« 容赦なき、SDカード | トップページ | 神様からの戒め »

凍える景色を眺めながら

今日はこれまでにも増して一段と寒い....
早めに帰ってきて大正解!午後からは降りしきる雪、お山の上はもう真っ白だ。
夕方近所に住むSちゃんから、

どない、雪は?

というお伺いメールが来た。
仕事で大阪に出ているらしく、帰り道が心配のようだ。彼女は運転できないので(よー、お山の上で暮らしてると思う)、帰りはバスかタクシー。でも夜遅くなるとタクシーしかないのだが、天候によっては乗車拒否されてしまう。スタッドレスタイヤをつけているA社のタクシーのみが頼みの綱。

毎日通勤しないといけない彼女は、冬場になるといろいろと苦労が多い。
ある時などは雪の降る日にバスに乗って山を下りていたら、乗用車が横転していて道をふさいでいる。こんな天候でスタッドレスもつけずに車を運転していて事故を起こしたようだ。ホントーにハタ迷惑な奴だが、一本しかない道をふさがれたら、もうバスは進めない。乗客は雪の中おろされ、なんと歩いて山を下りたという。その時事故を起こした運転手には、たぶん全員が殺意を抱いたとおもう...(-_-+)ラッキーなことに、通りかかった車が乗せてくれて仕事先まで送ってくれて事なきを得たが、雪の中、山を下りなければならない心細さや寒さ

....考えるだけで凍えてくる。

以来、明日はヤバいゾ!という時は、市内のビジネスホテルに泊まることにしているようだ。確かにその方が安全だし随分ココロも休まる。
しかし明日はかなりヤバいと思うのだが、彼女は前泊するような気配ではなかった。明日の朝窓の外を見て、青ざめている彼女の表情が目に浮かぶようだ....。毎日通勤しなくていいフリーの身の上をありがたく思うのはこういう瞬間である。

じゃんじゃん雪が降って凍え上がるような屋外をあくまでも景色として眺めながら、自分はストーブを焚いてぬくぬくと室内で過ごしていることが意外と心地良い。あの心地よさはなんだろうか、対岸の家事? シェルター的な安心感みたいなのが妙に心を落ち着かせる。同じ頃、またもやバスを降ろされ、雪の中をSちゃんがとぼとぼ歩いているかもしれないのだが....(笑)。

とりあえず、明日天気にな〜れ☆


P1010066

さむ〜い夜にしみる
和風ロール白菜♪
豚肉、白ネギ、干し椎茸
ごま油少々で混ぜたネタを
ゆがいた白菜で包んで
鰹&昆布のあっさりだしで煮込む。
今日は旬のカブラもごろんと一緒に
煮込んでみました...

はふはふ♪

|

« 容赦なき、SDカード | トップページ | 神様からの戒め »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/10053059

この記事へのトラックバック一覧です: 凍える景色を眺めながら:

« 容赦なき、SDカード | トップページ | 神様からの戒め »