« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

書に挑戦!

取材で知り合った書家の先生のところで、書の体験講座を経験した。

場所は大阪は中之島にあるギャラリー兼教室。私はちょうど大阪で仕事があったのでその帰りに、一緒に行ったKちゃんはなんとか大阪で仕事を作ろうともくろんだが失敗し、勤務後はるばる京都から電車を乗り継いで駆けつけてきた。体験講座といっても私とKちゃんと2人、とてもカジュアルに体験できるので気楽さがいい。

でもなぜ突然「書」なのかと言うと、もともと書には興味があったが、それだけでは書に触れるキッカケには至らなかったと思う。直接的にはその先生がとっても魅力的な人だったからだ。

木村翼沙さんというその先生はまだ30代前半のとても可愛らしい女性で(見た目はどう見ても20代)、この方がイマドキびっくりするような純粋無垢なキャラsign03 しゃべっていてもほわ〜んとしていて、どこか世間ズレしている。まったく世の中の垢にまみれていない自分とは正反対のキャラに素直に惹かれてしまったのだshine

ところが既に書家となって10年、詩人でもあるという才能。小柄できゃしゃなカラダなのに、なんとギネスに申請しようかというくらい、1kmにわたる大作を書いてしまうという人なのだ。どこからそんなエネルギーが出て来るのか、私は俄然興味を持ってしまった。

で、そんなお方に習うなどと恐れ多いのだが、とにかくそんな興味もあって書に挑戦した。
好きな字を書いてくださいねと言われたので、私は自分の名前にも関連する好きなコトバの「縁」という字を題材にした。ちょっとアートっぽい字を教わって、上手くできたら額に入れて飾りたいなぐらいに思っていた。

ところがいざ始まると、そんな考えは瞬間吹っ飛びましたdash

Kちゃんは自分の趣味から「海旅」というコトバを選んだのだが、私もKちゃんもいざ筆を握ると、「縁」や「海旅」という書き慣れた漢字さえ、え?こんな字だっけ?と急に不安になって書けなくなるのだ。

しかもちょ〜ヘタ

最初はお手本なしで書かされるのだが、その字がこれまでの人生を全否定したくなるくらいヘタクソな字。そんな小学生が書いたような笑ってしまう字を、先生が筆使いの起承転結のハナシやら、文字のバランスのハナシをしながらやさしく朱を入れて直してくれる。

たった1文字なんだけど、何度書いても思うように書けない。ハッキリ言って私は書を侮りすぎていたshock 基本すらできないのに、とてもアートどころではない。Kちゃんはいつのまにか二文字も書く余裕がなく「海」だけを練習していた。

小さい頃お習字を習っていたが、オトナになって取り組んでみると、その感覚は全然違ってなんと奥の深いことsign01 それは完全に美学を追究するアートの世界という感じがした。

でも人間誰しも進歩するように、書いていくうちにちょっとずつ上手になっていく。

最初に書いた字から見れば、先生の指導の下、短時間で相当上達する。そんな小さな達成感もうれしいのだが、何よりも書いていると心が落ち着いてきて、いつも使わない神経を働かせていることがとてもキモチよかった。

わずか1時間半ほどだったけど、やってみて良かったな〜

というのが私とKちゃんの一致した感想。
せっかく漢字の国に生まれ、美しい言語を持つ民族なのだから、日本人としてそれをちゃんと身につけたいな〜と思った。

私が書いた字じゃないけど、こういうのも本当に縁だなと思う。
翼沙先生とも、書とも、このたびのご縁を大切にしたいなと思った体験講座でしたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不況の波、円高の煽り

週末千葉に住んでるMちゃんが帰京し久しぶりに会った。
開口一番、不況の煽りで勤めていた会社(外資の日本支社)が閉鎖となり、なんと突然無職になったという。

4月まで失業保険もらえるし、しばらくのんびりするね〜んnote

会社都合での失業なので、保険がすぐもらえるらしい。スポーツジム通いやら海外旅行やら、ここぞとばかりにはじけているMちゃんには、思い詰めた様子は一切ない。その証拠に会社を辞めて既に2,3㎏は太ったらしいpig

