« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

伊勢旅行1

片足が象の足にはなったものの、旅自体は思い切り楽しんだ。

京都から伊勢へは、近鉄電車の「まわりゃんせ」を利用(ちゃんと幹事さんがそれを買うように調べてくれたんだけど)。これが、なかなか使える!!京都から鳥羽までの往復特急券と、まわりゃんせの周遊券(パスポート)を含めて1人9500円。これには伊勢、伊勢志摩、鳥羽、賢島などへ移動の電車代から、水族館や真珠島などの観光スポットの入場料まで含まれていて大変おトクで便利だ。おまけにお土産の割引や、帰りの荷物を無料で送れたりするサービスも含まれている。

関西ではよくCMで流れていて、名前だけは知ってたけど、あんな便利なものだとは知らなかった。他の観光地でもやればいいのにな〜、と思う。関西から伊勢に行くなら、もうコレしかないです!

1日目はお豆腐屋さんで昼食を摂った後、ニッポンの神様の源「伊勢神宮」内宮をボランティアガイドさんつきで見て回り、おかげ横町で「赤福入りかき氷」を食べた。

お伊勢さんでガイドさんがいろいろと面白い話をしてくれるのだが、一番驚いたのが、伊勢神宮にあるいろんなお社、橋などは20年に1度、建て替えられてるそうで、その度に樹齢百年とかの立派な檜が1万本も使われるのだとか・・・。その額、何百憶(だったっけかな)という莫大な費用がかかるという。ニッポンの神様をお祀りするのも、なかなか大変である。

伊勢神宮も、おかげ横町も、ものすごい人だし、やはり象の足で歩き回るのはちょっと辛かったが、そんなこんなしている間にも、そろそろ旅館へ向かう時間となった。

2日間のお宿は、鳥羽にある「海の蝶」sign01

夜の蝶ならぬ、海の蝶。ちょっとナイトなイメージだが、蝶はひと休みしてまた飛び立っていくことから、海の傍でひと休みして英気を養ってもらうという意味でこの名前がついたそう。

ここがまたナイスでした〜heart04

海に面して立っている、瀟洒なホテル式旅館で、ロビーからの眺めはちょっとバリのよう。5人一緒の広い部屋に泊まれて、サービスもとってもよかった!だいたい去年行った徳島のルネッサンスとは違い、子供があまりいない。夏休みだからいるにはいるんだけど、あんまりロビーとかでは見かけなく、プールとかも空いてて、大人がリラックスできるのだ。おすすめです!

そしてやっぱり一番の盛り上がりは、食事。

お風呂から上がって、お食事処へ向かう。
5人でテーブルを囲んで、カンパ〜イsign01 伊勢というのは海の幸はもちろん、松阪牛というお肉の名所としても有名どころ。その両方が並ぶ、まさに美味よりどりみどり。しゃべるほうも、食べるほうも、飲むほうも忙しく、ボルテージも最高潮・・・up

女同士の旅が楽しいheart01と感じる瞬間である。

その楽しさの源泉のひとつに、仲間コトバというのがある。私達は香港で共に暮らし、共に同じ職場で働いてきた仲間と言うこともあり、私達に共通のLanguageがある。

「○○ちゃんは今どうしてんの?」
「ブリポリと結婚して、今はマタニティーリーブ」
(イギリス人の警察官と結婚して、今は産休)

みたいな〜、他の人が聞いてたらきっと何しゃべってんのかわからないと思うが、私達だけで通じるCREW用語でしゃべりまくれるのも、なんだか懐かしくて心休まるひとときなのだ。みんなかつての仕事からは離れて、それぞれの生活を送っているが、集まればあの頃のノリに戻る。それもまたひとつの開放感なのだと思う。

そして夜は更けていく・・・・moon3

P1010026


| | コメント (0) | トラックバック (1)

驚愕!象の足

先週末は、ささやかな夏休みだった。

元スッチー仲間と、恒例の旅行に出掛けた。
毎年海外在住の1人が日本へ帰省するこのタイミングで年に一度出掛けている。今年は伊勢。2泊3日の女同士の旅は、朝から晩まで楽しく、かしましく、口が休まることがない(おしゃべりも、食べることも)。

これをニンジンにしてぶらさげ、仕事をがんばってきた。
やっとこさ解放されて、いざ楽しい旅行へ!

