« バナナダイエットスタート! | トップページ | BBクリームGET »

映画『相棒』

仕事で嫌なことがあって、あまりにクサクサするので思い切って午後から映画を観にいったangry
今日はちょうどレディースデイ。¥1000円で映画が観れるのでウサばらしにはもってこいだgood

上映時間になって席につき、スクリーンを観ていると、予告が始まった。やたら長い予告やら映画館での禁止好意に関する告知など観ながら待っていると、いよいよ本編の始まり。配給会社のタイトルが出て、シンデレラ城のようなCGが出てきた...

え!??ディズニーsign02

ワタシが買ったチケットは日本映画の『相棒』である。
間違って「ナルニア国物語」の劇場に入っていた。

ひゃ〜〜〜sign03

あわてて荷物を持って真っ暗になった劇場を抜け出し、隣へ移動する。
ワタシのようなうっかり者は、こういうシネマコンプレックスには注意しなければならないsweat01

『相棒』の劇場へ入ると既に始まっている。
しまったsad 最初の5分以上は見逃してしまったが、仕方ない。まだ序盤なので気を取り直してストーリーに滑り込んだ。

ワタシは『相棒』がTVで始まって以来のファンである。
ひそかな楽しみとして水曜日の午後8時からの番組を見続けてきたが、今こんなブームになっているとはたまげたsign01 最近の東映の映画では史上最高のブレイクらしいmovie

で、途中からだったが映画もめっちゃ面白かったhappy02
それは多少のひいきめもあるワタシが思っただけでないようで、上映が終わって劇場を出る時、女性客の1人が「期待を裏切るどころか、面白すぎ」なんてしゃべりあってたのが聞こえた。

いやホンマ、最初はすごいスピードでハラハラしたシーンが続いて、後半はしっとりとココロをつかむ、みたいな ストーリーも構成もよくできていたと思う。空前のヒットは、このTVを観た事がない人にまで、こんな風に口コミで広がっている効果が大きいのではないかと思った。

ワタシはこの作品(TVも映画も含めて)ではなんてったって脚本が優れていると思うが、同じぐらい光っているのがキャスティングだと思う。右京さん役の水谷豊はもちろん、相棒役亀山薫の寺脇康文もキャスティング的にはベストパートナーlovely いがみ合う操作一課の「伊丹」という刑事もやたらぎゃんぎゃん言って面白いし、右京さんの元妻、小料理屋のたまき(高樹沙耶)や薫の妻、鈴木砂羽、官房長官の岸部一徳、そしてオタクっぽい鑑識の人まで、もうどれもがすげーハマってるところがいい。そして長く続くドラマのため、他にもたまにしか出ないレギュラー(映画には登場する)にも豪華な俳優人が控えているところもスゴいheart04

テレ朝のドラマって、これまではつまらなかったし、過去の作品のリメイクや、相棒のようにTVでヒットした作品を映画化したり、フジテレビの後追いって感じでなんだか冴えない気もしていたが、『相棒』という作品を生み出して、胸を張れるようになったのではないだろうか。

今回はチェスがからくりになっていたが、複雑なからくりは謎解きがだんだんエスカレートした結果のような気がする。観る方もちょっとやそっとではもう驚かないから、だんだんややこしくなる。これもほどよい限度があって、やりすぎないカラクリもかなり難しいと思う。刑事コロンボも、古畑任三郎も、相棒も、一話完結のドラマって、ネタづくりが大変だろうな〜とついついワタシなどは制作側の思いを想像してしまう...sweat01

でも苦労している人々も映画の大ブレイクできっと報われているに違いないwink
このヒットがますます製作プレッシャーになる次回作品まで、束の間充実感を味わっていることだろう...。 なんか映画よりも、映画をつくる人達のことを考えて励まされた....confident

おっし 明日もがんばろgood

|

« バナナダイエットスタート! | トップページ | BBクリームGET »

「お気に入り、イチオシ商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/21081005

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『相棒』:

« バナナダイエットスタート! | トップページ | BBクリームGET »