« タイムサービス非国民 | トップページ | 京都ガイド »

ココロの曲がり角

 ウソかホントか知らないが、女性は37歳を過ぎると、肋骨などの胸部を覆う「胸郭」という骨格がだんだん閉じてくるらしい。

 するとどうなるかというと、ときめいたり、ドーンと気分が落ち込んだりとか、要するに激しい感情のぶれがなくなるという。
 
 エステシャンの人のハナシである。

 彼女もよく、30代の頃はワケもなく落ち込み、よく先輩に「もうアタシ死にたいです〜sweat01」と、泣きながら電話をすることがあったらしい。しかし40歳を過ぎた今、「誰がそんなキモチになってたん?」てなもんで、元気いっぱい仕事に勤しんでいる。

 37歳を過ぎるとキモチが落ち着くなんて、全くもってその根拠は不明だが、言われてみれば思い当たる節もある。

 37歳という年齢は定かではないが、歳と共に確かにトキメキの度合いも回数も、減ってきたような気がする。っていうか若い時みたいにむやみやたらにはキモチがはやらないという感じ。
また状況は昔も今もさほど変わっていないのに、そないに孤独に苛まれたり、不眠症になるほど思いつめることもなくなったと思う。

 これって果たして歓迎すべきことなのか、そうではないのか・・・sign02

 落ち込んであまり悲観的にならなくなったのはいいとしても、トキメキが減ってしまうというのは何か哀しい。それってココロの弾力性が失われてるってことじゃん、まるでお肌みたいに・・・sweat01

キツぅ〜〜〜bearing

 だからキモチが落ち着くということなのだろうが、理屈から言うと沈まないと弾まない。弾むばかりではいられないものなのだろうか。

 孤独や不安を受け入れつつ、揺るぎない内面を作り上げていけば、しっかり張った太鼓の皮で弾む音のように、外から受ける刺激にいい具合に共鳴していけるのではないだろうか・・・?

 なんてことをムリやりこじつけてみる。

 歳をとることは何にも動じない、サンドバッグのような人間になることではない。太鼓の皮を締めつつ、年々いい音を出していくことだと思いたい。

 胸郭が閉じているのか開いてるのか知らないが、心まで閉じてしまわないように・・・。お肌も内面も、日頃のお手入れを怠らないようにしたいbleah

|

« タイムサービス非国民 | トップページ | 京都ガイド »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/25761584

この記事へのトラックバック一覧です: ココロの曲がり角:

« タイムサービス非国民 | トップページ | 京都ガイド »