しかしここでほっとしてはいけない。注意しなくてはいけないのが、忙しい日が続いた後の気のゆるみ。私の場合、緊張がとれたとたんに風邪をひいたり、熱を出したり、体調がおかしくなることがままある。なので気を緩めることなく気合いで「元気」を貫き、

絶好調〜〜〜sign03

で、にわかに気分が盛り上がり、ウキウキと旅支度などし始めると、ふと左足の足首あたりに痒みを感じた・・・think

そういえば朝方、玄関横の朝顔の蔓が絡み合っていたのをほぐして、フェンスに巻きつける作業をほんの5分ほど行った。その間に蚊に噛まれたのかもしれない。でも自覚症状はなかった。


しかし・・・

これが悪夢の始まりでした・・・・shock


夕方になるとますます痒くなり、ムヒEXを塗りたくって、ひとまずおさまったかのように思えた私の左足。ところがその夜、猛烈な痒みで目が覚めると、私の左足の足首からふくらはぎにかけての部分は熱を持ち、ただれ、膿ダラダラで、

片足だけが象の足のように腫れ上がっていたのでした・・・shockshockshock

ぎゃ〜〜〜〜〜っsign03

なんじゃ、これ!左足だけ、他人の足のよう。ふくらはぎ半ばから指先まで、風船で膨らましたようにパンパンに腫れ上がって、足首がなくなっている。小さな水ぶくれがいっぱいできてはつぶれ、膿が水泡のように吹き出し、アキレス腱の一帯がもうこべこべである。歩くと痛いし、第一靴が入らない。

たら〜〜〜〜〜sweat02

明日から旅行、という時になんでこんな目に遭わないといけないの!?
神様はどうしても私にトラブルを引き起こしたいようだ・・・。しかも蚊に噛まれただけで、こんな状態になるアタシって何・・・!?
私はふと、2年前のことを思い出した。確かその時にも一度蚊に噛まれて足が腫れ上がったことがあった。でもその時もこれほど重傷ではなかった。

兎にも角にも朝になってすぐさま病院へ駆け込んだ。

センセイもさすがに私の足を見るなり「うわ〜っ!」と絶句。
この症状は蚊に噛まれてただれている、いわゆる「虫負け」だそうだ。蚊の唾液に対する免疫反応で、1度噛まれて抗体ができているが故に、2度目の今回は激しい免疫反応を起こす。たぶん私は特定の蚊に対する極度のアレルギーがあるようなのだ。

飲み薬と塗り薬をもらって帰ったが、そうすぐに直るわけではない。
パンパンに腫らした足をひきずって、恨みつらみ、哀しみいっぱいで家へ帰った。

「虫負け」って・・・・

仕事にも、風邪にも、熱にも負けなかったのに、虫に敗北を喫したのかと思うと、心底情けなくなるweep 緊張感を保ち、気合いを入れていたというのに、こんなところにスキがあったなんて・・・。この世の無常を私は思い知った。

そんなこんなで、たまの旅行というのに、よりにもよって象の足をひきずって出掛けた可哀想なアタシ・・・。でもいるよね〜、こういう人。そいで後々まで笑い話にされるヤツ。私はこうやって自らの体を犠牲にして、みんなに笑いのネタを提供しているのだ。エライやろ〜

しかしこんなことに負けてはいられないのだ!「虫負け」しても、「気負け」はしていない。おしゃべりも、食欲も、好奇心も、フルパワーで元気十分up

こうして象の足をひきずりつつ、翌朝伊勢へと向かった。つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夢のままで

