« ほのぼのドライバーな日 | トップページ | 甘やかな罠 »

京こすめ「京の雪」

P1010030_2

仕事である化粧品に出会った。
京こすめ「京乃雪」という、京都にショップが一軒ある意外は通販専門でやっている。20種類以上もの和漢植物エキスを一年以上瓶に漬け込み、熟成させたエキスだけを抽出。大豆、熟成塩、米ぬかなどを配合してできた天然成分だけの化粧品である。開発には15年も費やされたらしい。実は反響がすごくて現在急成長している。家庭画報に掲載された広告は消費者が選ぶ賞まで取った。

どんなもんかと早速サンプル品を使ってみた。
和風な小袋に入って京都イメージを大切にしたサンプルパック。容器も漢字のロゴが入っただけのシンプルなものだ。中身は洗顔石鹸、クレンジングオイル、マッサージクリーム、リカバリージェルクリームの4点。

まずクレンジングオイルは、濃厚である。少量でも伸びがよく、まったりとした使い心地で、さすがにビオレクレンジングオイルなどとは違う。ほのかな香りも気持ちよい。アイメイクもきれいに落ちて、洗い上がりもしっとりしている。


なかなかいいじゃん。

洗顔石鹸は、これにも植物エキスがたっぷり練り込まれているらしく、それでいて泡立ちは意外に良い。赤ちゃんも使えるらしいから、かなり肌にはやさしい使い心地である。洗った後のつっぱらない感触も良いようです。

へえ〜〜

で、次がマッサージクリーム。これがなかなかのインパクト商品。いかにも和漢エキスが入っていそうな色合いのクリームはつぶつぶザラザラで、これを手にとり、顔につけてみる。するとつ〜んとしたハッカの結構強い刺激がある。つぶつぶが入っているのであまり強くマッサージはできないが、肌になじませるように指でなぞるように伸ばす。その後しばらく置いて蒸しタオルで覆うと尚良いと書いてあったので、マッサージクリームというよりパックという感じだ。湯船に入って使うと、なかなかエステな気分である。そして洗い流すと、

おぉ〜〜〜っっ、なんと、ツルツル!!

これにはビックリ!ホントにパックの後という感じでツルツル&しっとりになっている。その訳は熟成塩。熟塩でお肌を磨いて、老廃物を取り除き、和漢植物エキスや米ぬか、大豆イソフラボンがしっとり潤いを与えるというものだ。毎日使うのはちょっともったいないような気がする....。洗い落とした後は、ハッカのひんやり感が残りつつも血行が良くなったような、火照りが感じられる。こんな感じも初めての経験だ。

最後にリカバリージェルクリームを使ってみる。化粧水もつけずに、いきなりクリームなんてちょっと乱暴な気がするが、使ってみると「なるほど」と納得する。というのも肌にジェルのようなクリームをのせると、

まるで肌に吸い付いていく....。

化粧水がいらない理由がわかる。その上すりこんでいくと、次第にしっとり滑らかになっていく。化粧水、乳液、美容液が一緒になったクリームというのは、使ってみて初めて実感できる。冬は乾燥して、化粧水もなかなかしみ込まないことも度々ある私だったが、クリームという手があったとは....。お肌を甘やかさず、自らの力を引き出すように作られているらしいが、なんといってもクリームひとつで済むケアというのがラクチンでありがたい。

ということで、結構気に入ってしまった「京乃雪」。

今時素材にこだわった、天然化粧品なんて珍しくもなんともない。けれど「使ってみた感」は、これまでのどの商品よりもかなり新鮮&劇的だった。やっぱり化粧品は使ってみないと良さは実感できない。お値段はお高めだが、クリーム二つで済むのなら、美容液や乳液もいらないし、それほど負担は変わらない。

私のお美顔メニューには、造顔マッサージに加え、まもなく京乃雪も加わりそうな気配である。
手をかけ、品を選りすぐり、この頃一層自分の肌に慈しみを持つようになってきた。このままでいくとますます女っぷりが良くなっている(であろう)将来が楽しみというものだ。
むふふ....(^ ^)

京乃雪についての詳しい情報は、
http://www.ichimoku.co.jp/kyonoyuki/concept/index.html

|

« ほのぼのドライバーな日 | トップページ | 甘やかな罠 »

「お気に入り、イチオシ商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/4414679

この記事へのトラックバック一覧です: 京こすめ「京の雪」:

« ほのぼのドライバーな日 | トップページ | 甘やかな罠 »