« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

オーストラリア帰りのAちゃんがお土産にワインを持ってくるwine
というので今晩はワインに合うメニューという構成で(ま、いつもそうだがこの日は特に)、料理に腕をふるった。

・トマト&モッツァレラ
・スモークサーモンのディップ
・枝豆とあなごのゼリー寄せ
・タコとゴーヤの中華風サラダ
・かぼちゃのサラダ
・牛もも肉のソテー夏野菜和え

トマトやら、ゴーヤやら、枝豆やら・・・この頃この人達に料理をつくるとなると、やたら野菜中心のメニューになる。お肉も低脂肪の牛もも肉を使ってしかも、野菜と一緒に食べるメニューにしている。旬の野菜をふんだんに使って季節感を出しつつも、栄養を摂らせようという親心が最近どうも芽生えてくるのだ。

「ひゃ〜、日頃の野菜不足を解消しようhappy02

とSちゃんが言うと、「しっかり食べていきなさい」と取り皿にごっそり野菜をよそってやる。彼女らがおいしそうな顔をしてあれやこれやの野菜をしっかりと口に運ぶのをいつの間にか私は満足そうに見守っている・・・confident

野菜料理というのは結構面倒くさいのだ。サラダにしても、小学生の家庭科ではないのでレタスときゅうりとトマトを切って出すわけにはいかない。トマトをいちいち湯むきして刻んだり、ゴーヤのワタを取り除いてさっと塩ゆでしたり、蒸し暑い季節に野菜の煮込みなどではゲンナリするので、ゼリーに寄せて夏らしい演出をしてみたりもする。

しかしこうしたひと手間を惜しまず、おいしそうなメニューに生まれ変わった料理を並べてシャッターを切る瞬間も私の密かな楽しみでもあるcamera

P1010061


P1010062_2
Aちゃんが買ってきてくれた、オーストラリア名物の珍しい赤のスパークリングワイン。
どんな味かと飲んでみたが、酒飲みの私達にはちと甘すぎた。まるでカシスソーダのよう。
でも赤ワインがシュワシュワした感覚は新鮮で、食前酒ぽくおいしくいただけた。

続いてふくよかな味わいの赤ワインもいただき、かねがねオーストラリアワイン:SHIRAZには高い評価をおいていた私は大満足なのであった。

たっぷりの野菜と少々のお肉、それにおいしいワイン
この取り合わせは当分私達のシアワセ方程式になりそうである。
あ、でも一口もお酒を飲まないAちゃんの場合、ワインがスイーツに入れ替わる。
Aちゃん、いつもありがとうsign01 酔っぱらいもしないのに、くれてやるばかりで・・・

ごっつぁんですbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その気にさせないで

梅雨もまだ終わらないというのに、世の中はバーゲンで熱い・・・sun
先週末ぐらいからネットのファッションサイトではプレセールが始まり、スタート当日はみんながみんな殺到するものだから、ほとんどアクセスできなかった・・・dash

今週末からは百貨店やファッションビルなどでもバーゲンがスタートする。

昔は8月に入ってからバーゲンがあったものだが、それが7月となり、今は6月スタート。こんなに早く値下げしちまって大丈夫なんだろうかと思うが、バーゲンをするとバーゲン品はもちろん、プロパーも動くので、かなりの売り上げになるそうだ。そういえばバーゲン目指して買い物に行っても、気に入るものがなくて結局「セール対象外」とついたものを買って帰ってくることもよくある。

要はその気にさせることが大事なのだlovely

みんながわ〜っと集まるバーゲンというのは、自ずと戦闘意識が芽生えるもの。狙っているものは別にあっても、人が群がるワゴンにはつい手を出さずにはいられないし、紙袋を抱えて出てくる人を何人か見かけると、アセったように大股になって店へ入っていったりするrun

こういう意識が芽生えそうもないWebサイトでも、「のこりわずか」という文言にはついついその気にさせられる。気に入ってるけどどうしようかなと迷っている時でも、その商品が「のこりわずか」だったりすると気持ちが限りなく「買い」に近づく。しかしこの「のこりわずか」って2,3枚なのか、10枚ぐらいなのか一体どれくらいの量を指すのかは疑問である。自分がアセッて買った後でも随分長く「のこりわずか」の表示が出ていたりすると、なんか騙されたような気持ちになる・・・coldsweats01