やっと仕事が一段落した。
資料を読み込み、毎日原稿と格闘してきた。時には暑さも忘れ、空腹も忘れ、仕事に没頭した。ほっとひと息である。それでふと思ったことがある。

私は料理が好きで、つくることも、つくってふるまうことも、つくってふるまってワイワイやることもすきだ。なので密かに、気の利いた料理を出す一杯飲み屋なんてできたらな〜なんて、いや密かにではなく、周りもやれやれとおだてるので、公言してはばからず、すっかりそんな夢を抱いていた。

しかしそれは、夢見るだけにした方がいい、と思ったのだ。

ライティングの仕事は寝食を忘れて没頭できる。しかし同じように、朝から晩まで料理したり、四六時中料理のレシピを考えることなんて、到底できない、そう思ったのだ。そんなヘタレな思いで、お店なんてできるはずはない、と悟ったのだ。

もちろん原稿に没頭できるのは、納期があるから、仕事だから、責任があるから、という理由もあるだろう。でもそのことに没頭できるくらい好きでなければ、そう簡単に一杯飲み屋なんて続けられないと改めて認識できた。商売はそんな甘くない。ま、真剣に考えてたわけではないので、別にいいんだけど・・・coldsweats01

じゃ、なんでライティングの仕事は没頭できるのかな〜?

好きだから?習慣だから?ギャラがもらえるから?
もちろん、好きだからこの仕事をやってるんだろうが、それだけではないと思う。いろいろあるだろうが、それをあえて定義しようとは思わない。が、ただひとつ言えるのは、没頭できる仕事があってよかったな〜ということ。

スッチーからコピーライターへ転身した人というのは、今のところ、自分以外に出会ったことがない。まったく脈絡のない転職と思われるだろうが、これはこれで伏線であったのだ。私は非常に自分の本能に忠実に生きている人種なので、そういう意味ではわかりやすい。

結局私を為すもののベースには、好奇心というものが横たわっているのだ。文章を書く事は好きだったけど、若いうちはなんといってもその好奇心が意志を支配する。とにかく海外へ行っていろんな国やいろんな人を見てみたいという好奇心を抑えることができなかった。だったら、いろんな国へ行ける「職業=スッチー」ということでそこを目指したのだ。

しかし私の好奇心の裏側には、いろんなものから刺激を受けてアイデアを巡らしたり、何かをクリエイティブしたいという本能が潜んでいたのだ。そこに気づいたのも、クリエイティブ性や独自性が問われないスッチーという仕事を経験したからこそ。クリエイティブな世界としてとして広告業界があり、コピーライティングという仕事があったのだ。そしてそこでは好奇心を満たすべくいろんな世界やテーマがあり、浅く広く世界を知ることができ、知の探求もある。

つまり、本能の赴くまま今に至って今の私の仕事がある。好奇心が満たされ、クリエイティブも満たされる今の仕事は、辿り着くべくして辿り着いたのだろう。もちろん風に吹かれる帆船のように、スイスイ流れてきたのではなく、それなりの紆余曲折は含んでいる。

今は、打ち合わせや取材で出掛けることはあるが、基本的にはパソコンに向かって、コツコツと作業をしているのが基本的な私の姿である。あっちこっち旅することも、遊び回ることもなくなり、いたって地味な生活である。でもこれがあるべき姿であり、ここがあるべき世界なのだという気がしている。

だから一杯飲み屋は、夢見るだけにしておいて、自分があるべき世界にいようと思うbleah それにおいしい料理をつくることや、おいしいお酒を飲むことは、やっぱり楽しみにとっておきたい。それがあるから、仕事ががんばれるのだから・・・wink

| | コメント (6) | トラックバック (0)

修行中

一週間ぶりです。

この間サマーバケーションでした!

