« マッチポイント | トップページ | 今日からちあきなおみファン »

バルにて

最近はバル/バールがやたら流行っている。
この間も待ち合わせまで30分という時、ふと三条京阪の駅前にある店に入ったらレストランの奥がバルスペースになっていた。立ち飲みカウンターでは外人の夫婦が二人静かに飲んでいる。席に座ると料金が変わるらしく、私も立ち飲みカウンターで一杯いただいたwine

白ワインを頼んだら、まあまあのグラスワインと殻付ピーナッツが出てきた。これで¥350。もはやワインも、間違いなくコーヒー感覚。日が暮れて、ちょっとひと休みって感じで気軽に楽しめる。

いい時代になったもんである・・・happy01

ただね、自分達の文化に根付いていないので、こういうスタイルって外国でもないとこっぱずかしい気がどこかで感じてしまう。例えばエル・フォゴンの姉妹店だからそれなりに本格的なおつまみが、カウンター前のショーケースには並んでいる。オリーブから豆料理、スペイン風のキッシュやリエッタのようなものなどなど・・・。最近はスペイン料理も流行り出してるが、決して私達が普段慣れ親しんでいる味ではないので、スペイン風大衆酒場のスタイルをまねて楽しんでいるわけである。そういうカッコだけのところに何か"のせられてる"っていう感じがしてしまうんだな〜。

香港や台湾へ行っても、ヨーロッパへ行っても昔ながらのバールや食堂、いわゆる大衆の飲食店がたくさんあるのに、日本ではこういうのがなぜ根付かないのかな〜といつも不思議に思う。外国の大衆酒場なら受け入れられるけど、昔からやってる酒屋の軒先にある立ち飲み屋やおかずがショーケースに並ぶ大衆食堂は特定の人が通う店になっている。これらはおいしくて安く、ロコの味わいがあるのになんでだろうな〜sign02

日本にいると飲食はかなりファッションにふれているboutique

だから今バル人気に火がついていても、1,2年先にはまたこのお店もブラジルバーとか(笑)に変わっているかもしれない。ファッションとしてのお店もいいが、それだけではもう満足できないお年頃である。儚い流行を感じさせない行きつけのお店をいくつ持っているか、というのが大人の条件だったりするのかも・・・!?

なんて思いながら、あっという間にグラス一杯のワインはなくなったのでした・・・smile
アディオ〜スnight

200804211949000

|

« マッチポイント | トップページ | 今日からちあきなおみファン »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/20505636

この記事へのトラックバック一覧です: バルにて:

« マッチポイント | トップページ | 今日からちあきなおみファン »