いつになったらまんまとのせられずに冷静に買い物ができるのだろうか。
とりあえず今年のバーゲンは手堅く、財布の紐を締めて臨むことにしているmoneybag


| | コメント (0) | トラックバック (1)

雲間

Dsc_0237

梅雨だから当たり前なのだが、ここのところスッキリしない天気が続いている・・・sprinkle
天気同様私の心もスッキリせず、ささやかな癒しに紫陽花を飾ってみた。今紫陽花が満開のウチの庭。一番きれいに咲いているのを切ろうとしたら、葉っぱでカタツムリが休んでいたsnail

あ、失礼coldsweats01

ジメジメした鬱陶しい梅雨も、カタツムリにとってはブラボーheart04な季節なのだろう・・・。シアワセを実感しているカタツムリを邪魔するつもりはない。

写真もこういうどんよりと曇った日にきれいに撮れる。
カンカラカンの晴れの日は抜けすぎるし、影がはっきりついてしまう。写真自体に趣がなくなってしまって色気のないものになる・・・。

太陽を遮るこんな日だから、庭の草むしりでもしようかと思える・・・。

毎日周回してくるネコも、曇り空の中、穏やかな顔で縄張りパトロールを敢行している。


「美人の日本語」という本に、「雲間:くもま」というコトバを見つけた。
味わい深い季節のコトバや、感性に響くコトバがセンス良くまとめられた、タイトル通りの美人なコトバ集である。

雲間の太陽、雲間の青空、雲間の月など、雲間からはいろいろなものがのぞき、雲が演出してくれるいろいろなシーンがある。雲がなければ、空は退屈なものになってしまうでしょう。

どんよりとした雲が空を覆う季節ですが、雲があってこそ美しく感じられる風景もたくさんあるのです。

心が曇った時は、曇り空を眺めるような気持ちで、変わりゆく景色を見つめてみませんか。
雲は絶えず流れています・・・。

曇り空がくれた小さな発見でした・・・cloud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロークバックマウンテン

どうも仕事のやる気が出ないという時がある。そんな日、私は仕事を早々に放り出してCSで映画を観た。たまたまやっていた映画が

「ブロークバックマウンテン」

数々の賞も取って評判だったとは聞いていたが、これがなかなかよさげな映画だったのだ・・・sign03 「よさげ」という微妙な言い方しかできないのが残念なのだが・・・sweat01

羊飼いの季節労働として雇われた男二人が、数ヶ月にわたって共に旅をしながらいつしか純粋な愛情を抱いていき、その後20年に及んでその関係を育んでいくというストーリー。

ワイオミング州のブロークバックマウンテンの美しい自然と、カウボーイの男たち。めっちゃアメリカンな映画なのだが、テーマは非常にユニバーサル。男同士が結ばれるというのは普通でない気がするが、この映画ではごく自然な恋愛のように思える。どちらも特にホモセクシャルだったわけではなく、単に心を通い合わせた相手が男だったという感じ・・・。

つきつめれば、男も女もないのかもしれない・・・。

新撰組だって、最澄や空海の時代の僧侶だって、皆男同士で愛し合ったという。同じ目的を共有するもの、同じ敵に立ち向かうものなど、特に同士という関係においてはそういう愛情が芽生えることもごく自然なことなのかもしれない。今でこそタブー視されているが、人間として愛情を抱く気持に男も女もないのかもしれないのだな・・・なんて思いつつ、すばらしい映画に見入っていると、

折からの雨が激しくなってきた・・・rain

CSは悪天候になると、受信できなくなることがある。きつい雨とか、ふりしきる雪とかになるとアンテナの受信状態が悪くなり、画像が受信できなくなる。ちょうど映画のラスト30分というところで、豪雨によって度々映像が途切れ始めた・・・。

「ただいま受信できません」の画面が出たままイライラする私。

次に映像が現れた時には主人公の1人がが死んでいた・・・。

え~~~sign02 な、なんでsweat01

前後のストーリーもつながらず、この後はもう途切れ途切れで、とても集中して観ていられない。しばらく経って観てみたら、もう別の映画情報番組に変わっていた・・・。

結局最後どーなったのか、どんなクライマックスを迎えたのか、謎のまま終わってしまって、ものすご~く後味がわるい・・・gawk せっかくいい映画だったのに、最後まで見てないので“よさげ”としか言いようがない・・・。

