« ドロリン冷や奴 | トップページ | アボガドと豆腐のディップ »

やっぱ高校野球はいいわ

いや〜、昨日の夕方はえらい雷雨だった。
車で移動中だったのだが、時速40㎞ぐらいではもう前が見えない。ワイパーって3段階あるけど、3段階目って笑えるぐらいの速さであまりにもせわしないので、普段はまず使うことがない。けど昨日は使った・・・。だって追いつかないんだもん、普通のフリでは。あんだけ激しい雨ってどうやったら降らせることができるのだろう、と素直に疑問に思ったが、あれは溜まりに溜まった人間への天の怒りだったのかもしれない・・・。
傘もなく途中で雨に遭った自転車こいでる人は、もうどうやっても避けようのない雨粒を堂々と浴びながら進んでる様子であった・・・。あそこまでくると、もう楽しむしかないもんね。

そんな滝のような雨の中、帰ってきてニュースを見たらビックリ!
甲子園で佐賀北高校が逆転優勝してたんだも〜ん┗(^0^)(^0^)┛

途中までラジオで聞いていたが、4:0で対する広陵高校にスキはなく、どー考えても勝つわけないやろ、と思って準優勝を決め込んでいたものだからいや〜、驚きました!!菩提寺が佐賀にある関係で、途中から佐賀北高校サポーターになっていた私。試合をやる度に、見せる、魅せる! なんてったってあの全然洗練されていない選手達が、カッコいい!第一試合の一勝から始まって、誰が彼らが最終試合まで居残ると思っただろうか・・・。

特に感動したのは準々決勝の帝京戦。
東京の名門で、体格も良くて、プロ顔負けの洗練された野球を見せる帝京高校ナインの前で、まるで素人野球チームのような彼ら。匂い立つオーラが全然違う。

「佐賀北もここまで来れたらしあわせものだよ〜」

なんて言いながら、これが見納めと思っていた大方の予想に反して、譲らない試合運びと言ったらどうだろうか。誰も勝ちを予想してないためからか、のびのび野球をする彼らの天真爛漫勝ち。ではなく、彼らの勝ちっぷりにはなんかある種の知性さえ感じた。泥臭さの中にも、ぶれない意志と集中力。ここゾと言うところで力を発揮できるのは普段の練習量ばかりだけでなく、あれは彼らに息づく確かな野生による知性だと思う。野球ナンバーワンが集まる有名校で、"上手さ"を競っているだけでは決して生まれない野生の力。なんかそういうものを無名の地方公立校だからこそ発揮している気がした。

いや、だって佐賀ってホント田舎だし・・・。
ちょっと年配の人は言ってるコトバもわからん。「佐賀の人の歩いた跡には草も生えん」っていうコトバもあるくらい、融通のきかないガンコ者、男尊女卑っていうイメージがある。私の中では田舎指数がかなり高い! だけどそれだけ保守的な地域で、妙な時代のアカに染められていないところで育った子供達というのは、きっと驚くほど純粋で、まっしぐらなのかもしれない。進学校だそうだから、きっとみんな呑み込みもはやいのだろう。知性と力がまっしぐらに結晶した結果なのかもしれない。

負けた帝京高校や広陵高校からはこの先プロになるコは出てくるんだろうが、きっと佐賀北高校の選手達は将来地元で先生になったり、企業に入って社会人野球やってるくらいなような気がする・・・。つまり一人ひとりは特別にすごいワザがあるようには思えない。そう思うと聖地甲子園で開催される高校野球選手権大会って、何なのだろう。決して技術を競い合うだけでなく、もちろん運もあるだろうが、試されるのは「まとまり」の精度みたいなものという気がする。技術も体力も精神力も運も知性もひっくるめた、総合力の強靱さ。優れたプレイヤーがいるだけで勝てるスポーツではないのだ。高校野球の面白さがそこにあるような気がする。

あ〜、淋しいな〜高校野球が終わっちゃって・・・。
プロ野球も面白いが、高校野球はやっぱり違う。あれって、野球を見てるようで野球を見てない。スポーツを楽しんでるようでスポーツとしての結果を求めていない。唯一結果ではなく過程に期待されるスポーツ。なんかどこかでみんな成果主義ではない何かを望んでいるような気がする・・・。

ではこれからは首位目前、
阪神タイガースの成果主義に期待するとしよう・・・\(^^(^^*)

|

« ドロリン冷や奴 | トップページ | アボガドと豆腐のディップ »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/7650293

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ高校野球はいいわ:

« ドロリン冷や奴 | トップページ | アボガドと豆腐のディップ »