« 夢のままで | トップページ | 伊勢旅行1 »

驚愕!象の足

先週末は、ささやかな夏休みだった。

元スッチー仲間と、恒例の旅行に出掛けた。
毎年海外在住の1人が日本へ帰省するこのタイミングで年に一度出掛けている。今年は伊勢。2泊3日の女同士の旅は、朝から晩まで楽しく、かしましく、口が休まることがない(おしゃべりも、食べることも)。

これをニンジンにしてぶらさげ、仕事をがんばってきた。
やっとこさ解放されて、いざ楽しい旅行へ!

しかしここでほっとしてはいけない。注意しなくてはいけないのが、忙しい日が続いた後の気のゆるみ。私の場合、緊張がとれたとたんに風邪をひいたり、熱を出したり、体調がおかしくなることがままある。なので気を緩めることなく気合いで「元気」を貫き、

絶好調〜〜〜sign03

で、にわかに気分が盛り上がり、ウキウキと旅支度などし始めると、ふと左足の足首あたりに痒みを感じた・・・think

そういえば朝方、玄関横の朝顔の蔓が絡み合っていたのをほぐして、フェンスに巻きつける作業をほんの5分ほど行った。その間に蚊に噛まれたのかもしれない。でも自覚症状はなかった。


しかし・・・

これが悪夢の始まりでした・・・・shock


夕方になるとますます痒くなり、ムヒEXを塗りたくって、ひとまずおさまったかのように思えた私の左足。ところがその夜、猛烈な痒みで目が覚めると、私の左足の足首からふくらはぎにかけての部分は熱を持ち、ただれ、膿ダラダラで、

片足だけが象の足のように腫れ上がっていたのでした・・・shockshockshock

ぎゃ〜〜〜〜〜っsign03

なんじゃ、これ!左足だけ、他人の足のよう。ふくらはぎ半ばから指先まで、風船で膨らましたようにパンパンに腫れ上がって、足首がなくなっている。小さな水ぶくれがいっぱいできてはつぶれ、膿が水泡のように吹き出し、アキレス腱の一帯がもうこべこべである。歩くと痛いし、第一靴が入らない。

たら〜〜〜〜〜sweat02

明日から旅行、という時になんでこんな目に遭わないといけないの!?
神様はどうしても私にトラブルを引き起こしたいようだ・・・。しかも蚊に噛まれただけで、こんな状態になるアタシって何・・・!?
私はふと、2年前のことを思い出した。確かその時にも一度蚊に噛まれて足が腫れ上がったことがあった。でもその時もこれほど重傷ではなかった。

兎にも角にも朝になってすぐさま病院へ駆け込んだ。

センセイもさすがに私の足を見るなり「うわ〜っ!」と絶句。
この症状は蚊に噛まれてただれている、いわゆる「虫負け」だそうだ。蚊の唾液に対する免疫反応で、1度噛まれて抗体ができているが故に、2度目の今回は激しい免疫反応を起こす。たぶん私は特定の蚊に対する極度のアレルギーがあるようなのだ。

飲み薬と塗り薬をもらって帰ったが、そうすぐに直るわけではない。
パンパンに腫らした足をひきずって、恨みつらみ、哀しみいっぱいで家へ帰った。

「虫負け」って・・・・

仕事にも、風邪にも、熱にも負けなかったのに、虫に敗北を喫したのかと思うと、心底情けなくなるweep 緊張感を保ち、気合いを入れていたというのに、こんなところにスキがあったなんて・・・。この世の無常を私は思い知った。

そんなこんなで、たまの旅行というのに、よりにもよって象の足をひきずって出掛けた可哀想なアタシ・・・。でもいるよね〜、こういう人。そいで後々まで笑い話にされるヤツ。私はこうやって自らの体を犠牲にして、みんなに笑いのネタを提供しているのだ。エライやろ〜

しかしこんなことに負けてはいられないのだ!「虫負け」しても、「気負け」はしていない。おしゃべりも、食欲も、好奇心も、フルパワーで元気十分up

こうして象の足をひきずりつつ、翌朝伊勢へと向かった。つづく

|

« 夢のままで | トップページ | 伊勢旅行1 »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

あはははbleah 
…今は笑える(w でも当日は笑えんかったで。
アナタ、写真もしんどそうやしなぁ。

続きまってまっさ。

アタシのほうも、ま、ちょこちょこアップしまちー。

今回もこうやって会えてしあわせーgoodって思った旅に
なったよねー。

投稿: ぴー | 2009年8月26日 (水) 23時54分

お疲れさまでした〜!

今はすっかり収縮したアタシの象足。
私っていつもみんなを笑かす運命にあるのよ・・・
えらい〜!!(誰も言ってくれないので自分で言う)

でも毎年ますます楽しくなるわ!
ステキな仲間と毎年旅できること
本当にシアワセに思います・・・wink

来年はみんな助けてねcoldsweats01

投稿: ねね | 2009年8月28日 (金) 22時31分

ねねちゃん、足もうよくなった?
虫負け、、という言葉は初めて聞きました。ほかの人ならどうってことないのが
ある特定の人がかまれるとこうなるんやね。こわ~~。気をつけて~~。
私もイルカ島でトレーニングを見れたことは楽しかったと思うわ。
なんかさ~イルカ根性物語やんね~。ハヤテくんのデビューはまだまだ先か??

今年もみんなと旅行ができて本当によかった。
来年も楽しみしています。

投稿: いくこ | 2009年9月 3日 (木) 22時51分

iki〜

お疲れさんでした!
象足は、伊勢へ行った日をピークに(哀し!)、
今はすっかり良くなりました。
でも庭に出るのが怖くて、雑草だらけ・・・
これから夏は、暑さとの戦い&蚊との戦いになりそうcatface

イルカ、可愛かったね〜
ハヤテくんが、ボールを突っついてくる感触が忘れられへん。
日本では和歌山の太子町ってところが、イルカの町として売ってきたのに、実はイルカを捕獲して食べてたことが発覚して、オーストラリアのある都市から姉妹都市提携破棄されたって事件が伊勢旅行と前後してあったんだよね〜

鯨と同じで複雑な気持ちやけど、やっぱイルカを間近で見ると、あれを捕って喰おうとは到底思えない。そういう気持ちが鯨にも言えるのかな〜と思ったりして・・・。じゃ、可愛いかったら食べないのか?だったら牛だって、兎だって可愛いのに欧米人はわしわし食べてるってことになる・・・。この問題ってとても一筋縄ではいかないなって改めて思った・・・!

ヨーロッパで鯨攻撃に遭って、肩身の狭い思いするのもヤだよね〜そんな風に日本人が野蛮人だと思いこまれているとこが悔しい・・・!帰りの便のイタリア女のような人に、大和撫子の奥ゆかしさをどうぞ見せつけてやってねbleah

投稿: ねね | 2009年9月 4日 (金) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/31115302

この記事へのトラックバック一覧です: 驚愕!象の足:

« 夢のままで | トップページ | 伊勢旅行1 »