しかしトップセールスマンのダンナさんがいるからノーテンキに構えていられるものの、そんな優秀なダンナもいなければ、コトはかなり深刻だと思う。自分が長年勤めていた会社から、ホームレス中学生の田村君のように、ある日突然

「解散sign03

って言われるのってやっぱキツイ・・・coldsweats01
もう若くはない年齢で職探しをして仕事を得るのも大変だし、新しい職場に慣れて一から人間関係を創っていくのもかなりエネルギーがいる。第一ずっとその会社に勤めることが人生設計にあったとしたら、大幅な方向転換を迫られる。

今日当たり前の生活をしていても、明日どうなるかはわからないsweat01

すすむ円高、世界的な不況。バブル後、株価が最安値を記録した今日、そんな不況の風がじわじわ〜っと忍び寄ってくる気配を感じる。ま、私の場合その前から不況の風が吹き荒れる中で踊っているが…typhoon

だけどちょっと楽しみなのは円高の影響でワインの値段が下がるのと、海外旅行が安くなること。来年の1月あたりからはサーチャージも随分安くなるらしい。

チャンスタイムsign01

この先どんな暗黒時代が待っているかしれないのだから、今のうちにワインと海外旅行ぐらい、ささやかな恩恵を被りたいものだ。

昨日、突如壊れたパソコン。半日憂鬱な気持ちだったのだが、もしかしたら買い替えもこの時期なら安く購入できんのかもしれん、と少しは期待してみる…

頼むで〜、円高moneybagyen

P1010015

可愛い親子を見つけました。

サブプライムローンも、
株式暴落も、
ワタシらな〜んも関係ないし〜sign01

よっこいしょっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堺たびと

いきなり取材で大阪の堺へ飛んでいた私。

はじめて来た街だが、なんか都会やな~って印象。やっぱり京都周辺にいると、大阪や東京に出た時に町の規模に驚くbuilding

そして相変わらず方向音痴なので、電車の乗り場を換える度に人に聞き、目的地へ向かう前に観光案内所で行き先を確認してなんとかたどり着く。この日ももうちょっとで和歌山の方へ行く電車に乗りそうになっていたsweat01

危ない、危ないcoldsweats01

そしてこれまた私の“おかしな取り得”で、方向音痴なのにどこへ行ってもすぐ人に道を聞かれる。この日も初めて訪れた街というのに、向こうから歩いてきたお弁当屋のおばちゃんに、「ファインデザインていう会社てどこやろ?」と聞かれてた。

「知らんsign03」ちゅーに。

と叫びたかったが、地図もって歩いてるのに、それでも道聞かれるという宿命があまりにも可笑しくて、一緒に探してあげた。結局見つからなかったけど・・・coldsweats01

おばちゃんは出前のお弁当を下げてとぼとぼと店へ戻っていった・・・。

堺は駅を降り立つと大きなターミナルがあり、街を歩いていても近代的なビルが並んでいる都会的な町なのだが、意外性も潜んでいる。

駅から10分ほど歩いたら、もうそこには海があるのだ。そういえば堺は大阪湾に面しており、かつて堺商人が南蛮貿易で栄えたところである。

でも海辺の町って、潮の香りがしたり、港のタワーなどが見えてたり、もうちょっとそんな気配があると思うのだが、この街はそれが一切感じられない。いきなり海に遭遇するという感じ。ま、今は漁港でもなく、南蛮貿易もしてないだろうから、この街の人々にも海辺という意識はあまりなさそうだ。

そしてもうひとつの意外性は、こんな都会にチンチン電車が走っているということtrain

なんでも大阪で唯一のチンチン電車らしく、天王寺から堺を結んでるそう。びっくりするほど可愛らしい駅で、歩かない京都人も驚きの駅間の近さsign01

だけどびゅんびゅん車が行きかう中で、ゴットンゴットンと路面電車が走る姿はなんともほのぼのとしている。もうすっかり街の風景に馴染んでいた。

しかし驚くことにこの電車、貸切ができるという。

電車を貸しきって、パーティーや同窓会を開くことができるのだ。お座敷列車と化した電車に揺られながらの宴。地元の人にしたらたまらんノスタルジーなのかも・・・。うぅ~ん、私はちょっとご勘弁って感じやけど・・・。

でもどんな風にして飲み食いするんやろ!?

