンクは大きいので貯めてある灯油がそう目減りしているわけではなかったが、窓を開けると日増しに灯油の臭いが鼻を突き、黒いホースをはわせた部分の芝生が枯れ始めた。

こういう時、普通ならメーカーのお客様窓口かなんかに問い合わせるか、販売店に電話するかで、あとは修理or買い替えで終わりって事になると思う。大変イージー&スムーズに解決できる。しかしこんな年代物のストーブ、何十年と使い込まれたその躯体からは、製造番号やメーカーのシールなどはすっかりフェイドアウトしており、一体どこがメーカーで販売店なのかもわからない。

これを処分して新しいものを買おうとしても、このストーブは壁をぶち抜いて煙突が突き出ている家ごとストーブ。大工事になるだろう・・・

困ったとき、どこへ、誰に相談すればいいのか。

私の頭に、ふと石原良純の顔が浮かんできた。

「困ったことがあれば、タウンページを見ればいいんですよ」というTVーCMである。あのCMで、石原良純はあらゆるお宅へ行って、タウンページでお家の困りごとを解決している。ウチに来てくれるはずもないので、自分でタウンページを開いてみた。

ストーブ修理、なんて項目はもちろんなく、該当しそうなジャンルを最初のページからパラパラ追っていくと「え、終わり・・・!?」2センチほどのタウンページはすぐに終わってしまった。もう一度キーワードから追ってみたが、どうもストーブの修理やホースの取り替えをしてくれそうなところはない。なんだか会ったこともないないが、石原良純に騙されたような苦々しい気持ちになった・・・。

今度はネットで検索した。

良純のような便利屋(?)を探そうと思ったのだ。最近その手の便利屋が結構重宝していると聞く。しかしいくつか探し出し問い合わせてみたが、「水道の配管ならやりますが、灯油タンクの配管はやりません」とか「そんなストーブは扱ったことがない」とか、にべもなく断られる始末だ。

・・・・・sweat01

こうなれば自分でやるしかない。灯油まみれになるかもしれないが、新しいゴムホースと留め金を買って、自分で交換するだけの話である。キーワードをいろいろ入れてググッてみたが・・・・・・検索すること数時間。私はやっとこさ、ウチと同じ構造のタンクや配管の写真を掲載した設備販売会社(?)を発見した。早速所在地を見てみると・・・

青森・・・・・snow

あわよくば来て頂こうと思ったが、青森なら出張費だけで新しいストーブが買える。小さな燃料店のようで、燃料以外にも設備&メンテナンスを行っているようだ。さすが青森、サイトにはウチのようなタンク式ストーブやさまざまな暖房機、周辺設備がいろいろ並んでいる。

やっと辿り着いたという感じだった。やっぱネットって便利〜heart04

その中からウチに合いそうなホースや付属品を買い物カゴに入れた。モノ自体は安いのだが、素人なので一体これで合ってるのかどうかわからない。なので一応ウチのストーブの状況を書いて、正しい商品をアドバイスくれるように書いて送信ボタンを押した。

すると・・・・

全く期待はしていなかったのに、なんと夜遅くにもかかわらずその会社の社長さんから返信メールが来たのだ。しかも丁寧な挨拶文の後、的確なアドバイスをくださった。

私はカンゲキして、すぐにありがとうございますメールを送った。翌朝念のために、タンクやホースの状況を写真で撮って送ったら、またまたそれに対して返事が来て、前日のアドバイスのものとは違う商品を買うようすすめられた。しかもそれらは前よりずっと安い。

しかもしかも、取り付け方まで丁寧に教えて下さって、私は本当にカンゲキしてしまった。

商品が到着後、青森の社長さんの言う通りに取り付けたら、バッチリ交換できた!またまたありがとうございますメールを送り、無事ホース交換は済んだ。石原良純にも騙され(笑)、便利屋にもふられたが、やっと助けてくれる人が現れたのだ。とっても助かった!それが9月の初め頃・・・・