やっぱり仕事をサボって映画など観るべきではないのかもしれない。久々に心に響く映画だったのに、ラスト30分をお預けにされた気持悪い感覚・・・・

今夜も飲み過ぎそうである・・・happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな幸せ

打ち合わせの後、耳鼻科まで少し時間ができたので通りすがりの100円ショップに立ち寄った。

目的もなしに入ったのに、見出すと真剣になってしまい、買うわ買うわ・・・「こんなものまで100円なのsign02」という商品もあり、

「あの・・これも100円ですか?」

思わず店員さんに確かめて、私はここへ来るといつも聞いてるなと思う・・・。あまり来ないから、100円ショップの定義が未だ認識できていない・・・chick

結局プランター、アイロンシート、液体ボトル、アロエ軽石などなど、合計約20点ぐらい購入してしまったmoneybag

そして100円ショップのちまちました便利グッズによって、これまで味わっていた日常の小さな不満や面倒が解消される・・・confident

例えばキッチンに付ける輪ゴムホルダーとか、マットの下に置く滑り止めシートとか、いつもべとべとになって閉口していたグリルの漬け置き用洗剤とか・・・。

どーでもいいと言えばどーでもいいが、ほんの些細な不満が改善されるというのはちょっと幸せなことでもあると思うheart04

そんな小さなことで幸せになるアタシって、いい人〜capricornus

なんて言いたくなるが、私はちっぽけな幸せをおろそかにしないことから大きな幸せは始まると思っている(ちなみに、今日思ったとこなのだが)。こうしたものは2,3回使うと使用感などすぐに忘れてしまうのは目に見えている。しかし購入時には例えば輪ゴムホルダーをペタリと付けて、ホルダーから輪ゴムを取り出すシュミレーションをやってみて、

「あら、取りやすいわ、便利になったわ」とちょっとだけワクワクする気持ち・・・。

「他にワクワクすることないのかよ」と言う声も聞こえてきそうだが、かもしれん。ワクワク絶対値が全般に低下しているのかもしれない、であるからこそ、ほんの小さなワクワク感、「別に〜」とエリカ様風に見逃すよりも、「お、いいね〜」と思える人でありたい、

そんな気がする100円ショップの帰り道でした・・・car

ちなみにラップが要らない、シリコンのらくらくラップ、
お皿のカタチを選ばない、って書いてあったのに、ウチにあるお皿のどれにもあわへん〜sweat01
大小つも買ったのに・・・sad

小さな幸せもあれば、小さな哀しみもあるのです・・・catface


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノンアルコール住民

最近はゴミの分別がいろいろと複雑で、第一月曜がプラスチックとか、第三木曜がペットボトルとか、なかなか覚えられない。種類がたくさん分かれているために、1アイテムにつき回収される頻度が少なくなったものもある・・・gawk

例えばカンとビンは月1回。

以前は月2回の回収日があったのに、月1回になってこの辺りの人は不自由に感じないのだろうか・・・sign02

と思っているのは私だけで、月1回のビン回収日、空のワインボトルでいっぱいの重たいゴミ袋を二袋も抱えて出しているのは私ぐらいで、今日も私以外に置かれていたのは小さな袋がひとつだけ。中にはコーヒー瓶やら調味料の瓶やらの小物の瓶が入っている・・・。

なんか一人でゴミ噴出させてるようで、引け目を感じてしまう・・・coldsweats01

カンの日だって、ビールの缶で一杯になったゴミ袋なんて、ウチ以外だ〜れも出していないsweat01
いくつか置いてあるゴミ袋の中は、キャットフードとか炭酸飲料水などが入っている・・・。

20数軒はある、この辺りの人はどうもノンアルコール住民のようだ・・・wineng

なんかそれを知って、敵に囲まれているような気がしてしまう・・・bomb

ゴミ置き場は家から100mほどのところにあるのだが、いつの間にか私は、わずか100m足らずの距離を「ご近所の人に会いませんように」と呪文をとなえて歩いていた・・・。

こうワインも、ビールも必要としない近隣住民に囲まれていると、ビンとカンの回収日もいつか2ヵ月に1度にされるのではないかと思う・・・wobbly

ご近所の皆さん、どーか、温かい目で「酒飲み」を見守っていただきたいsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オトちゃんです!