ビールこぼれるちゅ~ねんsweat01

Dsc_0052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しあわせのサバコース

秋はおいしいものがいぱいsmile

魚ではサンマ、サバが美味いsign03

なんといってもサンマもサバも塩焼きが美味い!
しかしウチでは、母がサバを塩焼きにしてさらに煮るという『焼き煮付け』なるものを作っていた。これが、

デラうまheart04


P1010005


道理にもかなっているようで、先に焼いて旨味をとじこめたサバからはええ出汁がでるんだそう。それを昆布出しと醤油、みりん、砂糖、お酒、しょうが2かけを入れて15分くらい弱火でぐつぐつ煮る。

で、一晩おいたりするとさらに美味い。
これで新米のごはんをいただくと、もう男並みのかきこみようdash

そしてさらにさらに、私はサバの旨味と昆布のグルタミン酸が結びつき、超ウマダシが出た煮汁を捨てるに忍びなく、炊き込みご飯にしてみた。昆布ごと煮汁を炊飯器にセットし少し水とお酒を足して、具材にはごぼうとお揚げとしめじをいれてスウィッチONsign01 

すると・・・

P1010011_2

このように炊き込みご飯と化すのであった。

サバの香りがほのかにして、魚の煮汁だからちょっと甘め。だけど濃くはなく、いつもの炊き込みご飯とはちょっと違って、海辺の民宿で食べるような味わいでしたdelicious


焼いて、煮て、炊き込んで・・・

こうして私はサバを余すことなく堪能したのでありましたscissorsfish

サバもシアワセもんですわheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔のアナタ

使わないマウスやら壊れた電卓やら、昔の携帯なんかも入っている、よーするに廃品置き場的引き出し(なら、早く処分しろよって感じですが)から、昔の写真が出てきた。ちょうど代理店でアルバイトしてる頃、まだ20代の私はもちろん明らかに若いが、明らかに・・・


アホそうな顔をしている・・・


いや、実際アホだったと思う。ま、時代もノーテンキだったとは思うが、いかにもなんも考えておらず、薄っぺらい人間性が透けて見えるようなその顔を見て私は1人赤面した・・・sweat01 

自分で言うのも何だが、今の方が絶対いいと思う。

美しいかどうかという点はおいといて、数々の苦労や恥を乗り越えて多少なりとも「研ぎ澄まされた感」が出たように思う。賢くなったとは言えないが、場数を踏んだ分、多少の知恵はついたとは言えるかもしれない。

そ〜か〜?

という声も聞かれるかもしれないがcoldsweats01、若い頃の写真と比べてみるときっと頷く人は多いだろう。人生を長く続けていれば、それなりに鍛えられた顔になっていくのだろうと思う。

逆に言うと、「え?これ誰?」って言うくらい、若い頃に光り輝いていた面影を残念ながら現在にまったく引き継いでいない人もいる。そんな人に出会うと、結構哀しいものがあるが・・・

デビュー当時から明らかに手を加えている芸能人は別として、人の顔ってその人の人生によって変わるものなんだな〜とつくづく思った。自分の顔って人生を映す鏡のようなものだ。ラクして生きてばかりはいられない。

そういえばこの間TVでチラッと、北京五輪銅メダリストの朝原選手のドキュメンタリーを見たら、朝原選手の若かりし頃の写真が出ていて、これにも私はビックリしたsign01 

