« 暖冬に思うこと | トップページ | しののめのちりめん山椒 »

極上、男前豆腐

昨日はブログのアクセスがなんだか調子悪くて、なかなか画面が切り替わらなかったので、やむなくギブアップした。どこかおかしくなったのだろうかと思ったが、今日は普通なのでちょっと安心。^^; なんなんでしょうか、あれは。素人なのでわかりましぇん。

P1010013_2

で、今日は夕方にお団子を2つも食べてしまい、それほど空腹感がなくごはん作るのも面倒だったので、豆腐で済ませることにした。ところがこれがなかなか正解。主役は最近流行の男前豆腐。おいしいとは知っていたが、今日は温かくして湯豆腐ではなく温やっこでいただいた。

美味い豆腐は塩に限る!

と思って最初は塩で食べた。塩が豆腐の大豆の甘味を引き立て、バリうま!
でもだんだん飽きてきた。そこで湯豆腐で有名な伊豆の旅館のマネをして、温豆腐に梅干しを乗せてみた(今日ちょうど蜂蜜入りの紀州のつぶれ梅をお買い得で購入したところだった!)。そこにパリパリの新海苔をちぎってふりかけ、大好きな旭ポン酢をひとたらしした。

うんめ〜!!

これ最高でした。結局豆腐をほとんど一丁食い尽くし、ビールも二本空けてしまった・・・。シンプルすぎるつまみだが、豆腐、梅干し、海苔、ポン酢、どれも厳選されたものを使うと極上の味わい。イソフラボンとミネラル、ビタミンCもバッチリよ^^  おいしいお豆腐のおかげで今日一日がご機嫌に終われそうです・・・・。

ところでネットでチェックすると、男前豆腐は京都の男前豆腐と三和豆友食品というところの2社が製造・販売しているようである・・・。「男前豆腐」や「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」といった個性的なパッケージは、両社で微妙に違っている。京都の男前豆腐のホームページには「弊社は、三和豆友食品とは資本関係はなく、製造・原料も全く異なります」てな三和豆友食品とは一切関係ない宣言がなされている・・・。なんだか穏やかではない雰囲気。これだけの意表をつくヒット商品の背景には、やはりさまざまな思惑や確執が渦巻いているのだろう・・・。

一澤帆布店:信三郎帆布のように、これから華麗な対決を繰り広げるのだろうか。いがみあっていようが、牽制し合っていようが、とりあえず消費者はおいしいお豆腐だけを味わえたらそれでいい。ちなみに京都の男前豆腐のホームページは、豆腐屋とは思えないイカしたノリのサイトだった。男前豆腐は豆腐屋のイメージを粉々に砕き、新しい世界を切り拓いたようである。この世界観が適当かどうかは別として・・・。

京都男前豆腐  http://www.otokomae.jp/index_jpn.html

|

« 暖冬に思うこと | トップページ | しののめのちりめん山椒 »

「お気に入り、イチオシ商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/5267571

この記事へのトラックバック一覧です: 極上、男前豆腐:

» ハイエナ式アフィリエイト [簡単!!今日も売れちゃった]
これはノウハウではありません。プログラムです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 00時28分

» 豆腐生活 【メタボリックシンドロームの恐怖】 [メタボリックシンドロームの恐怖@内蔵脂肪型肥満の危機から逃れたい男の指南書]
肥満をなんとかしたいと思っていても、つい空腹に負けてしまい食べすぎてしまうことがよくありますよね私もそうでしたが、もともとたくさん食べていた人ならなおさらです。よく言われることですが、最大のポイントはカロリーが低くて腹もちのいいものを食べる...... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 21時49分

« 暖冬に思うこと | トップページ | しののめのちりめん山椒 »