で、一昨日夜ストーブを点けてみると・・・・点かない。
どこも「開」になってるのに、灯油が流れてこない・・・・。

私はまたもや青森の社長さんにメールをすると、翌朝すぐに返事をくださった。以下社長さんメール

ホース内にエアーがかんでいると思われます。
 
タンクのバルブを閉めてから燃焼器具側のホースを
抜きます。タオル等を用意してタンクバルブを開けます。
ホースから灯油がでてきたらバルブを閉めます。
その時容易したタオルで灯油のこぼれをふいてください。 
最後にまたホースを取り付けて終了です。
  
ホース内のエアーをとりのぞけばいいと思います。

な〜んて言う具合にまた丁寧に教えてくださったのだ。早速そのメールの通り作業を試み、そしてやっと今夜暖かいストーブにありつくことができたというわけ。

そんな長い道のりがあったのでした・・・

しつこいようだが、タウンページはゼンゼン役にたたない。やっぱ現代はネットだよね〜しかも距離は問題にならない。いかにニーズとマッチングするかなのだ。このニーズとのマッチングが、タウンページではもはや実現されない。

くれぐれも石原良純には騙されないように・・・・アタシだけかcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

貧職時代

気がつくともう10月、夜風がさむ〜くなった今日この頃。

さむ〜いのは風ばかりでなく、現代の雇用情勢というのは実にお寒い状況のようだ。
現在失職中のAちゃんから聞いた話によると、いつ行ってもハローワークは自転車の置き場もないくらいいっぱいで、ごった返しているという。

そもそもこの不穏な情勢の中、完全失業率は5.5%(実際はこれより多いはず)、求人倍率も併せると戦後最悪の水準。ハロワの混雑ぶりは、この状況を如実に物語っているようだ。Aちゃん曰く、1件の求人に100人ぐらい殺到するんだそうだ。中でも事務職を希望する人は競争が激しく、経理15年のベテランでも職にありつけない事態のようだ。

競争率100倍、長年の経験も武器にはならない。

これじゃ、仕事を見つけるのは至難の業だ。私もAちゃんから事情を聞いて、深いため息が出てしまった・・・。なぜこんな使える人が、失職した状態に陥らなければならないのか。今の世の中、職を得るというのは実にサバイバルな行為なのである。

Aちゃんは元スッチー。しかし意外にもスッチーという職業はつぶしがきかない。英語も堪能、頭も良くて、スッチーとしても十分なキャリアがあるのだが、機上ワークというだけで一般企業ではなかなかその経験が活かされない。確かにエクセルで数字を管理してたわけでもなし、マーケティングを分析してきたわけでもない。機内販売で劇的な売り上げを記録した、な〜んていう経験があったとしても、一体誰が振り向いてくれるだろうか・・・。〜私が社長なら絶対面接してみるけどhappy02

CAを長くやってきた自分が悪い・・・

そんな言葉をこぼしたのを聞いて、それは違うと私は思った。確かにPracticalという意味では、事務職において少々不利かもしれない。しかし十何年やってきたキャリアを誇りに思うことはあっても、否定することなどさらさらない。Aちゃんの優秀な素養や能力は、必ず他の企業でも通用すると私は信じているので、今の厳しい雇用情勢が恨めしい。まじめな彼女は経理やWEBの勉強もちゃんとしてるし、時間はかかってもきっといい就職口が舞い込んでくることを祈っている。

しかし今思うと、私達が20代の頃のバブリーな時代は夢のような時代であった。仕事を辞めてもバンバン求人はあったし、仕事先を選ぶことはあっても、選ばれることはほとんどなかった。若さという特権もあったのだろうが、若かろうとキャリア積んでようと、今確かに言えるのは、あの頃の求人求職天国は既に「幻」だということ。

ひゅるるるる〜〜〜〜〜〜

なんかまた寒い風が吹き抜けていくようです。不況だ、失業だ、節約だ、と日々荒野に吹きすさぶ風に晒されていると、しばしあの時代へトリップしたくなるのです・・・。みんながすっかり踊らされていたおバカな時代へ。

でもバブリーな時代を幻でも思い返せる私達はまだマシである。少し下の世代なんて物心ついた時から不況・就職難の厳しい世界を歩かされているのだから、本当に気の毒だ。おバカな時代ではあったが、それはそれで栄枯盛衰を身を以て知る経験として、人生にエッセンスを加える貴重な期間だったと思う。果たしてこれから彼らはおバカな時代を経験することができるのだろうか・・・?