P1010018


オトちゃんですsign01

ジャック・ラッセル・テリア、女子、
もう中年と呼ばれる年齢にさしかかりました。

本来獲物を追いかけて、ぎゃんぎゃん吠える犬種ですが、
ワタシに限ってはそーでもありません。

ご覧の通り、ちょっと気弱・・・sweat01
すぐお腹を見せてコーサンしますdog


P1010025


オトちゃんですsign01

最近ペットブログが流行ってるそうですが、
ワタシにはそんなデビューあり得ません・・・。

だってウチの飼い主はそんなマメなことしないし、
ウチにいる時は酔っぱらってるか、寝てるかだから・・・sleepy

ま、ワタシには興味ないからいいけど、ブログなんて。
ワタシの興味はボール投げ、ただそれだけ・・・sign03

いつ、どんな時でも、「ボール」と言われれば、
全身、喜びで震えてしまいますheart02

P1010034

オトちゃんですsign01

は〜っっdash

お泊まりも疲れました・・・
やっぱ枕が変わると、イマイチ寝付きが悪いんですよね〜

結構、気を遣うんですよ、これでも。
テキトーにお愛想もふりまかないといけませんし、
ウチみたいに好き放題はできませんしね〜

でもま、ボール投げもしてくれたことだし、
ここんちのヒト、イヌを亡くしてちょっと淋しいらしいんですよ。

ワタシも知ってるけど、
ちょっとずうずうしい、あんまりタイプではなかったでしたねdownwardright
ワタシにしたら、ちょっと毛深すぎ・・・

P1010036_2


オトちゃんですsign01

じゃ、こんなところで失礼します。
どっこいしょっとsign01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

原因はダニだった・・・!

スギ、ヒノキの花粉はとっくに終わったというのに、一向によくならない私のアレルギー性鼻炎。スギだ、ヒノキだ、ブタクサだと、季節の植物ばかりが要因だと思っていたら、アレルギー性鼻炎の8割は、

ダニに陽性反応を起こすのだそう・・・bearing

え~sign02

そんなにダニっているものなのかと思うと、ダニのいない家庭の方がまれらしく、つまりほとんどの人はダニと一緒に暮らしているのだそう。しかも刺したりする攻撃的なのはごく少数で、ほとんどは一見危害を加えないチリダニ類(死骸やフンがアレルゲンになる)なのだ。むしろ生きているダニが影響を与えるのではなく、こうした死骸やフンが微粉末状になって、吸い込んだり、傷口から吸収することで、体が反応するという・・・・shock

げ~~~~~っsign03

道理で、一向に良くならないはずである。

掃除機をかけて見た目はきれいになったように思えても、カーペットやふとんには大量のチリダニがいるのだそう!フローリングにはほとんど生息しないらしいが、絨毯なら、表面にいるダニの数は5,000~10,000!内部になるとなんと、100,000~2,000,000にもなるという・・・shock

もうほとんど気絶しそうである・・・wobbly

掃除機かけてもとれない、ふとんを干しても死滅する温度ではないらしい。

じゃ、どーしろってっつ~の!?このままダニの餌食となって鼻ズルズルで夜中に起こされなければならないのか・・・sign02

ポイントは湿度とカビ。

湿度50%以下でかなり死滅するらしいので、布団乾燥機や除湿機でドライな状態を保つしかない。

もちろん、犬や猫などのペットの毛もダメらしい。道理で昨日、夜中にひどいズルズル状態で目が覚めたのは、近所のSちゃんちの犬オトちゃんを預かっており、傍で寝ていたからだろう・・・

今日は頼むから、ベッドにこないで!オトちゃんbearing

| | コメント (1) | トラックバック (0)

原因はダニだった・・・!

