« もらい得 | トップページ | ワープロへタイムスリップ »

未だ猛暑!阪神タイガース

お山の上は随分涼しくなった・・・。
日の暮れも早くなったし、夏の後ろ姿を見送りながら、しみじみ秋のお出迎えである。どんなに暑くても基本的に夏大好きの私は、この時期が最も喜ばしくない。夜ともなるとうすら寒い風が吹き、虫の声が響く・・・。しかも今日いただいたばかりの「ボッサのかほり」というCDを聴いていた私。「精霊流し」や「卒業写真」など、日本のフォークソングをポルトガル語でカヴァーしたボッサアルバムを聴いていると、なんだかいたたまれなくなってしまった・・・。

ボッサのメロディにのって歌われる「精郎流し」や「22才の別れ」とかって、
笑っちゃうぐらい、もの哀しすぎ・・・・!!

しかし、

唯一今の時期に、まだ"夏の熱さ"をひきずり、私を喜ばせてくれることがある。
それはわが阪神タイガースの快進撃である。(^0^) 既に首位と12ゲームもの大差で最下位にまで転落した4月下旬、大方のファンは、

来年こそがんばってくれる・・・!

長年の習性で、悲惨な現実から瞬間ワープしてしまうタイガースファンは、既に来年の方向を向いていたに違いない。そんなファンにも見放されかけたタイガースが、9月にこのようなメイクドラマを起こすなどと誰が予想しただろうか・・・!?

こないだまで誰1人規定の登板回数にも及ばなかった、つぎはぎだらけの先発投手、膝の半月板を損傷したまま試合に出場し続けている満身創痍の4番と、これで優勝ねらえると思ったら厚かましいはなしである・・・(阪神ファンは謙虚ですから)

が、しかし、先発がダメなら中継ぎが活躍し、破壊力を生み出す若い力やベテランから日替わりヒーローが誕生する。そして最後は、JFKがシビレるくらいの完璧さで勝利を導く。こーゆーカタチの快進撃や、こーゆー勝ちのセオリーって、タイガースが初めて生み出したものではないだろうか・・・。新しい野球の可能性を感じさせてくれるようである・・・。

(┯┯_┯┯)うるうる

思えば開幕前から今年も期待されていたのに、いざスタートしたらどんづまり。負けがこみ、くすぶり続けるタイガースであったが、結局、実力というのはこういう風に表れるものなのだ。勝負において「ノリ」というのは大切なものである。調子悪い時は9連敗してたのに、調子に乗ったら9月のこの時期に10連勝してしまう・・・!

そのノリも実力のうち。

なのかもしれないが、そのノリが開幕直後でもなく、交流戦の時でもなく、ペナントレース終盤のこの時期になってやってきたことが、やはりホントのノリノリの証拠である。今年はどう考えてもねらえると思う・・・・

たったひとつの目標を・・・・!!     〈(^О^)/

|

« もらい得 | トップページ | ワープロへタイムスリップ »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/7890419

この記事へのトラックバック一覧です: 未だ猛暑!阪神タイガース:

» キリスト教の各信徒が [リボン付カ]
を終 と述べた 野いちご [続きを読む]

受信: 2007年9月13日 (木) 10時20分

« もらい得 | トップページ | ワープロへタイムスリップ »