な〜んて言いたいところだが、バケーションとはまったく無縁で、ただ仕事で缶詰状態になっていただけ・・・sweat01 お盆休みのUターンラッシュの模様とかニュースで流れたりして、世間では夏休みまっ盛りだが、その一方、でもそんなの関係ね〜、という具合に私のように相変わらず仕事に追われている人も結構たくさんいると思う。

私達の業界で仕事というのは、「時間ない、予算ない」というのが当たり前のこと。その中でいかに力を発揮するかが求められるものの本質なのである・・・(笑)

私の仕事の場合、ライティングの仕事は二種類あって、商業的なコピーライティングと、編集もののライティングである。これらは仕事のやり方も目的も少々違う。そして最も違うのは「MONEY」である。

コピーライティングの方がギャラはゼンゼンいい。もともと広告畑だから、やはりこちらが得意分野である。だけどこの商品はこんなにいいですよとか、このキャンペーンはこんなにおトク!ということに荷担しているだけでは、どこかで満足できない自分がいる。コピーライティングは「売る」という目的が明快にあるので、ギャラがいい分無常でもある。

なので私は編集もののライティングも積極的にやっている。

今取り組んでいるのは仏教関係のもの。しかしこれがなかなか奥が深い。ってゆーか、何千年もの昔からの教えをにわか勉強で取り組むのだから、難しいし、アタマを悩ますのは当たり前なのだ。

日頃は仏様の教えにはむかうようなことばかりやっているので、仕事をしながら慧眼させられている・・・。ちょうどお盆で、他の仕事がストップしているので、家にこもってこの仕事に集中していると、まるで修行している気分である・・・(笑)

来週あたり、さとりをひらいているかも・・・

今年は、そんな境地にいたりそうなお盆でした・・・bleah
落ち着いたらお墓参りもしよっと^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガイジンという生き方

先週ある決心を実行した。
友人のAちゃんが英語の個人レッスンを受けている先生に、私も思い切ってレッスンを受けることにしたのだ。

留学したり、英語を使う仕事に就いたりしていたのも大昔のことで、英語を使う生活から離れて20年近く。日本語でさえもこの頃は「あれ〜、あの〜、なんていったっけ?」と言ってるくらいなのに、日常的に使わない英語力はどんどん失われていることを自覚していた。なんらかのカタチで自ら英語に触れる機会を持たなければ・・・そう思っていたからだ。

レッスンと言っても、1時間ほどのトーキングのようなもの。この間は初めての顔合わせだったので、2,30分ほど自己紹介を含め、先生と会話を交わした。

しかし・・・・

思っている以上に自分の英語力のなさを思い知らされた。まず単語がすんなり出てこないのだ。簡単な単語でさえも忘れている。それに口が重たく、やたら発音がしにくい(特にRの発音)。何より、英語を理解&話す時の脳の使い方がすごく久しぶりな感じである。

言葉って、使われなければ退化していく。知識としてしまっておくものでもないと思うので、手段としてどんどん使って生かしたいと思う。母国語でない言葉でコミュニケーションすることは、今の私にとっては学習というより体感といった方が正しい。

アタマの切り替えにもなるし、別の世界をエンジョイするためにも、ちょっとずつがんばろうかなと思っている。

ところでその英語の先生、イギリス人男性が、こんなことを言っていた。彼は日本に来て6年になるそうだが(ノバ〜フリーになり、ずっと英語教師をやっているらしい)、日本の生活はどうかと聞くと、暮らしやすいと答えていた。彼は日本に特に興味があるわけでも、京都の伝統に親しみたいわけでもないようだ。

それだけ長く住んでるのは日本である程度稼げるというのももちろんあるだろう。安全とか便利とか以外にも、ここにいる限り自分はsocial pressureを感じないのだと彼は言っていた。ちゃんとした企業に勤めて、何歳になったら結婚して、何歳になったら子供を持って・・・みたいな、どうしても自国にいるとそういうプレッシャーがあるが、日本に住んでいる限りガイジンという気ままな存在なので、自由に生きられると。