だって年取った今の方が断然いいんだもん。

若い頃は全体に細くて青々しくて、髪型なんかも流行っぽくカットして、ハッキリ言ってキモいgawk軟派風にも、体育会系にもふりきれない、ただの中途半端な男にしか見えなかった。

しかしその後に映った現在の姿は、男の魅力が凝縮されているようだった。体格は明らかに逞しくなり、引き締まった顔立ちにその道を極めてきた年輪が刻まれている。も〜、ゼンゼン今の方がイイ男heart04

それで思い出したけど、今40代女性の憧れshineあの清原選手の奥様、モデルの清原亜希さんも、かつて10代の頃はアイドルユニットを組んでいたそうな・・・

私的には割とショックかも・・・
だってなんか急に俗なイメージに思えてきた気がする・・・。

工藤静香とあともう1人の女の子と映っていたジャケット写真。私が見た時の記憶ではそこに映っていた清原亜希さんは、さほど可愛くもきれいでもなく、今からは想像できないほど華がなかった。YouTubeでそのユニットが歌っている動画を見た時は、やっぱり見ない方が良かったという気がした・・・

たぶん売れなかったから解散したんだろうが、その時の地味めの女の子が今こんなに美しくなり、一世を風靡するモデルであり超有名スポーツ選手の奥さんになるとは一体誰が想像しただろう・・・

人生って、大バクチ・・・bomb

なんてことを書いていてふと見上げると、デスクの前に貼ってあるいろいろな写真が目に入った。その1枚、何年か前に誰かの誕生日に撮った写真にはたくさんの焼酎を並べてピースサインをしているSちゃんとAちゃんがいた。


明らかに今と違う・・・


年をとったのは当たり前だが、彼女らは1周りか2周り大きくなっていた・・・


人生って、膨張する宇宙・・・sign02

smile

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大阪のポルトガル

今、一番行ってみたい国といえば、ポルトガル。

しかし私が唯一知ってるポルトガル語は「ポロ」「ガンブーリ」。
CA時代に、ポルトガル人の団体客にサービスしたことがあって、その時の食事のチョイスがチキン(ポロ)と海老(ガンブーリ)だったのだ(笑)。その頃はまったく英語が通じないで苦労した記憶があるくらいで、ポルトガルに特に思い入れがあるわけではなかった。

それでもなぜか年々この国に惹かれる。

「ここに地終わり、海始まる」というヨーロッパ最西端にある碑は有名だけど、壇一雄がすごく愛した土地でも知られている。彼の本によると特に食べ物が美味しそうなのだ。行きたいな〜、食べたいな〜と思っていたら、ポルトガル料理を取材する仕事が舞い込んだ。

やったsign03

大阪の淀屋橋にあるポルトガル料理の店「ポルトガリア」
なかなか大阪では有名な店みたいで、もちろん店主もシェフもポルトガルの人。特に日本人向けにアレンジしてるわけじゃないけど、ふんだんな魚介類の料理、お米や豆の料理、そして素材を活かしたシンプルな味付けが、日本人の口に合うようだ。

その時出してくれた料理は、伝統的な料理でお店の一番人気の「海の幸のカタプラーナ」。ムール貝やアサリ、タコ、イカ、鱸などをオリーブオイルやパプリカで味付けただけの蒸し焼き鍋料理。これは独特の銅のお鍋で調理されて、テーブルで鍋のまま取り分けて食べるのだが、この銅のお鍋がインパクトあり!ぜひひとつ家にも欲しいくらい、使いでのありそうな鍋だった。若摘み葡萄を使った微炭酸のポルトガルワイン「ヴィーニョ・ヴェルデ」も美味そうだったlovely

P1010002

料理写真は撮るヒマがなかったので、デザートのショーケースを載せておこう。
カステラの原型と言われる、パンデ・ロー(でもカステラとは似ても似つかない)っていうのやお米のプディング、焼きりんごのなど、素朴でボリュームのあるデザートはあまり日本では見られないものが多い。

残念ながら、写真撮ったらすぐに料理もワインも下げられてしまった・・・coldsweats01

あ〜、早くプライベートで訪れてみたいhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割烹「吉膳」

P1010017_5P1010024

これはこの間のお誕生日ディナー。

誰も作ってくれないので自分で作ったが、シャンパンとワイン、夕張メロン、ケーキはAちゃんの超気前いいプレゼントsign01 いつもありがと〜happy02

で、メニューは、小あじの南蛮漬け、アスパラの豚バラ巻き、生ハムメロン、お揚げと水菜のサラダ、切り干し大根などなど、そしてフライパンでできるパエリアで締め。大したものは作ってないが、やっぱり家ゴハンっておいしいdelicious自分で言うのもなんですが・・・


しかししかし、その後久々にうまい和食をご馳走してもらった・・・sign03


祇園にある割烹「吉膳」

P1010033

ご主人1人でやってるカウンターだけのお店で、おまかせのコースしかないのだが、ちょこちょこと小さい料理がいくつも出てくる。女子が大好きなパターンheart04 柚子風味の蕪にウニをのっけたスターターに始まり、カマスのサラダ風のお造りから里芋と葉ボタンを蒸し上げてあんかけにしたものとか、創意工夫の料理が次々と出てくる。

きちんと基本をふまえていながら、ご主人のセンスがあふれた創作料理がホント食べる人の期待を裏切らない。最近行った和のお店で、久々のヒットという感じshine 

そして座ったまんまで、次々と料理が出てくるのってやっぱしあわせ〜

隣のお客さんは東京から来たって言ってはった。その向こうの女性二人連れは九州の訛りがあった。結構観光ガイドとかに載ってる店なのかもしれない。でも隣のフルムーン夫婦も

「東京からわざわざ来た甲斐がありました」って言ってた。

大人が納得できる店なんだと思う。

そうそうこのお店はもうすぐ石塀小路にちょっと大きくなってリニューアルオープンするらしい。きっとカウンター8席ではとてもお客さんが収容できないのだろう…。

ま〜、京都にも色々店があるが、なかなか「きた〜〜〜sign01」ってとこは少ない。割烹「吉膳」は間違いなく納得できる名店のリスト入りです!

新しい店舗も楽しみだな〜smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナナ品薄

スーパーに行ったら、正面の棚にまだ青~いバナナがこれみよがしに並べられてて、貼り紙がされていた。

売れ過ぎて品薄状態なんだとか。

原因はもちろんバナナダイエットである。

芸能人が試みてすぐに痩せたことがテレビで流れ、さらにブームに火をつけたようだ。

だけど、

アタシ、

やってみましたけど、

ぜ~んぜん痩せませんsign03

本当に朝起きて昼食までバナナと水しか口にせず、2ヶ月がんばったけど、痩せるどころかむしろ太ったjくらいpig 辞めてからやっと元に戻ったって感じ。

バナナと水だけだとものすご~いお腹が空いて、胃カラッポ状態でお昼にど~んと食べるから(だって朝バナナ以外は何食べてもいいらしいから)、食べたものが全部吸収されるからではないかと本人は分析している。

基本的に、

朝にハングリーさを味わうことに違和感がある。

朝だと1日の労働でカロリーが消費されるから、朝こそ食べて夜控えるというのがダイエットのセオリーだと思うのだが、未だに朝バナナがなぜ痩せるか理論的に理解できないでいる。

それにしても、

日本人の飛びつきようというのは凄まじいものがある。

「あるある大辞典」でも、納豆がいいと言ったら翌日は納豆が売り切れてるし、朝バナナダイエットが効くと聞いたら、スーパーの棚から黄色いバナナがなくなるほど買い占めるという・・・

ある意味、恐ろしい国民性だ。

で、効かない、嘘だ、となると、今度は一斉に総すかんimpact

朝バナナダイエットも、直に収束するだろう・・・。

今度はどんなブームがくるのか。

やっぱ平和な証拠なんだろうな・・・日本はconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »