« 癒しのパンダ | トップページ | 鮭のクリームパスタ »

京都ぐるめ〜ず

いっや〜、驚くな〜
カレンダーは既に11月。ということは2007年も、もうあと2ヶ月ってこと!?

早すぎる〜〜〜〜!!

といって巻き戻しすることもできず、
「どうぞお先に、アタシは10月に留まっときますんで」
と別行動もきかないのが人生である。便利わる〜〜〜い(>_<)

なんだかもう気持ちがアセリ始めてしまう。。。
アセってしまうことが私にはもうひとつある。紅葉シーズンまっただ中に京都へ遊びにくるPちゃんと、夜な夜な食い歩く店の予約である。既に京都の街は観光バスや旅行者達であふれており、土日ともなるとすごい人で、やはり最近の京都人気というのはタダゴトではない模様.....。

既に1ヶ月以上前に電話をしたのだが、行きたいと思っていた店は総だおれ。

虚脱感全開.....!

家庭画報などに度々載って大ブレイクした草食「なかひがし」につづいて、北山にある「秋山」ももう予約のとれない店になってしまった。しかも「なかひがし」と同じ、来月の予約は今月の1日にしかとれないという予約システムになっていて、だんだんバカらしくなってきた....。ごはんひとつ食べるのに、そんな極めて限られたタイミングでしか予約をとれないなんて...

そこまでヒマちゃうって感じである。

ちょっと怒りたい心境ではあるが、しかしそこまでしてでもその味にありつくのが現代のぐるめ〜ずなのかもしれない。殊に京都のお店は雑誌やネットなどでも取り上げられ、たちまちブレイクする。そしてそのお店めがけて全国からぐるめ〜ずが押し掛け、あっという間に予約の取れない店になってしまう。特に紅葉シーズンは最も観光客が多い時。競争率は自ずと激化する。

一方巷にはそれくらいぐるめ〜ずが増大しつつあるのも事実だと思う。
昔は「外食」するだけでおいしいものを食べにいくワクワク感があったが、今やその辺りの居酒屋やレストランで食べるくらいでは到底我慢できない。それほどおいしいものを食べるという行為は日常化していて、求められるレベルもどんどん上がっている。してまた今のおいしい処というのは、職業的な専門家によってだけで批評されるのではなく、アナタであり、私がこうしてブログなんかでのたまうことによってブームをつくりあげている。素人評論家の増加がこの"予約がとれない現象"をさらに激化させているのである。

とはいうものの、おいしいものは食べたいし、おいしいお酒を楽しみたい^^
アタマを悩まし情報を駆使して、とりあえず初日の夜と翌日のランチはキープできた!いずれも人気の高い店なのでホッとしている。うふふ(●^^●)いや、しかし、ここでまだ油断してはならぬ...

2軒目はどこへいく!?
ちょっとこましなバーへとなると、観光シーズンの週末、観光客は"こましなバー"情報を聞きつけて、またまたいっぱいという可能性は大である。やはり予約した方が賢明かも....。
なんかこうして予約していくごとに、台本にそって進めるイベントのような気がしてくる....(笑) 

ちょっとごはんたべも、大変なご時世である....。
でもこんな苦労も楽しかったりするのが、ぐるめ〜ずなのでございます^^


|

« 癒しのパンダ | トップページ | 鮭のクリームパスタ »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/8728778

この記事へのトラックバック一覧です: 京都ぐるめ〜ず:

« 癒しのパンダ | トップページ | 鮭のクリームパスタ »