スギ、ヒノキの花粉はとっくに終わったというのに、一向によくならない私のアレルギー性鼻炎。スギだ、ヒノキだ、ブタクサだと、季節の植物ばかりが要因だと思っていたら、アレルギー性鼻炎の8割は、

ダニに陽性反応を起こすのだそう・・・bearing

え~sign02

そんなにダニっているものなのかと思うと、ダニのいない家庭の方がまれらしく、つまりほとんどの人はダニと一緒に暮らしているのだそう。しかも刺したりする攻撃的なのはごく少数で、ほとんどは一見危害を加えないチリダニ類(死骸やフンがアレルゲンになる)なのだ。むしろ生きているダニが影響を与えるのではなく、こうした死骸やフンが微粉末状になって、吸い込んだり、傷口から吸収することで、体が反応するという・・・・shock

げ~~~~~っsign03

道理で、一向に良くならないはずである。

掃除機をかけて見た目はきれいになったように思えても、カーペットやふとんには大量のチリダニがいるのだそう!フローリングにはほとんど生息しないらしいが、絨毯なら、表面にいるダニの数は5,000~10,000!内部になるとなんと、100,000~2,000,000にもなるという・・・shock

もうほとんど気絶しそうである・・・wobbly

掃除機かけてもとれない、ふとんを干しても死滅する温度ではないらしい。

じゃ、どーしろってっつ~の!?このままダニの餌食となって鼻ズルズルで夜中に起こされなければならないのか・・・sign02

ポイントは湿度とカビ。

湿度50%以下でかなり死滅するらしいので、布団乾燥機や除湿機でドライな状態を保つしかない。

もちろん、犬や猫などのペットの毛もダメらしい。道理で昨日、夜中にひどいズルズル状態で目が覚めたのは、近所のSちゃんちの犬オトちゃんを預かっており、傍で寝ていたからだろう・・・

今日は頼むから、ベッドにこないで!オトちゃんbearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欲しい!整形外科枕

肩こりの原因は枕にある、というテレビ番組を見たtv

道理でflair

私は朝起きたときにすごく肩が凝っていることがたびたびあり、パソコンに向かって仕事をして肩こりの状態のまま寝て、起きたらさらに首が回らないくらいひどくなっているという状態はどう考えても寝ている姿勢に問題があるとしか思えないshock

私の枕は3つで、重ねて少し高めでふかふかした状態だ。

これがいけないらしいsweat01

同じ姿勢を続けていると体が痛くなるように、寝ている間、寝返りをせずにずっと同じ姿勢でいると同じポイントに負担がかかり、これが肩こりを引き起こすそう。つまりふかふかの枕だと頭が沈んでしまい、寝返りがうちにくい。

なるほど~catface

重さが8~10kgもある頭は首だけがささえている。頭の重さを取り除いてやるような、ちょうど寝た時に頭が後ろにも前にも傾きすぎない、まっすぐ水平になるくらいの高さの沈みすぎない枕が適切なんだそう。

肩こりの原因はほとんど首が原因らしく、いつも首が凝っている理由もこれで納得sign01

ためしに3つの枕をどけ、家にある低めの枕で試してみたら、なかなかいい感じで目覚めることができた。早速整形外科枕を購入しようと思うが・・・・

しかし整形外科枕というのは、機能のみで出来上がっているので愛想もくそもない。四角い、硬そうな座布団のようなカタチで、なんか可愛いカバーをしたところで到底映えそうもないdown

ま、肩こり解消と安眠のためには、んなこと言ってられまへんcoldsweats01

それにしても、外国映画に出てくるようなふかふかの枕やベッドで寝てる人たちって、相当体に負担かかってるんやろな~sleepy

| | コメント (1) | トラックバック (1)

運命の出会い

夕方、北山通りを車で走っているとrvcar
何気なく窓の外に目をやったとたん、歩道を歩いている姿に私は一瞬釘づけになったlovely

あ、あれはまさしく・・・・sign01

私は車を駐めて、バックミラーで確認した。
ヒゲづらの男の人と、とことこと歩いてくるあの顔、あの姿、あのキュートさ・・・heart04
いつもは下鴨本通りへ曲がるのに、なぜか今日に限って北山通りを直進して良かった〜とふと運命的なものを感じる。私は近づいて来るのを待って、男の人に思わずしゃべりかけた。