なるほど、ガイジンってそういうものなんだ。

会社に勤めれば会社という社会、家族を持てば家族という社会・・・・一箇所に安住して暮らすというのはそういうさまざまな社会にどっぷりと所属していくことなのかもしれない。所属=安定だが、所属=しがらみとも言える。どっちがいい悪いではなく、それは個人の選択だろうけど。

よく日本に住む外国人が、何年住んでも自分達はガイジン扱いされる。ということを不満として漏らすのを聞く。日本は島国のためか、国際化と言われても目の色や国籍を超えて、誰にもオープンマインドというわけにはなかなかいかない。

でもこの教師のようにガイジンを快適と思っている人もいる。

ある程度社会と距離感があることがラクなのだろう。ガイジンを割り切ってしまえば、案外この国というのは暮らしやすいのかもしれない。この先人生に行き詰まったら、ひとまずガイジンになってみる。それも新たなWay of Lifeなのかもしれない・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベジタブルな毎日

P1010033

この頃、野菜が大好き!
これは具だくさんの野菜スープを、チキンのソテーにかけたもの。
タマネギ、セロリ、ズッキーニ、赤/黄ピーマンなどを刻んで、チキンブイヨンで15分ほど煮込み、塩こしょうで味つけ、レモンをふりかけるだけ。これを冷やしておくと、冷たい野菜スープになって、朝食などにピッタリ!

こんな風にチキンにソース代わりにしてもいいし(特に胸肉はぱさぱさしてるので、汁気の多いこういうソースが特に合う)、具だけをすくって、トマトソース少々とカレー粉を入れ、ごはんと合わせてドライカレーにしてもGoo!もちろん、パスタと合わせてもいけるのだ。

まさにマジカルベジ・メニューです!

P1010178_4


お馴染みの焼き茄子。
茄子は好きだったけど、揚げたり、炒めたり、オイリーなメニューが定番。以前は、焼き茄子などめったに食べなかった私だったが、信楽へ行った時にGETした農家の茄子は、なぜか焼き茄子にして食べてみたくなった。

形もまちまちで、いかにも店頭には並んでそうにない茄子だったけど、重みがあって自然児らしい力強さが感じられた。素材そのものを味わいたくて、シンプルな焼き茄子にしたというわけ。

これが大正解!!

ほんのり生姜醤油をたらしていただいた冷たい茄子は、甘くて、ジューシーで、これぞ茄子!これぞ夏って感じだった。久しぶりに食べみて、なんかとっても新鮮なお味でございました。それもこれも美味しい野菜に出会えたから。やっぱり料理は素材なんだな〜


P1010173


で、これは同じく信楽で買ってきたモロッコ豆と豚肉のクルミ味噌炒め。
最近店頭で見かけるようになったけど、まだまだ食べたことない人が多いかも。モロッコというからにはモロッコ辺りが原産なんだろうが、最近では信楽の農家でもつくっているようだ。

15㎝ぐらいある長くてうすいさやに小さいマメが隠れている。
さやごと食べるのだが、堅くはなく、サクサクと歯応えがあって、炒めもの向き。同じく信楽で買ったクルミ味噌と鷹の爪、お酒、お醤油、すりゴマで味付けた、甘辛いごはんにあうおかずにしてみた。カレーに入れたりしてもおいしいかも。

んな具合に、近頃野菜の美味しさに目覚めている私。
しかも信楽で買った野菜はみんな、一盛り100円だった(茄子、モロッコ豆、タマネギ、トマト)。農家の型に申し訳ないくらいお安い値段だ!さすが産直

ちょっとアクのある人間に惹かれてしまうように(私だけ?)、スーパーでみんな型にはめられたように同じ姿カタチで行儀良く並んでいる野菜よりも、不揃いだけど農家で奔放に育った野菜が好み。

イイ男ならぬ、イイ野菜を求めて、これからはもっと近くの農家を探すとしよう。

でもこんな風に野菜ばっか食べていると、そのうち肉食系女子から草食系女子へ変化しそう・・・(笑)それもえ〜かもwink


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »