« 菜根譚のランチ | トップページ | ミヤコの土壌 »

ワンコインの価値

この間バスを降りたら雨が降り出したので、駅で傘を買った。

なんと、消費税入れて105円・・・!!

思わず聞き返してしまったが、まぁ、100均だの、99円ショップだのあるわけだし、今更驚くハナシでもないのだが、やっぱり傘100円という値段には正直気が引けた。105円で買える傘なんかが登場してしまうと、傘職人さん達や傘屋さんというのは、一体どういう思いをしているんだろうか・・・。もう到底商売なんて成り立たない。なんだかそういう人達が磨き上げてきた"ものづくり"への冒涜とも受け取られるような値段ではある。

イマドキ、100円じゃ缶ジュースも買えないが、傘なら買える・・・というのも何か不思議な具合である。
当然100円でそんなに良い品質のワケがないから、カンタンに破れたり壊れたりする。そしたら100円だもん、迷うことなく捨てる。もちろんどこかに忘れてきても、100円だと惜しくもなんともない。大量生産大量消費は、一方で大味な文化を創り上げているのかもしれない・・・。

100円って、そんな程度の価値・・・。

けれども100円で買えるものを書き出してみると、実は結構いろいろあって100円の可能性というのは多様である。100円で立ち食い蕎麦は食べられないが、回転寿司の100円すしなら食べられるし、お肉はムリだが、秋刀魚なら買える。そういえば今もあるのか知らないが、100円マックだってあった。コインランドリーの乾燥機の料金、使い捨てのライター、ブックオフ100円コーナーの文庫本、100円の洗車もある。また京都市内の循環バスは100円で利用できる。

かと思うと、街中のコインパーキングで車をたった10分駐めただけで100円。時間外の銀行ATMでお金をおろすと105円手数料がつく。一方では理不尽に思える100円だって世の中にいろいろとある。

たかが100円、されど100円というところか・・・。

ちなみに世界では平均20円で、子供1人の1日分の給食費がまかなえるそうだ。
ワンコインの価値。たまには考えてみると、お金への新鮮な感覚が生まれるような気がする。

↓↓こんな作文も新鮮です↓↓
http://www.shiruporuto.jp/teach/yomu/saku2001/01saku003.html

|

« 菜根譚のランチ | トップページ | ミヤコの土壌 »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/8136973

この記事へのトラックバック一覧です: ワンコインの価値:

« 菜根譚のランチ | トップページ | ミヤコの土壌 »