そんなこと夢見るくらいなら、とっとと貯金します!

今そんな声が聞こえた気がする・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ポタージュのような人

P1010049

秋はあぶない季節だ。

とにかく旬を迎える食材があれこれあって、スーパーへ行っても、レストランへ行っても誘惑が多い。

戻り鰹に、秋刀魚に、茄子に、きのこに、梨に、いちじく・・・。実り豊かな秋の恵みをいただく喜びもあると同時に、料理する喜びも沸き上がる。

さつま芋も、年中貯蔵ものが出回っているが、秋が旬。立派な鳴門金時を見つけたので、スープ好きの私としては早速さつま芋のポタージュを作っていみた。じゃがいもやかぼちゃのポタージュとはちょっと違った風味があり、ほんのり甘くてとても美味しい。ちなみに私のさつま芋の食べ方ベスト5は、これ!

1.天ぷら
2.タイカレー
3.ポタージュ
4.レモン煮
5.大学いも

やっぱ鳴門金時は天ぷらが一番好きかな〜、中はほっくり、外はサクサクで。意外と知られていないが、タイカレーにさつま芋を入れるととっても美味しい。普通のカレーにはいかがなものかとは思うが、スパイシーだけどココナッツミルクのマイルド感があるタイカレーにほんのり甘いさつま芋は好相性!ぜひお試しいただきたい!

で、さつまい芋ポタージュだけど、バターでタマネギを炒めて、さつま芋を投入。チキンブイヨンで20分ほど煮込んでからミキサーでペースト状に。お鍋に移したら牛乳でのばし、塩こしょうで味つけ。とろ〜りと出来上がったスープを器にとって、生クリームを注いで出来上がり!

ポタージュというのは、なんだってとにかくごった煮をミキサーにかけてしまえば出来る。さつま芋も、タマネギも、バターも、撹拌することによって正体はなくなるが、それぞれの個性や旨味がなめらかに混ざり合い、新しい味わいとなって美味しいスープが出来上がる。

ミキサーの撹拌を眺めながらいつも思うのは、人間にもミキサーがあったらいいな〜ということ。というのも、1人の人間の中には長所や短所、清濁、愛憎、得手不得手、さまざまな側面があると思うが、それらの要素がミキサーにかけた時のように混じり合い、旨味を引き出し合えば、1人の味わい深い人間になるのではないかと思うのだ。

おいしいポタージュのようにな人shine

しかし人間ミキサーは存在しないので、人生のことごとくにおいて自らで撹拌しなければならない。時には底に重く淀んでしまっているものをゆっくり混ぜ返したり、すっかり分離して相容れないものも、時間をかけて少しずつ融和させたり・・・。

時々スパイシーな刺激が撹拌を早めたり、さまざまな体験によってはダイナミックにMIXされることもあるだろう。しかし撹拌の手を休めてしまっていると、なんだかまとまりのない、コクも深みもないない人間になっていそうな気がする・・・。

日々吸収する素材を上手に撹拌しつつ、酸いも甘いもなめらかに練り上げ、「あの人、ちょっといい味出してるじゃん」みたいな、そんな人になりたいものである。

なんだか話が飛躍してしまったが、さつま芋のポタージュは秋の夜長にいただくと、甘くてやさしい味わいがいっそう心に染み入る。

虫の音に包まれ、ちょっともの哀しいような秋の夜。

うららかな春でもなく、開放的な夏でもなく、といって寒風吹きすさぶ冬でもなく、さつま芋のポタージュのやさしさは、やっぱりしっとりと暮れた秋の夜がふさわしい気がする。

しみじみと、こっくりと・・・

おいしいポタージュを味わいながら、おいしいポタージュのような人のことを考えてしまうアタクシでした・・・smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »