« バースデーコール | トップページ | バナナ品薄 »

ちょいワル尼僧

こないだ新聞に載ってたけど、瀬戸内寂聴ってえらいな~と思う。

あれほどの作家でありながら、携帯小説にチャレンジするなんて・・・shine

しかも名前を隠してパープルというペンネームをつけ、女子高生相手の携帯小説市場に切り込んでいくなんて、スゴイsign01

何がエライって、それで40,000アクセスもあったこともすごいけど、

「私は高名な作家よ!携帯小説みたいな子供魂な小説にかかずらわっていられますかいな」

と言って一蹴しないことがすごい。しかも御年86歳sign01

孫よりも若い女子高世代とのギャップは想像に絶するし、文学という立場にいる人が携帯小説を書くのも相当なギャップがあったはずだ。

なのに、「若い人達が夢中になってるものを頭から反対するのはいやなの」と言って自分で書いてしまう心意気は天晴れとしかいいようがない。で、携帯小説という新しい試みにとてもワクワクしたという・・・。この方にとって、「老い」や「歳」は何の足かせでもないのだろう。

つくづく思ったのは、バカの壁じゃないけど、普段私達は知らず知らずのうちに自分をすぐ限定してしまってるんだな~ってこと。

こんなことはやったことがないからできない、とか

苦手なものは頭から受け付けない、とか

年齢のせいにして若い人と妙に距離を置きたがったり、とか

自分をできなくさせてるのは自分自身なんだなってことが、寂聴さんの姿を見ててよくわかった。あの方は若くてきれいな男の子も大好きなんだそうだheart04

文学者であろうが、仏の道に仕えるものであろうが、ぜひともこれからも、若々しい作品を生み出し、イケメンと浮名を流して欲しいものだ。

ちょいワルオヤジなんてもう古い。今、ちょいワル尼僧の方が断然インパクトありsign01smile

|

« バースデーコール | トップページ | バナナ品薄 »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/24130502

この記事へのトラックバック一覧です: ちょいワル尼僧:

« バースデーコール | トップページ | バナナ品薄 »