« デリケートなおハナシ | トップページ | 1〜1000を売ります。 »

ズボラな毎日

サプリをのまない私は、二日に1度は納豆を食べることにしている。
もちろん冷蔵庫から30分以上おいて、50回以上はかき混ぜて、なるべく玉子も入れるようにしている(あるあるフリークではないが、見ると実行してしまう・・・)。

で、最近気づいたのだが、納豆の白いスチロールの容器には蓋のところに切取線があって、蓋部分をきれいにとって、そのまま器として使えるようになっている。色気がないが、食べた後もぬるぬるした容器をそのまま捨てればいいだけなので、「これは便利!」と思って、毎回味気ないスチロール器ごと食べている・・・。

そういえば最近のアタシは野菜を洗わずに使ったり、鍋ごとおかずをつまんだり、朝食のトーストは、お皿を使わなくていいよう食べ終わるまで持ち続けている・・・。

なんだか日増しにズボラになっている自分が恐い・・・・(- -;)

以前は自分の中でタブーだったことも、一度やってみると抵抗がなくなってしまい、いつのまにかズボラに対する平衡感覚がどんどん失われていくようだ・・・。一人暮らしには、超えてはならない一線があり、持ち続けなければならない緊張感が確かにある・・・。

ズボラ

音感といい、3文字の配列の妙といい、なんとズボラな印象のあるイヤな言葉だろうか・・・。

ズボラは外面にも現れる。
こんな仕事をしていると、一日中家にいることも多々ある。顔も洗わず、化粧もせずに、ジャージとかTシャツ+短パンとか、毎日同じ服のまま一日中過ごしており、鏡などが目に入ろうものなら、正視できない姿がそこに映っている・・・。クワバラ、クワバラ・・・。

数年前だが、病み上がりで、気持ちもやけくそになっていた時に、すっぴんのまま、いい加減な格好をして町に出た時、知り合いの人に出会っても、まったく気づかれなかったことがあった。変装もしていないのに、まったく気づかれないということは相当なことだ。一体自分はどんな姿を他人様に晒していたのだろうか・・・想像するのも恐ろしい・・・。手をぬくと、女の姿というのはそんなにも変わってしまうのだ。気持ちも含めて「装う」ことはある意味、食べることや寝ることに相当するくらい、女として社会で生きていくことに必要な要素なのかもしれない。

この先も女として生きていくためには、コエンザエムQ10を飲む前に、コラーゲン注射を打つ前に、私の場合はまず「装う」気持ちを失わないことから始めなければならない。そしてお鍋からおかずを食べようものなら、「コラ!」と呵ってくれるヒトが必要なのだと思う・・・(^ ^)


|

« デリケートなおハナシ | トップページ | 1〜1000を売ります。 »

「Everyday Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129800/3691247

この記事へのトラックバック一覧です: ズボラな毎日:

« デリケートなおハナシ | トップページ | 1〜1000を売ります。 »