« モロヘイヤと手羽先のスープ | トップページ | テレビな生活 »

Reading Glasses

毎日平均12時間パソコンの前に座ってるような生活をしていると、急に目が怪しくなってきた。夜になって新聞や雑誌を読むのがつらい・・・。昨日は夜ご飯のタラの身をほぐすのさえ見づらかった。

ヤバ~~~wobbly

遂に老眼の仲間入りだ。私の場合毎日目を酷使しているので、それは時間の問題だと思っていた。それを恐れて毎日ブルーベリーアイを飲んでいたのだが、アントシアニンもその勢いを抑えられなくなったようだ。

映画「Sex & The City」の中にこんなシーンがあって印象に残った。

夜ベッドで寝る前に読書しているビッグの隣にキャリーも並ぶ。キャリーが本を朗読し始める時ひょいとビッグの眼鏡を拝借する。つまり2人が既に「Reading Glasses」の年代であることを表している。30代で始まったこのドラマも、今はキャリーもシャーロットもミランダも40代。サマンサはもう50歳という設定だ。美しくファッショナブルだけど、チラリとそんなシーンがあると同世代としてはきゅっと胸が痛む。

でもあのシーンが印象的だったのはそれだけじゃない。キャリーは寝るときもシルクっぽいキャミの上から長いパールのネックレスをしていた。「Reading Glasses」となっても、少しも衰えない女としての意識、どんな時も忘れないおしゃれ魂、みたいなものも象徴してるように思えた。

ま、現実的にはあんなものして寝たら痛いし、パールも傷めてしまうが・・・。

いくら若く見せてても、会議などで資料を見る時ふっと眼鏡をかけたりするととたんに歳がバレる。老眼ってなんか老いのシンボルのように思っていたが、なってしまえば思ったよりも淡々としたものだ。

だって仕方ないじゃん、そんな歳なんだもんsweat01

で、これは決してあきらめではなく、肯定なのだ。認めたくないけどやっぱり自分の歳を認めて歳相応の女として勝負したいと思ったりする。

そして来月、私はまたひとつ歳を重ねる・・・crying

|

« モロヘイヤと手羽先のスープ | トップページ | テレビな生活 »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/23375335

この記事へのトラックバック一覧です: Reading Glasses:

» プリズナー№6 [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
国家の最高機密にかかわっていた主人公が、組織を辞めようとしたが捕えられ、知らない場所に幽閉されてしまう。 そこは村と呼ばれ、人々は名前を持たず番号で呼ばれるのであった。 彼に与えられた番号は「No.6」。 [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 11時36分

» おしゃれ通販日記 [おしゃれ通販日記]
おしゃれが楽しめる秋がもうすぐそこまで来てます食べること・おしゃれが大好きな私にとっては寒い季節が楽しみです。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 11時11分

« モロヘイヤと手羽先のスープ | トップページ | テレビな生活 »