「あの、ポーリッシュ・・・」

「ええsign01

ポーリッシュ・ローランドシープドッグという名前がやたら長いので、男の人は最初のコトバだけを聞いてうなずいた。

「やっぱり〜heart01
 ウチも飼ってたんですよ〜dog

と、それからはまるで前からのお友達同士のようにうちとけてしまう、同犬種仲間。
そうです、ウチのダグちゃんと同じ犬だったのだ!なかなかいない種類なので、ってゆーかダグがいなくなってから初めて見た私は、思わず、迷わず、なぜさせてもらった。

ダグより一回りは小さく、黒みが少ない。
ポーリッシュ・ローランドシープドッグは白い毛にグレーがかった模様が入っているのが特徴だが、このワンちゃんは、ほとんど白くて手足の先や口元がちょっと茶色くなっている。しかしあの愛嬌たっぷりの「顔」はまさにダグと同じheart04 本来は顔周りも顔がふさふさしてるが、このコは夏用に短めにカットされていたのでダグと同じクリクリした目まではっきり認められた。

「ヒカル」って言うんですconfident

宇多田ヒカルのファンか何かだろうか、犬の名前を尋ねるとそう男の人が答えた。しかし「ヒカルちゃん」と言ってなでてやっても、私に飛びつこうとしたり、きょろきょろしたり、あっちこっちへリードを引っ張ったり、座っていたかと思うと急に二本足で立ち上がったり・・・あまり落ち着きがないようである。

「ヒカルちゃんは、ちょっと落ち着きないのかな〜?」

と言うと、ヒカルちゃんではなく男の人が「かなり」と答え、そんなことなかったですか〜?と返された。そういえばダグも若い頃は落ち着きがなかったかもしれない。元気いっぱいだったし、よくそこらへんの植木鉢やら何やらをなぎ倒して歩いていた。でも比較的

トテ〜っtaurus

としてたので(特に歳をとってからは)ヒカルちゃんのようにセコセコ動き回っているのを見ると、同じ犬種でもいろいろと性格が違うんだな〜と思った。
あっちゃこっちゃ向いてるヒカルちゃんをひとしきりなでさせてもらって、私は名残惜しくお礼を言って車に戻った。

う・・・・sweat02

ダグを思い出して目頭が熱くなるところをこらえて、ハンドルを握ったbearing
携帯で写真を撮らせてもらえばよかったとちょっと後悔したが、あの落ち着きなさではぶれてたかもcoldsweats01 ヒカルちゃんをなでた手に残った、ほんのりシャンプー香と混じった犬臭さが懐かしい・・・。

私は帰りにワインをしこたま買って帰った・・・。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

くちびるのホクロ

そういえば最近下唇にホクロができたなと思って、何の気なしにネットで調べてみたpc

よくホクロ占いで、目の下は泣きボクロとか、口の周りにあったら食べ物に困らないとか、だったら口の中にあったら、相当卑しい性格なんじゃないかと、そういう軽いノリで検索してみたのだが、そしたらトップで出てきたのは・・・

くちびるのホクロは、粘液貯留のう胞が考えられます。

って、え~~~sign02病気なん?それって

粘液貯留のう胞は、唾液腺の出口が外傷などでふさがったときに生じます。徐々に大きくなり、外傷の際に微小血管を損傷していれば,中心部が暗紫色に色素沈着します。外科的に切除するのが普通です。

直径2ミリにも満たないような小さなホクロというのに、つまり、くちびるに粘液が貯まっているっていうこと?食べ物にこまらへんホクロとか、どうもそーゆー問題じゃなさそうだ・・・coldsweats01

ホクロって皮膚がんとかの恐れもあるっていうし・・・

悪性腫瘍かどうかの特徴は、

1.ホクロの辺縁が不ぞろいで、左右対称に乏しい。周囲との境界がはっきりしない。

2.表面に隆起凹凸がある。

3.ホクロに濃淡がある。

4.急速に拡大して直径7ミリ以上ある。

これは1しかあてはまっていない。ま~悪性腫瘍ではないと思うけど、ほうっておいたらどーなるのかまでは書かれてなかった。でもこのままホクロが大きくなったら、最近のヌードな口紅ではまったくカバーできなくなる・・・sweat01

