« 風邪の日のどて焼き | トップページ | たぬきうどん・鶏肉とカブ&新ジャガのクリーム仕立て »

久しぶりの対面

広告代理店時代の元同僚と、ひょんなことから仕事を一緒にする機会を得た。
営業だった彼は、数年前に代理店を辞めてから別の会社に勤めた後、今は独立して会社を興してがんばっている。何年ぶりかに会ったのだけれど、40過ぎのオトコというのは久々に会うと間違いなく、

太っているpig

彼、Mさんも例外なく、一周りか、二周り体積を増やしていた。本人もそれをよく自覚しているようで(若しくは久々に誰かと会う度にそう言われ続けているか)、挨拶もそこそこに

太ったやろ〜?

と自ら切り出していた(笑)。こうやってオヤジになっていくんだな〜と、進化の過程を目の当たりにしたようだ。日々会ってる人ならわからないが、こうして久しぶりに会う人というのはまずその変貌ぶりがあからさまにフィーチャーされるので、久々に会うという行為は"軽い恐怖"を伴うものだと改めて自覚させられたりる。

向こうだってワタシに「変わらへんね〜」とは言ったものの、まともに信じているわけではない。Mさんだって久しぶりに見たワタシの小じわなどに目を留め、"オバはん化の過程"を見たのかもしれないが、少なくともワタシは体重はほとんど変わっていない。

でもなんかやだね〜、
中年になると互いの老化ポイントを査定し合うようで・・・

若い頃というのは、キレイになったとか、リッパになったとか、いい意味で互いの変わり映えに心躍ったものだったが、トシ食うと会えば何か心淀んでしまう(笑)。歳とってから「ひゃ〜、さらに美しくなったね〜!」とか「若い頃より随分カッコよくなったな〜」なんて言い合った出合いなんて、今のところ思い出せない。

ただ「美醜」という点ではなかなかそういうことはないかもしれないが、久々に会って、イイ男、イイ女になったと思えるケースなら少なからずある。確かにトシをとったけれどもオトナな気品が出ていたり、昔とは違うキャラで輝いていたり、見るからにオーラを放っている人もいる。

Mさんだって見かけはすっかりオヤジだけど、小さくとも堂々と会社の代表を務めているお方なので、いい意味で貫禄が出たように思う。若いスタッフにテキパキ指示なんかして、打ち合わせの進行も如才ない。アリナミンのCMに出て来るような、がんばってるお父さんという感じが爽やかだった。

考えてみれば「全然変わらない」というのも、なんか何の進化もなく生きて来たようで、あんまり喜ばしいことではないのかもしれない。そりゃあ若さは保ち続けたいというのがオンナの飽くなき願いだが、叶えられないからこそ磨かねばならぬthink

年相応の美しさと味わいshine

目指すのはやっぱりコレですな。
それにはまずトシを言い訳にしないことだと思う。皆さん、がんばりましょ〜sign01


|

« 風邪の日のどて焼き | トップページ | たぬきうどん・鶏肉とカブ&新ジャガのクリーム仕立て »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/27550930

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの対面:

« 風邪の日のどて焼き | トップページ | たぬきうどん・鶏肉とカブ&新ジャガのクリーム仕立て »