« 震撼も束の間 | トップページ | 疲れる毎日 »

衝動買い、肯定派

最近、何を隠そう衝動買いばかりしている。

てゆーか、人生自体が衝動買いのようなワタシにとって(笑)、日頃から計画的に買い物などする術を知るはずもなく、毎日のごはんですら一週間分の献立を考えて食材購入などトーテーできない。

だって毎日食べたいものなんて変わるのに、
最初から一週間分の献立を決めてしまうなんて、人生の楽しみが半減する....。

しかしここんところは寒くて街をウロウロする気にはならない。
当然衝動買いは減るかと思ったら、"衝動買いしたい衝動"は減るどころか、もっぱらお出かけしなくていいネットへ注がれて行った。ネット上をウロウロしてると、誘惑がいっぱいある。仕事先のサイトで商品をチェックしていたら、いつの間にか購入ボタンを押しているし、送られてきたメルマガを見るともなしに見てると、仕事そっちのけで居並ぶショップを一軒一軒チェックしてるし....。

♪〜( ̄ε ̄; 

で、初めて訪れたショップで衝動買いして、もう翌日にはそれが届いてる現実。
そして財布を開けることもなく、無意識のうちにお金だけが減っていく...。
いや〜、恐ろしい世の中です....。
でも百貨店やらショップやらを歩き回っても、そうそう商品を見れるわけではない。お店に入って目についたアイテムを取り上げたりしたら、

「色違いで、こちらもございますよ」

とかなんとか言って寄って来られるとおちおち見てまわることもできないし、大体いろいろ歩き回ると疲れてしまう...。とゆーのでネットでショッピングに味をしめてしまったワタシは、つい先日意外なものもネットで購入してしまった。

アマゾンで本を購入していると(これもかぎ針編みの本を衝動買い)、新たな誘惑に誘われてしまったのだ。最近アマゾンって多角化していて、本やCDだけでなくいろんなものを売っている。そーいえば年末にはパンプスを衝動買いしちゃったな〜。しかしそれはどこでどう飛んでいったのか、アマゾンの域を超えて別サイトまで越境していった。

ワタシを待っていた、新たな罠は絵画だった。

といってもそんなリッパなものではなく、ポスターである。
罠というのは自分のスキにまんまとハマるもので、ずっとリビングの壁にかけるちょうどいい絵が欲しいと思っていたのでついつい引き込まれてしまった。そしたらワタシが好きなゴッホの「アーモンドの木」の絵がいきなり現れたのだ!いいな〜、と思って見始めるともう止まらない....。仕事は完全にアタマから消え去って、クリックし続けること何百枚.....!!

最終的にしぼった、三枚の絵画。
オーギュスト・ロダンの水彩画「カンボジアの踊り子」
ラウル・デュフィの「アイリスとかたくりの花」
そしてマチスの「海獣」

「カンボジアの踊り子」は、部屋にはぴったりだけどちょっと地味かもしれない。ワタシ的にはラウル・デュフィの「アイリスとかたくりの花」が相当気に入っていたが、壁に合うのは縦長の絵。悩んだ末に結局マチスの「海獣」に決め、パネル加工をして注文した。

ふぅ〜・・・・
かれこれ3時間近く画面をにらんでいたので、どっと疲れが押し寄せてきた。「一体アタシは何をしてるんだろう」という罪悪感も感じないでもなかったが、それ以上に早く部屋にマチスの絵を飾ったところを見てみたいというウキウキ感の方が勝っていた。\(^_^)/

衝動買いは無駄遣いの権化のように言われるが、こなれてくると衝動買いがそう悪いものではないと思える。この絵画が満足できるものであるかどうかは手元に届いてからでないとまだわからないが、衝動買いというのは自分を刺激する素晴らしき出会いだと思う。あらかじめ必要なものを買う時の出会いと、なんでもない時に自分の触覚にふれる商品に出会う時との出会いでは、琴線にふれる度合いが違う。必要かどうかは後から考えるとして、ワタシはこの琴線にふれることを純粋に大切にしたいと思うのだ。

若い頃はその衝動が気分によって変わったり、後先見ない衝動でよく失敗もしたものだが、最近はこの衝動を上手に転がすことができるようになったと思う。多少は大人になったせいか、自分のスタイルや好みも安定し、計算や計画性ではなく、自分の感性のままに従うことが、正解だったりすることが多いからだ。結果的に失敗しても、それに食いついた自分のフィーリングを決して否定する気にはならない。

ま、とかなんとか言いながら、結局うんちくを並べて近頃の自分の衝動買いを肯定したいだけなのかもしれないが(笑)...。でも計画的なお買い物を目指すより、衝動買いの成功率アップを目指す、ワタシにはこっちがどうも正しいように思えるのである。


|

« 震撼も束の間 | トップページ | 疲れる毎日 »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/10342092

この記事へのトラックバック一覧です: 衝動買い、肯定派:

« 震撼も束の間 | トップページ | 疲れる毎日 »