とりあえず口腔外科に行く必要はありそうだ。局部麻酔で簡単に切除できそうなことが書いてあったけど、そうなると時間の都合や気持の用意だっている。めんどくせ~bearing

今思い出したけど、金スマで芸能人を占っていた”新宿の母”が、誰だったか忘れたけど私のように唇の中にホクロある芸能人に向かって

唇にホクロあるヤツは、口が悪いんだよ~sign03

といかにも小憎らしそうに言っていた。

確かに・・・confident

早く手術してホクロを切除し、上品な女性に生まれ変わろうと思う・・・wink

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ガレ展

大阪のサントリーミュージアムで開催されている「エミール・ガレ展」に行ってきたsign01

美しいガラス工芸や陶芸家で有名なガレ。もともと家業でガラス製造を営んでいたが、世界に知らしめるようになったのは彼自身が生み出した数々の優れた作品の結果。特に当時のジャポニズムブームで、多くの芸術家と同じようにガレも日本のアートから強く影響を受けた。それがどのように彼の中で昇華されていったか、それがとてもよくわかる展示だった。

初期の頃は、はっきり言ってパクリdash

日本の蛙や鯉、植物の絵などのモチーフをそっくりそのまま絵付けや柄に反映されていて、今だったら確実に訴えられるであろう大胆な模写・模造。えせキティちゃんやドラえもんを集めて遊園地にした中国人と発想はほとんど変わらないcat

興味深いのは小学生が持っていそうな、虫や動物、植物などを線画で書いたモチーフ集のような北斎の画集が大層貴重な資料だったようで、初期のガレはここからそっくりそのまま絵を拝借し自分の作品に使っている。カットは日本の絵だが、侘び寂びのような美意識はないのでそれがフランス人らしい派手なデザインで取り入れられていく。

やがて日本のアートをまねするうちに、だんだんガレの中で彼なりの日本文化の消化が始まる。あからさまに模写することではなく、一歩つっこんで彼の作品にTranslateされるのだ。例えば茶の湯の世界で手元で茶碗を愛でるように、作品は大きな花器や坪から、茶碗や香水瓶のような小ぶりの作品へ移行したりする。「菊風」という深い紫に菊の幻影が施されたようなガラス茶碗は、この日私が最も魅かれた作品のひとつでもあった。

このあたりからガレは自分の世界を少しずつ拓いていく。

画のモチーフのひとつとして漢詩などの文字が取り入れられる日本アート。それまでヨーロッパには芸術品に文字を取り入れる習慣がなかったらしいが、ガレは文字や詩ごころを作品に取り入れる。トンボやこうもりなど西洋で嫌われる生き物も、積極的に取り入れるようになる。それは小さな虫や草花までを絵のモチーフにする、自然を慈しむ日本人のこころを深く理解するようになったからだ。特にトンボはほとんど彼のシンボルともなり、たくさんの味わい深いトンボ作品を遺した。

研究を重ねて、年を追うごとにガラス工芸の優れた技術も開発するようになり、ガレ作品の芸術性はさらに極められていく。そして日本文化のマインドという血を通わせた、彼自身の素晴らしいオリジナリティが生み出されていく。

晩年近くになると、ガレはガラスや陶芸、絵だけでなく、家具にも手を出している。ここにも彼のシンボルとんぼが取り入れられるのだが、トンボが羽を広げて、弓なりになった胴体が足になったテーブルは、今見るとどうみても気持悪いgawk しかし当時はこれが人気で、いくつも発注があったという。晩年はちょっとトンボにとり付かれ過ぎという気もしないでもないが、彼の作品のトンボはどこにでもいる小さな昆虫をこれ以上ないほど神秘的でドラマティックな生き物にして見せてくれるconfident

この日は素晴らしいガレ作品を見れて幸せだったheart04で、ひとつ思ったのは、「マネ」というのは成長のためにとても大切な基本なのだな~ということ。最初はあんなにあからさまにモノマネだったガレ作品も、お手本を自分自身のものにしていくところはやっぱり一流の芸術家だ。何かを好きになったり、憧れる熱を冷ますことなく、その気持をやわらかな感性で自分の中に昇華させる。

美しいだけでなく、ちょっと勇気をもらったようなガレ展だったwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »